2011/10/09

1958年3月11日の原爆落下事故報道

久しぶりにAtomic Ageのネタに字幕をつけてみた。

これは、1958年3月11日にサウスカロライナ州で起きた原爆落下事故の報道である。
[wikipedi: Mars Bluff, South Carolina]

1958年3月11日に、ジョージア州Savannahの米空軍ハンター空軍基地308爆撃航空団のB-47ストラトジェットが16:34頃離陸した。オペレーションSnow Flurryのために英国へ飛行する予定だった。B-47はソ連との戦争が始まれば、核兵器を輸送する必要があった。機長が大西洋横断飛行のための爆弾のハーネスの固定ピンが固定されていないことを示す誤表示が出たのを見たため、Bruce Kulka空軍大尉は爆弾倉へ確認に行かされた。Kulk大尉は爆弾付近に近寄ろうとして、誤って、緊急投下ピンを掴んだ。マーク6爆弾はB-47の床に落ちて、その重量で爆弾倉の扉が開いて、爆弾は高度4572メートルから地上へ落下した。

爆弾には取り外し可能な核分裂するウランとプルトニウムは取り付けられておらず(コアは機内の別の場所に安全に格納されており、テクニカルには原爆ではない)、7600ポンド(3447kg)の通常爆発物のみが装備されていた。結果として起きた爆発で、キノコ雲が発生し、幅23メートル、深さ7.6〜10.7メートルと推定されるクレーターができた。この爆発による死者はいなかったが、Gregg一家の数名が負傷した。
輸送手順にしたがって、核は爆弾本体に取り付けられておらず、爆縮用火薬のみが落下の衝撃で爆発。でも田舎だったので、家1軒と負傷6名という些末的被害で済んでいる。


View Larger Map
posted by Kumicit at 2011/10/09 09:02 | Comment(0) | TrackBack(0) | Others | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。