2011/09/15

1992年にDembskiは言っていた。惑星形成理論は...

1992年頃、インテリジェントデザイン理論家(数学・神学)Dr. William Dembskiはこんなことを言っていた。
William Dembski on the Origin of Life
QUOTED BY PAUL NELSON IN, "THINKING ABOUT THE THEORY OF DESIGN". A REPORT ON THE SYMPOSIUM "CAN THERE BE A SCIENTIFIC THEORY OF INTELLIGENT DESIGN?" (PRESENTED BY THE AMERICAN SCIENTIFIC AFFILIATION IN 1993)

Dawkins, to explain LIFE apart from a designer, not only gives himself all the time Darwin ever wanted, but also helps himself to all the conceivable planets there might be in the observable universe (note that these are planets he must posit, since no planets outside our solar system have been observed, nor is there currently any compelling theory of planetary formation which guarantees that the observable universe is populated with planets).

Dawkinsはデザイナーによらない生命を説明するために、Darwinが求めた時間のすべてを捧げるだけでなく、観測可能な宇宙にあるかもしれない考えうる惑星について捧げてきた。(我々の太陽系外に惑星が観測されたことはなく、観測可能な宇宙に多くの惑星が存在することを保証する惑星形成の理論もないので、Dawkinsは惑星の存在を事実と仮定しなければならない。)
1992年時点で「観測可能な宇宙に惑星が存在することを保証する惑星形成理論がない」と断言するDembskiの大言壮語だが、これについて...
Certainly, when Dawkins published “the Blind Watchmaker” in 1986, there was a compelling theory of planetary formation, along with astromomical observations which guaranteed that there would be planets around other suns. When Dembski wrote his words in 1992, astronomers were busy designing the very instruments that would reap a harvest of extrasolar planets just a few years later. ...

Based on the Kepler data of 2010, we can say that around 50% of Sun-like stars have planets, and there may be at least one million Earth-like planets in habitable zones in the Milky-Way alone. And that is probably an underestimate. Some good resources are the Exoplanet encyclopaedia, Exoplanet.org (with the exoplanet data plotter) and the Habitable Zone as well as my posts on exoplanets.

確かに、Dawkinsが1986年に"盲目の時計職人"を出版したとき、惑星形成の有力な理論がり、他の太陽の周りの惑星が存在することを保証する天文学の観察があった。Dembskiが1992年に書いたとき、天文学者はわずか数年後に太陽系外惑星を観測開始する観測装置の設計に追われていた。 ...

2010年のKeplerのデータに基づいて、我々は太陽のような恒星の約50%が惑星を持っていると言える。そして、我々の銀河系だけでも居住可能ゾーンに地球のような惑星が少なくとも100万個存在するかもいれない。そして、おそらく、これは過小評価である。これらについての良い情報は、Exoplanet encyclopaediaやExoplanet.org (exoplanet data plotter)やHabitable Zoneや私の太陽系外惑星についてのエントリにある。

Ian Musgrave: "The Discovery Institute Fails at Exoplanets" (2011/09/14) on Panda's Thumb (also on Astroblog by Ian Mugrave]
Dembskiの大言壮語は進化論についての予言などハズレだったりする。毎度おなじみの光景。
タグ:Dembki id理論
posted by Kumicit at 2011/09/15 06:52 | Comment(0) | TrackBack(0) | Dembski | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。