2006/08/24

バチカン観測所長の交替を喜ぶDiscovery Institute所長

インテリジェントデザイン批判を続けていたローマカトリックの理系聖職者Conye神父がバチカン観測所を退任する。

==>Catholic News Service: Pope appoints Argentine Jesuit to head Vatican Observatory [2006/08/21]
==>忘却からの帰還: Coyne神父がバチカン観測所長を退任、後任は43歳の円盤銀河の専門家Jose Funes神父

これを受けて大喜びなのが、インテリジェントデザインの本山たるDiscovery InstituteBruce Chapman所長である。公式ブログEvolution Newsに2006年8月21日付で「Vatican Astronomer Replaced」というエントリをポストした:
Pope Benedict XVI has replaced an evangelizing Darwinist, Dr. George Coyne, as director the Vatican Observatory, according to Zenit News. A Jesuit with a doctorate in astronomy, Dr. Coyne in recent years made himself the public scourge of Darwin critics and scientific proponents of intelligent design. Increasingly his theology resembled that of "process theologians" who believe that God is still learning and could not have known what his world was becoming.

While media tended to avoid the pro-design statements of the pope over the past year (see "Is the Pope Catholic?"), they frequently sited the hostile remarks of Dr. Coyne, sitting at his office at the University of Arizona, as supposedly representing those of "the Vatican." That could not have been well-received at the Vatican in Rome. Rumors that Coyne might be replaced have circulated for months.

In the past year since he criticized the pro-design essay of Austrian Cardinal Schoenborn in the NY Times, Dr. Coyne has been feted at a number of unlikely gatherings where his job was to express Church support for Darwinism. At a meeting of the American Association for the Advancement of Science, Coyne pronounced in favor of a "fertile universe" where "chance and destiny embrace."

Zenit Newsによれば、教皇ベネディクト16世は、伝道するダーウィニスト Dr. George Coyne をバチカン観測所長からはずした。天文学の学位を持つイエズス会士であるDr. Coyneは近年、ダーウィン批判者およびインテリジェントデザインの科学的支持者たたきをしてきた。ますます、彼の神学は、神はいまだに学び続け、神は神の世界がどうなろうとしているかを知りえないというプロセス神学に似てきた。

メディアは昨年、教皇のデザインを支持する発言の報道を避ける一方で、University of Arizonaのオフィスにあって、Vaticanの代表として、Dr. Coyneの敵対的言動を報じてきた。それは、ローマのVaticanにとって好評ではあり得なかった。何ヶ月も、Coyneが解任されるだろうという噂が流れていた。

昨年、Dr. CoyneがオーストリアのSchoenborn枢機卿のNY Timesに掲載されたデザイン支持のエッセイを批判した時から、ダーウィニズムに対する教会の支持を表現することがDr. Coyneの仕事となったありそうにもない数多くの集まりでDr. Coyneは讃えられた。American Association for the Advancement of Scienceの会議で、Coyneは、可能性と運命が抱擁する肥沃な宇宙に賛成の意見を述べた。


Dr. Coyneのご意見は:

==> George V. Coyne: The Dance of the Fertile Universe
==> 忘却からの帰還: カトリックからID理論そして創造科学を見ると

あいもかわらずBruce Chapman所長は、シニアフェローのGeorge Gilderと同じく、ダーウィン大嫌いな発言である。


このBruce Chapman所長のエントリを引用する形で、インテリジェントデザイン理論家Dr. William Dembskiと仲間たちのブログUncommon Descentでも2006年8月22日付けで「Pope Benedict XVI has replaced an evangelizing Darwinist, Dr. George Coyne」という scordovaのエントリがポストされた。コメント欄は始めは:
I’ve heard this guy speak on the TV. He is an incredible flake

Not surprised to see the Pope do something like this.

Hey Mats, that’s right! Didn’t they have a job opening up his alley over there?
と、大喜びな調子だった。(途中からは、教皇ベネディクト16世が進化論を認めたか否かに流れてしまったが)



posted by Kumicit at 2006/08/24 02:03 | Comment(0) | TrackBack(0) | DiscoveryInstitute | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック