2011/07/24

エアロゾルによって温暖化が抑制されている by NOAA

中国の石炭消費が温暖化を抑制いているかもしれないという研究があることを先週(2011/07/17)取り上げた。

原論文はこれ=>RK. Kaufmann et al:"Reconciling anthropogenic climate change with observed temperature 1998–2008", doi: 10.1073/pnas.1102467108, PNAS July 5, 2011,

これと同様の研究が米国NOAAでも行われている。

==>S. Solomon et al.:The Persistently Variable “Background” Stratospheric Aerosol Layer and Global Climate Change, Science DOI:10.1126/science.1206027

Phys.Orgの解説記事によれば...
The new research has focused on aerosols, the tiny solid or liquid particles that exist in the atmosphere that can affect global temperatures, such as when Mt. Pinatubo in the Philippines, erupted in 1991 causing a worldwide average decrease in temperature of 1 degree Celsius for more than a year. The cooling is not the result of the ash, notes co-author Susan Soloman, but from the sulfur dioxide that is thrust all the way up into the stratosphere, where it oxidizes and adds to the sun reflecting properties of other already existing particles.

1991年のフィリピンのピナツボ火山の噴火で全地球の気温が1年にわたり1℃低下したように、全地球の温度に影響する、待機中に存在する、小さな固体あるいは液体の粒子であるエアロゾルにフォーカスした新たな研究が行われた。共著者Susan Solomonは寒冷化が火山灰の影響ではなく、亜硫酸ガスが成層圏に昇って、そこに既に存在している粒子を参加し、太陽光を反射する属性を加えていることによるものだと書いている。

The team focused on the most recent decade because of the relative absence of massive volcanic eruptions , giving them a more clear environmental view of how much impact minor volcanic eruptions and human activities have on the amount of aerosols in the atmosphere and thus global temperatures. To find out what was going on, they used both ground based data and information from satellites such as Cloud-Aerosol Lidar and Infrared Pathfinder Satellite Observations (Calipso), to measure the amount of aerosols in the atmosphere and at what altitudes.

これは巨大火山の噴火が比較的少ないという理由で、研究チームは直近10年にフォーカスした。これにより、マイナーな火山活動と人間の活動が大気中のエアロゾル量すなわち、全地球の気温への影響をより明瞭に見れるからである。何が起きているか調べるために、彼らは地上観測とCalipsoのような衛星観測を使って、大気中のエアロゾルの量と高度を計測した。

NOAA has released a statement outlining the results of the study, and in it Daniel, says, “stratospheric aerosol increased surprisingly rapidly in that time, almost doubling during the decade,” which forms the basis of the teams conclusions that such aerosols are responsible for the slowdown in increased temperatures that scientist around the world have been expecting due to greenhouse gas emissions.

NOAAは研究概要についてのステートメントを公表した。そのなかでDanielは「成層圏エアロゾルは、驚きべき速さで増加しており、過去10年で2倍になっている」と述べた。そのエアロゾルが、世界中の科学者が温室効果ガスの放出から想定した気温上昇が減速させたという研究チームの結論の基礎となった。

The surprising aspect of the study is the large amount of aerosols found during a period when there weren’t any giant volcanoes going off, which leads researches to wonder if the aerosols are from the combined effects of multiple small eruptions, or human activity, such as the particles emitted from coal fired power plants, particularly in Asia, where such plants have multiplied in recent years. One thing the research is not able to tell us is what impact aerosols will likely have in the future, because of the uncertainty of their origin, which means there is no way to tell at this point if there will be more, or less of them, which means scientists can only guess if the temperature muting will continue to offset global warming from current and future carbon emissions.

この研究の驚くべき一面は、大規模な火山噴火がなかった時期に大量のエアロゾルが見つかったことである。研究者たちは、多数の小規模噴火の効果の積み重ね、あるいは特にアジアでの倍増している石炭火力発電所からの粒子放出のような人間の活動によるものではないかと考えた。ただし、この研究では、将来のエアロゾルの影響がどうなるかについては何も言えない。というのは、その起源が不明確であり、現時点ではそれらが増加するか減少するかわからないからである。すなわち、科学者たちは、現在および将来の二酸化炭素排出による地球温暖化を抑制し続けるか推測するしかない。

noaastudysug.jpg
[Bob Yirka:"NOAA study suggests aerosols might be inhibiting global warming" (2011/07/22) on Phys.Org]
石炭の消費増加はファクトであり、それに伴う亜硫酸ガスの放出もファクトであるが、NOAAの研究チームは大気中のエアロゾルの出所がどこかは不明確であり、今後の推移については何も言えないとしている。

今後さらに中国・東南アジアの石炭火力発電所増設が続けば、もう少し影響は明瞭になるかもしれない。
posted by Kumicit at 2011/07/24 08:16 | Comment(0) | TrackBack(0) | Sound Science | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック