2011/06/19

放射線強度&東日本大震災関連地震 (2011/06/17まで)

気象庁の(地震情報(各地の震度に関する情報))の速報値ベースで、マグニチュード1ごとにカウント。関連の有無が判断できないため東北・関東をカウントし、新潟・長野方面や新島・神津島近海・天草灘などを除外した。

日ごとの回数をプロット。また掲載分についてエネルギーとして集計したものもプロット。プロット開始を3月9日から。ただし、地震情報(各地の震度に関する情報)は全地震を収録しているわけではない(マグニチュードは大きくても震度0だったら載らない)。また、3月20日〜4月11日9:00と、4月13日〜4月27日9:00の間は、気象庁が余震とみなした地震のうち、最大震度2以下は省略されている。連続性を考えて、震度2以下の地震を一律削除してプロット:

まだまだ、だらだら続いている状態。

震源分布について気象庁作成の分布図(2011/02/04〜06/16)を並べてみた(全国M3以上・関東/東海・東北地方)。これは全地震が収録されているので、3.11以前からの連続性がある。

次第に、回数は減少しているが、それでも2月と比べれば地震の回数は非常に多い。

それから、線量測定の時系列。

もうヨウ素がほとんど崩壊してしまっていて、半減期30年のセシウムが一定して残っている状態。

ついでに、県内7方部(2011/3/11〜3/31)20-50km圏内(2011/3/15〜3/31)を見直してみた。
InitF-0315.png
飯館村から福島市に流れる前に、既に郡山および白河で線量増加が観測されている。ただし、時間間隔がふぞろいなため、郡山と白河のどちらが先に線量増加したかは不明。また、この時点の郡山の観測は地上1mではなく過小評価評あり、絶対値に意味はない。

これとあわせて、経産省の周辺地域モニタリング結果 (2011/06/02) の東北自動車道・常磐道(3/15 14:25〜2:100)の福島西IC〜いわき四倉ICを往復した観測をみてみると、福島市の線量増加の前に、二本松・本宮・郡山で線量増加が観測されている。
ep3routeB.png
二本松〜白河の放射性物質は、福島第一原発から北西に、飯館村から福島市へと流れた後に南下したものと思われるが、一部は先行して飯館村などを経由しないで流れ込んだものがあるようだ。

また、川内村で3/15 12:00に観測された20.5μSv/hのプリュームがどこへ流れたのか、わからない。川内村の南側を大回りしている東北道・常磐道の観測値にはそれらしいものが見当たらないので、南には流れていないもよう。当時の風からすると、西〜北西に向かっているので、これが二本松・本宮・郡山に流れ着いたのかもしれない。あるいは川内村の観測がエラーなのかもしれない。

なお位置関係は以下の通り:



posted by Kumicit at 2011/06/19 22:30 | Comment(0) | TrackBack(0) | Earthquake | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック