2011/06/05

科学研究の報道にありがちなこと

研究の報道ではよくあること:
phd051809s.gif
キミの研究結論: 条件EのもとでDを仮定すると所与のCのとき、AとBは相関している(相関係数=0.56)。
大学の広報科学者たちがAとBの関係のある可能性を発見した(特定条件のもとで)
ニュース配信会社AはBを起こすと科学者たちは言う
ネット科学者たちは我々をまた殺そうとしている
ケーブルニュース常にAはBを起こす。これはオバマ政権のどのような意味をもたらすのか
ローカルニュースA:すぐそばにいる殺人因子。あなたが知らないAとは、Aで死ぬことがあること。
キミのおばあちゃんAから身を守るために、これをかぶってるの。

[The Science News Cycle (2009/05/18) on PHD comics]


これについてLindsay Pattersonは次の例を挙げている(via Sheril_)。論文では...
[A. Ross Otto and Bradley C. Love: "You don’t want to know what you’re missing: When information about forgone rewards impedes dynamic decision making", Judgment and Decision Making, vol. 5, no. 1 February 2010, pp. 1-10]
何を取り損ねたのか知りたがらない。取り損ねた報奨についての知ることで、動的判断が妨げられる

When people learn to make decisions from experience, a reasonable intuition is that additional relevant information should improve their performance. In contrast, we find that additional information about foregone rewards (i.e., what could have gained at each point by making a different choice) severely hinders participants’ ability to repeatedly make choices that maximize long-term gains. We conclude that foregone reward information accentuates the local superiority of short-term options (e.g., consumption) and consequently biases choice away from productive long-term options (e.g., exercise). These conclusions are consistent with a standard reinforcement-learning mechanism that processes information about experienced and forgone rewards. ....

人々が経験から判断することを学ぶと、合理的直観として、追加情報は判断のパフォーマンスを向上させると考えられる。しかし、我々は、取り損ねた報奨(各時点で異なる判断をしていれば入手できたもの)についての追加情報は、被験者の長期的な利得を最大化する選択を繰り返し行うという能力を大きく損ねることを発見した。我々は「取り損ねた報奨についての情報が、短期的オプション(たとえば消費)を強調し、生産的な長期的オプション(たとえば運動)を選択しないバイアスをかける」と結論した。これらの結論は「実現した報奨と取り損ねた報奨についての情報を処理する標準的な強化学習メカニズム」と整合している。....


これは大学の広報で次のように書かれ、そのままScienceDailyやEurekalertにも掲載された:
Armed With Information, People Make Poor Choices, Study Finds
人々は情報を多く持つほど、愚かな選択をすると、研究が明らかにした。


AUSTIN, Texas − When faced with a choice that could yield either short-term satisfaction or longer-term benefits, people with complete information about the options generally go for the quick reward, according to new research from University of Texas at Austin psychologists. ....

"You'd think that with more information about your options, a person would make a better decision. Our study suggests the opposite," says Associate Professor Bradley Love, who conducted the research with graduate student Ross Otto. ....

短期的満足と長期的利得の選択に直面した時、選択肢について完全な情報を持っていると、人々は短期的報奨を選択すると、University of Texas at Austinの心理学者が明らかにした。

「選択肢について情報が多くあれば、人はより良い選択をすると思うかもしれない。我々の研究はそうではないことを示した」と、大学院生Ross Ottoとともに研究を行ったBradley Love準教授は言う。

[University of Texas: News (2010/03/31)]
プレスリリースの見出しは誤解を誘っている。
I think the finding has been largely misunderstood as “getting more information causes people to make poor decisions”, thanks to the press release. ....

プレスリリースのせいで、人々は研究結果を「情報を得るほど愚かな決断をするようになる」と誤解すると思う。


It’s no surprise that the public interpreted the research that way. The headline was “Armed with information, People Make Poor Decisions, Study Finds.” Lesson #1: Most people don’t read beyond the headline.

そのように人々が解釈することは驚くことではない。見出しは「人々は情報を多く持つほど、愚かな選択をすると、研究が明らかにした」なのだから。教訓は「人々は見出ししか読まない」

[Lindsay Patterson (2011/06/03)]
まさに、ありがちなこと。



posted by Kumicit at 2011/06/05 07:57 | Comment(0) | TrackBack(0) | Skeptic | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。