2006/08/04

カンザス予備選で、州教育委員会は進化論サイドが優勢に

カンザス州の地方紙Lawrence Journal-Worldの記事によれば、州教育委員会の予備選の結果は...

District 1 (190 out of 190 (100%) precincts reporting statewide)
負: Jesse L. Hall (民主) 4260 votes <保守>
勝: Janet Waugh (民主) 7147 votes <穏健><現職>

District 3 (300 out of 300 (100%) precincts reporting statewide)
勝: John W. Bacon (共和党) 10148 votes <保守><現職>
負: Harry E. McDonald (共和党) 8269 votes
負: David A Oliphant (共和党) 2146 votes

District 5 (603 out of 609 (99.0%) precincts reporting statewide)
Tim Cruz (共和党) 0 votes
勝: Sally Cauble (共和党) 12932 votes <穏健>
負: Connie Morris (共和党) 11133 votes <保守><現職>

District 7 (463 out of 463 (100%) precincts reporting statewide)
負: M.T. Ligget (共和党) 2111 votes
負: Donna Viola (共和党) 8344 votes
勝: Ken R. Willard (共和党) 12146 votes <保守><現職>

District 9 (428 out of 428 (100%) precincts reporting statewide)
負: Brad Patzer (共和党) 9627 votes <保守>
  (引退するIris Van Meter<保守><現職>の義理の息子)
勝: Jana Shaver (共和党) 13038 votes <穏健>


となった。このままいくと11月の選挙で、District 5と9で保守が穏健に反転して、現状の教育委員会の勢力比は保守6:4穏健から、保守4:6穏健に向かうもよう。


これについて進化論教育を守るNational Center for Science Education(全米理科教育センター)は2006年8月2日付けの記事で:
The electoral defeat is clearly a further setback for the "intelligent design" movement, already reeling from the legal defeat in Kitzmiller v. Dover in December 2005 and from the Ohio board of education's decision in February 2006 to rescind a "critical analysis of evolution" model lesson plan and a corresponding indicator in the state's science standards. Both the Kansas-based Intelligent Design Network and the Discovery Institute engaged in massive publicity campaigns in Kansas prior to the election, putatively in defense of the standards themselves.


2005年12月のKitzmiller v. Dover裁判の敗北と、2006年2月のオハイオ州教育委員会による「進化の批判的分析(Critical Analysis)」のモデル授業経過うと対応する標準の取り消し決定によって既に動揺しているインテリジェントデザイン運動にとって、この予備選の敗北は明らかに更なる妨げになるだろう。カンザスに拠点を置くIntelligent Design Networkと、Discovery Instituteはこの予備選の前にカンザス州内で、彼らの理科教育標準を守るための大規模な広告キャンペーンを行っていた。


また、保守系メディアであるWashington Postは、The Associate Pressが配信した2006年8月2日付の記事「Evolution Opponents Lose in Kan. Primary」を掲載:
Conservative Republicans who approved new classroom standards that call evolution into question lost control of the State Board of Education in Tuesday's primary election.
A victory by pro-evolution Republican candidate Jana Shaver over conservative Republican Brad Patzer, who supported the standards treating evolution as a flawed theory, meant conservatives would at best have five of 10 seats on the board.

火曜日の予備選で、進化論を問う教育標準を承認した保守的共和党員たいちは州教育委員会の支配権を失った。
進化論を支持する共和党候補Jana Shaverが、進化論を誤った理論として扱う教育標準を指示する保守的共和党員Brad Patzmerに勝利したことは、保守系がよくても10の委員のうち5しかとれないことを意味する。
と伝えた。The Associate Pressの配信記事とはいえ、保守系メディアが、カンザスの教育標準を"treating evolution as a flawed theory"と評する記事を載せているのも面白いところ。


さらに、2006年8月3日付の記事でカンザス州の地方紙Lawrence Journal-Worldは:
Kansas voters dealt a blow to national efforts to put creationism in science classes, evolution proponents said Wednesday.“I don’t think there is any other way to interpret it,” said Nick Matzke, a spokesman for the Oakland, Calif.-based National Center for Science Education.

カンザスの有権者は創造論を理科の授業に押し込もうという全米的動きに一撃を加えたと、水曜日に進化論支持者が語った。「私はそれ以外の解釈はあるとは思わない」とカリフォルニアを本拠地とするNational Center for Science EducationのオークランドのスポークスマンNick Matkeは語った。


なお、これで、ペンシルバニア・オハイオ・カンザスで理科教育標準を改変するに至ったインテリジェントデザイン運動だったが、いずれも挫折したことになる。
posted by Kumicit at 2006/08/04 00:01 | Comment(0) | TrackBack(0) | News | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック