2011/06/20

両親の心の安寧に効くこともあるが

自然寛解の症例から進行性で呼吸不全で死亡する症例まである」なので「ホメオパシーで治癒する」と信じ込んでしまうこともあるとともに、そう信じていると運が悪ければ死亡する場合もあるというランゲルハンス細胞組織球症
[Richard Halstead:"Novato boy's homeopathic treatment demonstrates difficulty of evaluating alternative remedy" (2011/06/19) on Marin Independent Journal]

Valerie Goodale of Novato believes that homeopathic treatments administered by a San Anselmo doctor cured her son of a rare, potentially life-threatening disease.

"I've seen it do miraculous things," said Goodale, whose son Nicholas was diagnosed with Langerhans cell histiocytosis when he was 6 months old. His plight was featured in a Sept. 28, 1997, article in the Marin Independent Journal that documented his initial alternative treatments.

Navato在住のValerie Goodaleは、ときには生命に関わることがある息子の病気がホメオパシー治療で治ったと信じてる。息子Nicholasが生後6ヶ月のときにランゲルハンス細胞組織球症と診断されたGoodaleは「ホメオパシーが奇跡を起こしたのを見ました」と言う。この話は1997年9月28日に、代替医療の記録としてMarin Independent Journalに取り上げられた。

..

But Dr. Rima Jubran, a pediatric oncologist at Children's Hospital Los Angeles who has specialized in the treatment of histiocytosis for 12 years, said some people with Nicholas' condition get well with no treatment at all. "This patient may have gotten better despite this homeopathic medicine," Jubran said. ... She said many conventional doctors don't treat patients with Langerhans cell histiocytosis unless it begins to affect organs.

しかし、Children's Hospital Los Angelesの小児脳腫瘍専門医で、組織球増殖症(Histiocytosis)治療を12年間専門にしてきたDr. Ria Jubranは「Nicholasのような症状の人々の中には、まったく治療を受けなくても症状が良くなることがある。この患者はホメオパシーとは関係なく、症状が良くなったかもしれない。.... 多くの通常医は、組織に影響し始めない限り、ランゲルハンス細胞組織球症を治療しない。
この小児脳腫瘍医Dr. Rima Jubranは「通常治療が効かなくて、症状が悪化」した場合には、両親が子供にホメオパシーを使うことを否定はできないと言う。
Jubran said a few of her patients have tried homeopathy after conventional treatments failed and their condition became grave. But Jubran said she seen homeopathy produce no miracle cures. She said, "I think it makes parents feel like they've tried everything, and you can't take that away from them."

Dr Rima Jubranは「患者の一部は、通常治療が効かなくて、症状が悪化すると、ホメオパシーを試す。しかし、ホメオパシーが奇跡の治癒をもたらしたことはない。ただ、ホメオパシーをつかうことで、できる限りのことはすべて行ったと両親が感じるのだと思う。それを両親から、取り上げるようなことはできない。
子供の病気の場合、「両親の心の安寧」という別の問題が生じることがあるようで、それについては「気休め」が必要になることを否定はできない。

とはいえ、そこでたまたま自然治癒し、ホメオパシーが効く例とされることで、別な誰かが通常医療を忌避して、結果として死に至る場合もあるので、表だってホメオパシーを容認するわけにもいかないのだが。
posted by Kumicit at 2011/06/20 23:49 | Comment(0) | TrackBack(0) | Quackery | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック