2011/08/09

創造論教育を支持するTea Partyに所属する学区教育委員(つづき)

先週「オハイオ州のSpringboro学区教育委員会で、2:3で創造論副読本の使用は認められなかった。この2名はTea Partyのメンバーである」というオハイオ州Daytonの地方紙Dayton Daily Newsの報道取り上げた。その2日後に、このKelly Kohls学区教育委員は少し方向を変えて、州の税金で創造論を教える道を模索した。
SPRINGBORO − The Springboro school board member who raised the prospect of the district teaching creationism said this week she now wants parents of students in public schools to have options if they want their children to learn about theories like intelligent design.

After a week of receiving letters of support, rebuke and threats of legal action from across the nation, school board member Kelly Kohls revised her position on whether Springboro schools should teach creationism. She said parents should have the choice of using state funds to send their children to other schools if they want to learn about creationism and intelligent design.

学区が創造論を教える可能性を高めたSpringboro学区教育委員が、今週は公立学校の英との親が、子供たちにインテリジェントデザインのような理論を学ばせたいときに選択意を持てるようにしたいと述べた。

ここ一週間にわたり全米から支持・叱責・法的措置の脅威の手紙を受け取った学区教育委員Kelly Kohlsは、Springboro学区が創造論を教えるべきかについての立場を修正した。Kelly Kohlsは、子供たちが創造論やインテリジェントデザインを学びたい場合は、親は州の資金を使って子供たちを別な学校に通わせる選択肢を持つべきだと述べた。

Kohls had asked the district’s curriculum director to look into ways of providing supplemental instruction on creationism.

Now Kohls said she doesn’t see her district moving forward with the controversial issue anytime soon.

“I don’t think it is something any of us are pursuing,” Kohls said. “I think people should have options.”

“I would like to (teach it), but not necessarily at this public school. I think it is important we understand why we don’t.”

Kelly Kohlは学区カリキュラム責任者に、創造論を教える副読本を使用する方法を検討するように求めていた。今、Kelly Kohlは、学区が近いうちに論争を巻き起こす問題に突入するのを求めないと述べた。

「それは我々の誰もが求めているものではない。私は人々が選択肢を持つべきだと考えている。私は(創造論を教えることを)求めているが、それは必ずしも公立学校でではない。そうでない理由を我々が理解することが重要だと考えている」

[Lawrence Budd and Christopher Magan: "Official: Vouchers could be creationism option -- Board member wanted Springboro to teach theory." (2011/08/05) on Dayton Daily News]
Kelly Kohl学区教育委員は ペンシルバニア州Dover学区のように裁判で負けることを考えて、公立学校で創造論を教えることを諦めて、バウチャーのような制度で、州の税金で子供たちを創造論を教える宗教学校(私学)へ通えるようにすること求める方向に軌道修正した。本人はそれで政教分離原則を回避できると思っているのかもいれないが、もちろんそんなことはない。私立の宗教学校が創造論を教えられるのは、公的資金が入っていないからである。


posted by Kumicit at 2011/08/09 08:08 | Comment(0) | TrackBack(0) | News | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック