2011/07/25

メモ「Homeopathy One Vision One Voice」の主催者HAT

[Le Canard Noir: "Homeopaths Find The Solution – Hire PR Consultants." (2010/12/06) on QUackometer]

ホメオパスたちはソリューションを見つけた=PRコンサルを雇うこと

Homeopaths from around the world gathered in Cambridge in the UK to create a ‘global strategy for homeopathy’.

「ホメオパシーの世界戦略」をつくるために、世界中からホメオパスたちが英国のケンブリッジに集まった。

Under the banner of One Vision, One Voice you can watch the conference as it used a PR Consultant to brainstorm a set of ‘themes’ for how homeopathy should tackle its problems. There is nice insight at the end to see how they think they can counter the threats to their trade that are appearing globally from people realising that all they trade in is sugar pills.

"One Vision, One Voice"のバナーのもと、PRコンサルを使って、ホメオパシーが自らの問題にどう対処するかについてのテーマをブレインストーミングをするコンファレンスを見れる。これを見れば、彼らが売っているものが砂糖錠だと気づいた世界中の人々からの、彼らの商売への脅威に対して、どう対抗するかについての彼らの考えみることができる。

It would appear that the desire to speak with a unified voice is stronger than their desire to address the serious criticisms made of them. The conference was organised under the auspices of the Homeopathic Action Trust – a charity funded by the Society of Homeopaths.  ... .

見たところ、彼らに対してなされている重大な批判に対処するよいrも、統一された声をあげることを望んでいるようだ。このコンファレンスは英国ホメオパス協会が資金供与している非営利団体Hiomeopathic Action Trust (ホメオパシー活動信託)の主催で開かれた。
この主催者であるHATは、英国ホメオパス協会にコントロールされた団体であり...
[Gimpy: "The Homeopathic Action Trust is controlled by the Society of Homeopaths" (2009/04/09) on Gimpy

Homeopathic Action Trustは英国ホメオパス協会にコントロールされている

Homeopathic Action Trust (HAT) was formed from an amalgamation of The Society of Homeopaths Trust Company Limited and Friends of Homeopathy. Both of these organisations were part of the SoH and were used to fund student bursaries and give grants for homeopathic research. These functions have now been combined into HAT with the SoH providing funds and facilities during the merger (according to 2004 accounts – PDF).

Homeopathy Action Trust (HAT ホメオパシー活動信託)は、The Society of Homeopaths Trust Company Limited(英国ホメオパス協会信託会社)とFriends of Homeopathyの合併で形成された。これらの組織はいずれも、英国ホメオパス協会の一部であり、学生に奨学金を出し、ホメオパシー研究に助成金を与えるために使われていた。これらの機能はHATに統合され、合併時に英国ホメオパス協会から資金と設備を提供された。

Although HAT appears independent of the SoH, with the SoH website not claiming any links with them, this is not the case as these clauses from HAT’s Articles of Association show:

HATは英国ホメオパス協会とは独立に見えているが、会計報告によればそうではないことが示されている。
picture-101.png
採決メンバーになれるのは以下に限る:
a) 英国ホメオパス協会に登録を少なくとも3年以上認められている会員
b) 委員会がこれ以外に任命するメンバーの数は、本節の(a)で定める採決権を持つメンバー数の40%を超えてはならない。
...
そして、英国ホメオパス協会のコントロールのもとにあるHomeopathy Action Trustは、アフリカでホメオパシーによるAIDS治療実験に資金供与している。
[Gimpy: "Homeopathic Action Trust still funding unethical AIDS trials " (2009/07/20) on Gimpy]

Homeopathic Action Trust は非倫理的AIDS治療実験に資金援助を続けている

The Homeopathic Action Trust (HAT), the homeopathy charity controlled by the Society of Homeophs (SoH) and funders of Jeremy Sherr have had the ethical issues associated with funding amateur trials of AIDS patients in the developing world pointed out to them. This did not stop them funding Jeremy Sherr and it has not stopped them continuing to fund extremely dubious projects in Africa.

th Society of Homeopaths(英国ホメオパス協会)とJeremy Sherrの資金提供者によってコントロールされるホメオパシー慈善団体The Homeopathic Action Trust(ホメオパシー活動トラスト=HAT)は、発展途上国でのAIDS患者を対象とするアマチュア実験に資金援助している件について倫理的問題をかかえている。このことでJeremy Sherrへの資金提供は止まらず、アフリカでの非常に怪しいプロジェクトへの資金援助は続いている。

Peter Chappell and Harry van der Zee’s Amma Resonance Healing Foundation (ARHF) has been criticised by many bloggers, Sense About Science and newspapers columnists for claims such as that AIDS patients using his remedies ” do better or sometimes much better than on ARVs alone.”. There is no evidence for this despite the recruitment of Professor Harald Walach of Northampton University to oversee research. Chappell’s remedies are not physical substances, but vibrations of atoms and molecules, what we call ’sounds’. Chappell believes sound can cure AIDS, the trauma of rape and the side effects of ARVs. So convinced is he of his products success that he is actively pushing it to healthcare workers in the developing world. Chappell’s work is funded in part by HAT, who take donations on behalf of ARHF

Peter ChappellとHarry van der ZeeのAmma Resonance Healing Foundation(アムマ・レゾナンスヒーリング財団=ARHF)は、多くのブロガーや英国Sence About Science財団や新聞のコラムニストたちから、彼のレメディを使うと「AIDSをARVsよりもうまく治療できる」といった主張を批判されてきた。海外研究にNorthampton UniversityのHarald Walach教授を充てたが、その主張には証拠がない。Chappellのレメディは物質ではなく、我々が"音"と呼ぶ原子と分子の振動であり、Chappellは音がAIDSやレイプのトラウマやARVの副作用を治療できると信じている。Chappellは自ら作ったものの成功を深く信じていて、それを発展途上世界の医療関係者に売り込んでいる。Chappellの仕事はHATからの資金援助を受けており、HATはATHFに代わって寄付を集めている。
ここで指摘されているJeremy Sherrはこのような行動をとっている。
[Gimpy: "Jeremy Sherr – a Rath in the making? " (2009/01/11) on Gimpy]

RathになりつつあるJeremy Sherr

Via Ben Goldacre’s miniblog I have come across this blog from the homeopath Jeremy Sherr. Mr Sherr is a Fellow of the Society of Homeopaths (SoH), found and principal of the Dynamis homeopathic school and a subject of one my earliest blog posts. That post was critical of Mr Sherr’s stated aims of carrying out trials investigating the effectiveness of homeopathy in treating AIDS and malaria. This prompted me to email both Mr Sherr and the SoH expressing concerns. Mr Sherr did not reply although the SoH did stating that as he was a Fellow rather than a Member he was not bound by their code of conduct. At that time Mr Sherr was only planning his trials, he is now carrying them out in Tanzania.

Ben Goldacreのミニブログ経由で私は、ホメオパスJeremy Sherrのブログを見た。Jeremy Sherrは英国ホメオパス協会のフェローであり、Dynamis Homeopathic Schoolの創立者であり校長である。そして、私のブログの初期のネタでもある。そのとき、Jeremy SherrはAIDSとマラリアの治療に対するホメオパシーの有効性を探求する実験を実施しようとしていた。私はこれを懸念するメールをJeremy Sherrと英国ホメオパス協会に送った。Jeremy Sherrはリプライしてこなかったが、英国ホメオパス協会は「彼が会員ではなくフェローであり、倫理規定に拘束されない」と返信してきた。このときはJeremy Sherrは実験計画をたたていただけだったが、今やタンザニアで実験を始めた。
When I was in South Africa 5 years ago, we had designed a very complex trial together with the Nelson Mandela hospital in Durban. This trial had three arms; patients with homoeopathy and without ARV treatment, patients with homoeopathy and ARV treatment, and patients with ARVs alone (Placebo treatment is considered unethical in AIDS). It was a very comprehensive and well designed trial and it covered all the bases. And once the dean of the hospital resigned to go into the private sector, it was also a very dead trial. So I am happy to go for a simple trial initially, with one arm of AIDS patients with homoeopathy and no ARV. There are plenty of statistics on ARV treatment and patients with no treatment at all that we can compare to. If we can prove that homoeopathy has any positive effect at all, we can move on to bigger and better things.

私は5年前に南アフリカにいたとき、DurbanのNelson Mandela病院とともに、とても複雑な実験を計画した。この実験は、ホメオパシー治療あり+ARV治療なし、ホメオパシー治療あり+ARV治療あり、ARVのみの3つのグループに対する実験である。プラセボ治療はAIDSについては非倫理的と考えらる。これはとても包括的で、よくデザインされた実験であり、すべての基礎をカバーしていた。病院の部長が民間に転職するために辞職すると、実験は頓挫した。そこで私は最初に単純な実験を行うことにした。ホメオパシーあり+ARVなしである。比較用には、ARV治療と治療なしについて、十分な統計情報がある。ホメオパシーにポジティブな効果があることが示されば、より大きく良いものへと進めることができる。
...


posted by Kumicit at 2011/07/25 22:55 | Comment(1) | TrackBack(0) | Quackery | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
日本には、ほーしゃのー対策としてホメオパシーよりすごい「米のとぎ汁乳酸菌」があるそうです

http://news.livedoor.com/article/detail/5717711/
Posted by mmryoki at 2011/07/27 12:46
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック