2011/07/21

インターネットは懐疑論に"equal access"を与えているとdisる護教論者

キリスト教護教論者Josh McDowellは、インターネットは懐疑論を広めるものだと言う:
Atheists and skeptics now have equal access to our children as we have, which is why the number of Christian youth who believe in the fundamentals of Christianity is decreasing and sexual immorality is growing, apologist Josh McDowell said.

無神論者と懐疑論者は我々と同様に子供たちにアクセスできる。このため、キリスト教の基礎を信じるキリスト教徒の若者の数が減少し、性的不道徳が増大していると、護教論者Josh McDowellは述べた。

“What has changed everything?” asked the apologist from Campus Crusade for Christ International as he spoke on “Unshakable Truth, Relevant Faith” at the Billy Graham Center in Asheville, N.C., Friday evening. His answer was, the Internet.

「何が全てを変えたのか?」と"Campus Crusade for Christ International"の護教論者Josh McDowellは、ノースカロライナ州 AshevilleにあるBilly Graham Centerでの"nshakable Truth, Relevant Faith"の講演で問いかけた。そして、彼の答えは「インターネット」

“The Internet has given atheists, agnostics, skeptics, the people who like to destroy everything that you and I believe, the almost equal access to your kids as your youth pastor and you have... whether you like it or not,” said McDowell, who is author of two books on Christian apologetics, More than a Carpenter and New Evidence that Demands Verdict.

「インターネットによって、皆さんが好むと好まざるとに関わらず、無神論者や不可知論者や懐疑論者や私たちが信じているものすべてを破壊したい人々が、私たちの牧師や私たち自身と同様に、私たちの子供にほぼ等しくアクセスできるようになりました」と、"More than a Carpenter"と"More than a Carpenter"という2冊のキリスト教護教論の本を書いたJosh McDowellは述べた。

The belief or worldview, McDowell said, forms values, which in turn drive one’s behavior. The worldview “is where we are falling down the most anywhere in the world.” So what is the prevalent worldview in America today? “There is no truth apart from myself,” that’s what even many young “evangelical, fundamental, born-again Christians” believe, he said.

「信条あるいは世界観は価値観を形成し、それが自身の行動を律するのです。世界観は私たちが至りつく場所です。それでは米国は今日、流行している世界観は何でしょうか?自分から離れて真理は存在しないというものです。それは福音主義、根本主義、born-againキリスト教徒たちの多くの若者にも見られます。」と彼は言う。

While 51 percent of evangelical Christians did not believe in absolute truth in an earlier survey, the percentage escalated to 62 in 1994. In 1999, it jumped to 78 percent. “You know what it is now?” asked McDowell. “One of the most staggering statistics in history of the church… 91 percent said there is no absolute truth apart from myself.”

初期の調査では51%の福音主義キリスト教徒が絶対的真理の存在を信じていなかった。その比率は1994年には62%になり、1999年には78%になった。「それが、今はどうなったでしょうか?」とMcDowellは問う。「教会史上で最も驚異的な統計のひとつです。91%が自分自身を離れて絶対的真理はないと言っています」

“Now here is the problem,” said McDowell, “going all the way back, when Al Gore invented the Internet [he said jokingly], I made the statement off and on for 10-11 years that the abundance of knowledge, the abundance of information, will not lead to certainty; it will lead to pervasive skepticism. And, folks, that’s exactly what has happened. It’s like this. How do you really know, there is so much out there… This abundance [of information] has led to skepticism. And then the Internet has leveled the playing field [giving equal access to skeptics].”

「Al Goreがインターネットを発明したときにまで、問題の根をさかのぼれます。」と冗談めかしてMcDowellは述べた。

「知識の豊富さ、情報の豊富さは確実性へとつながることはなく、懐疑論を広めることになると、私は10〜11年前にあちこちで述べてきました。そして皆さん、今や私の言うとおりになりました。それはこういうことでう。こんなに多くの情報があるなら、どうやって知ればよいのでしょうか。情報の豊富さは懐疑論につながります。そして、インターネットは戦場を等しく懐疑論者にも開きました」とMcDowellは述べた。

[Anugrah Kumar: "Apologist Josh McDowell: Internet the Greatest Threat to Christians" (2011/07/16) on Christian Post]
事実としては、流行の広まる速さや範囲が大きくなったというだけのこと。同様に、創造論、温暖化否定論、HIV否定論、ワクチン否定論などにも同様に道は開かれ、簡単に広まるようになった。簡単に怪しいネタが大量に見つかり、信じる根拠がたくさんあると思い込めるだけ。
posted by Kumicit at 2011/07/21 07:15 | Comment(0) | TrackBack(0) | ID: General | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック