2011/09/26

いつもと結果が大きく違う世論調査

Public Religion Research Instituteが世論調査で進化論・創造論についても質問している。調査は一見、他のと同じようなのだが...
[PRRI/RNS Religion News Survey September!14 – 18, 2011 N=1013

The survey was designed and conducted by Public Religion Research Institute.
Results of the survey were based on bilingual Spanish and English) RDD telephone interviews conducted between September 14, 2011 and September 18, 2011 by professional interviewers under the direction of Social Science Research Solutions (SSRS). Interviews were conducted among a random sample of 1,013 adults 18 years of age or older in the continental United States (301 respondents were interviewed on a cell phone)....
しかし、結果には違和感がある:
Q1Q1比Q2Q2比全体比
人類は時間を経て進化した57%自然選択のような自然の過程53%30%
超越存在が現在の人間を創造するために導いた38%22%
その他3%2%
知らない・答えない6%3%
人類は現在の形で創造された38%1万年以内に創造されたと信じる50%19%
1万年以内に創造されたとは信じない39%15%
知らない・答えない12%5%
その他1%--1%
知らない・答えない4%--4%
「類は現在の形で創造された」が38%と少なめで、さらに「1万年以内に創造された」に限定すると全体の19%しかない。

Gallup Pollの長期トレンドでは、「1万年以内に創造された」は40%を下回ったことはない。他の世論調査も似たようなものなので、今回のPRRIの世論調査では何らかの問題があったと思われる。


posted by Kumicit at 2011/09/26 01:07 | Comment(0) | TrackBack(0) | ID: General | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。