2011/08/19

Boiron v. BlogZero

BMJ掲載ニュース記事によれば、世界最大のホメオパシー製品会社で、フランスで第2位のOTC製品会社であるBoironがイタリアのブロガを恫喝している。
[Fabio Turone: "News -- Homoeopathy multinational Boiron threatens amateur Italian blogger", BMJ 2011; 343:d5197 (2011/08/12) ]


A letter sent by the Italian arm of multinational company Boiron, threatening to sue an amateur blogger over remarks he made about homoeopathy, has sparked a strong internet reaction in defence of freedom of speech.

多国籍企業Boironのイタリア法人が、ホメオパシーについての記述に関してアマチュアブロガーを訴えると脅す手紙を送ったことで、言論の自由を守る方向でネットの強い反応が巻き起こっている。

Samuele Riva posted two articles on his blog, blogzero.it , on 13 and 27 July, which included pictures of Boiron’s blockbuster homoeopathic product Oscillococcinum, marketed as a remedy against flu symptoms. The pictures were accompanied by captions, which joked about the total absence of any active molecules in homoeopathic preparations.

Samuele Rivaは自身のブログblogzero.itに2011年7月13日と27日に記事をポストした。それにはインフルエンザの症状に効くレメディとして販売されている主力製品Oscillococcinumの絵が載せられていた。絵には、ホメオパシー製品には有効成分の分子が存在しないことについてのジョークなキャプションがついていた。

On 28 July Boiron fired off a letter to the internet provider, complaining that both the articles and the captions were “untrue and derogatory both of homeopathy and [the] company,” and responsible for tarnishing the company’s reputation and causing “serious …

2011年7月28日に、Boironは記事とキャプションは「真実ではなく、ホメオパシーと当社の評価を傷つけ」、社の評判を傷つけるものだという苦情の手紙をネットプロバイダに送った...
これに対して、Samuele Rivaは今後の推移を英語で報告するページをポストしている:
[Boiron vs Blogzero (English page) on Blog Zero]

Hi all!
As you can see, the whole blog is written in Italian…

If you’re interested in updates on the “Boiron – Blogzero” case, you can bookmark this page, I will update it in English.

Why Boiron is threatening me? What’s my big mistake?
I’ve written something about their (in)famous Oscillococcinum and the Korsakovian process, being a little bit ironic and using one “Oscillococcinum” image…
Boironの恫喝を受けて、Samuele Rivaは元記事から削除したものが....
[Oscillococcinumについての1本目のエントリ(baidu cache)]
oscWsub.png
のようである。残っているキャッシュによって違うので、これも恫喝後の修正かもしれないが「Boironのインフルエンザ治療薬の200C希釈には何も含まれていない」と書かれている。どうも、Boironは「中には何もありません」を気にしているようだ。

で、これについて、ブログScience Baed Medicineは次のような記事をポストした。
For example, Riva suggested that Boiron’s oscillococcinum has no active ingredient. Well, let’s see- the company lists the active ingredient in this product as “Anas barbariae hepatis et cordis extractum 200CK HPUS.” The “200C” means that the listed ingredient was diluted with a 1:100 dilution 200 times. Serial dilution is a funny thing – a 200c dilution is the equivalent of diluting 1ml of original ingredient into a volume of water that is the size of the known universe. This is far far beyond the point where there is any reasonable chance of there being even a single molecule of original ingredient left.

たとえば、Samuele RivaはBoironのoscillococcinumに有効成分が入っていないと書いた。同社はこの製品の有効成分を「Anas barbariae hepatis et cordis extractum 200CK HPUS」とリストしている。200Cは有効成分を1:100で200回希釈することを意味売る。希釈を繰り替えうのは変な話だ。200c希釈は1mlのオリジナルの有効成分を既知の宇宙の体積の水で希釈することに相当する。オリジナルの有効成分が一分子でも残る合理的可能性がまったく全然ない。

So Riva was completely justified (as have many other critics) in saying that Boiron’s 200c product has no active ingredient. In fact it is deceptive to list something that has been diluted 200C as an “active ingredient.”

したがって、Samuele RivaがBoironの200c製品に有効成分がないと言うのは(他の多くの批判とともに)まったく正しい。事実、有効成分として、200c希釈した何かを列挙するのは詐欺行為である。

Not that it matters in this case, because the original ingredient is a pseudoscience unto itself. .... oscillococcinum does not even exist – essentially Boiron takes fairy dust and then dilutes it out of (non)existence. The “anas barbariea hepatis” is basically duck liver, which is supposed to contain the most concentrated nonexistent oscillococcinum. It’s a pseudoscience trifecta.

オリジナルの有効成分自体が疑似科学なので、希釈が問題というわけではない。... oscillococcinumは存在すらしていない。Boironはフェアリーダストを取って、それが残らないくらいに希釈した。"anas barbariea hepatis"は基本的にはアヒルの肝臓であり、それは非実在oscillococcinumが最も濃縮されたものが含まれると考えられた。いわば、それは疑似科学の"四連勝単式勝馬投票法"だ。

[Homeopathic Thuggery (2011/08/17) on Science-Baed Medecine]
非実在Oscillococcinumとは...
Oscillococcinum was discovered by Joseph Roy (1891-1978) [1], a French physician who was on military duty when the Spanish flu hit the world in 1917. He examined the blood of victims and found a strange microorganism: a bacterium that consisted of two unequal balls that performed a quick vibratory motion. Roy called them "oscillococci" and thought they could vary much in size. Sometimes they shrunk so much that he couldn't see them with his microscope. But they could also grow and get one or two more balls.

Oscillococcinumは、スペインインフルエンザが世界で流行した1917年当時、軍務についていたフランスの医師Joseph Roy[1891-1978]によって発見された[1]。彼はインフルエンザの犠牲者の血液を調べて、奇妙な微生物を発見した。それは高速な振動運動をする大きさの異なる二つの球体から構成される細菌だった。Royはこれを"oscillococci"と呼び、おれは大きさを変化させることができると考えた。ときには彼の顕微鏡で見えないくらいに小さくなる。ときには大きくなり、さらに1つ、あるいは2つ以上の球体を持つことがある。

Next Roy discovered these bacteria in the blood and the tumors of cancer patients, in syphilitic ulcers, in the tubercles of tuberculosis patients and in the pus of gonorrhea sufferers. Also people who had eczema, rheumatism, mumps, chickenpox and measles turned out to harbor this "universal germ."

続いてRoyはこれらを、癌患者の血液と腫瘍、梅毒性潰瘍、結核患者の結核結節、そして淋病の患者の膿の中に見つけた。さらに、湿疹、リウマチ、流行性耳下腺炎、水痘、麻疹の人々が、この"普遍的病原菌"の宿主であることが判明した。

It is not clear today what Roy saw through the eyepiece of his microscope. But one thing is certain: he did not see the causes of those diseases. Rheumatism, eczema, and most forms of cancer are not caused by microbes, and mumps and measles are caused by viruses, which can't be seen with an ordinary microscope. Moreover, no other bacteriologist has ever reported seeing Roy's special cocci again.

今となってはRoyが顕微鏡で何を見たのか定かではない。しかし、はっきりしていることがある。彼はこれらの病気の原因を見ていない。リウマチや湿疹や大半の癌は微生物で起きるものではない。水痘や麻疹はウィルスで起きるが、通常の顕微鏡では見えない。さらに、Royの特別なcocciを見たという報告をいた微生物学はは他にいない。

Roy thought he had made a new and thrilling discovery on the road to the cure for cancer. He even wrote a book about it. In his time, many people doubted the idea that every disease has its own cause (such as its own microbe). Such skeptics embraced Roy's discovery.

Royは癌治療に至る道の新たな、そしてスリリングな発見をしたと考えた。彼はこれについて本まで書いた。当時、多くの人々は、病気ごとのそれぞれ異なる原因(たとえば特有の微生物)があるという考えを疑っていた。そのような懐疑論者たちはRoyの発見を受け入れた。

Roy thought immediately of a homeopathic application. ...

Royはただちにホメオパシーへの応用を考えた。

[1] Oscillococcinum, le joli grand canard. Science et Pseudo-sciences, Cahiers bimestriels de l'Association Française pour l'Information Scientifique, No 202, mars-avril 1993

[Jan Willem Nienhuys: "The True Story of Oscillococcinum" on homeowatch]
もともと、Oscillococcinumは医師Joseph Royだけにいか見えない"何か"だった。

そして、それがOscillococcinumの原料であるアヒルの肝臓につながったのは...
Doctor Roy writes: "The Ancients considered the liver as the seat of suffering, even more important than the heart, which is a very profound insight, because it is on the level of the liver that the pathological modifications of the blood happen, and also there the quality of the energy of our heart muscle changes in a durable manner."

Roy医師は書いている「古代人は肝臓を病気が居座る場所だと考え、心臓より重要なものだと考えた。これは深い洞察である。というのは、血液の病理学的改変が肝臓のレベルで起き、肝臓で心筋のエネルギーの質が耐久性のある方法で変化するからである。」

[Jan Willem Nienhuys: "The True Story of Oscillococcinum" on homeowatch]
Oscillococcinumは希釈前から既にニセ医療だったようだ。




posted by Kumicit at 2011/08/19 07:07 | Comment(0) | TrackBack(1) | Quackery | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック

ホメパチ式インフルエンザ用砂糖粒「宇宙への一滴」
Excerpt: ゴメンナサイ。ネタギレと言うか、他のネタの準備が間に合わなかったので、またもやホメパチネタでお茶を濁させて頂きます。モトネタは忘却からの帰還様の、 Boiron v. BlogZero とにかくリン..
Weblog: 新小児科医のつぶやき
Tracked: 2011-08-27 08:22
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。