2011/10/13

超微弱電磁放射検出装置と称する何か

円筒の片方を皮膚にあてることで、超微弱な電磁波を検知すると称するこんなものがあった。
[Toftness "Radiation Detector"]

Signed: Toftness Post-Grad. Sch. of Chiropract.
Place: USA
Materials: Plastics of various sorts; brass and (aluminum?)
Date: 1971 - 1983
Size: 101 x 200 x 240 mm
Weight: 1292 gm
White cylinder, with plastic lens at one end and frosted plastic at other; plastic handle; focussing adjustment.
ToftnessRD.jpg
George J Magner IIIによれば、1971年にカイロプラクターIrwing N Toftnessが特許を成立させて、カイロプラクター向けに販売されていた、69.5GHzの電磁波放射を計測できると称する、いんちき商品である。
Yale University's Edmund S. Crelin, Ph.D., who tested the device for the FDA, concluded that it was "hocus-pocus" He pointed out that radiation at 69.5 gigahertz would penetrate only about one millimeter of body tissue, while the spinal nerves are two to three inches from the body's surface. So even if a dysfunctional nerve could radiate the tiny amount of energy claimed by Toftness, the radiation would be absorbed by surrounding tissues and would not be detectable at or above the body's surface [1].

In 1984, after winning a lengthy court battle initiated by the FDA, the Justice Department ordered chiropractors who still possessed a Toftness device to return it. The number of chiropractors still using the device is unclear, but 3.3% of American chiropractors who responded to a 1991 survey of the National Board of Chiropractic Examiners (NBCE) said they used Toftness techniques. Subsequent NCBE surveys found that 1.8% of Australian chiropractors, 2.2% of Canadian chiropractors, and 2.9% of New Zealand chiropractors reported using Toftness techniques.

Irwing Toftness is still held in high esteem in many chiropractic circles.

Yale UniversityのEdmund S. Celin, Phdは、この装置を米国FDAのためにテストし、ペテンであると結論した。彼は、69.5Ghzの電磁波は皮膚の1mmまでにしか到達しないが、脊髄神経は体の表面から5〜7.5cmのところにあると指摘した。たとえ、Toftnessが主張したとおりに、機能障害を起こした神経が微弱なエネルギーを放射するとしても、体組織で吸収され、体の表面では検出できない[1]。

米国FDAによって始められた長々しい法廷闘争の結果、1984年に司法省はToftnessの装置を章有しているカイロプラクターたちに対して、その返還を命じた。その後も、この装置を使用しているカイロプラクターの数は定かではないが、1991年のNational Board of Chiropractic Examiners (NBCE)による調査では、米国のカイロプラクターの3.3%がToftnessの装置を使っていると回答している。また、その後のNBCEによる調査で、1.8%のオーストラリアのカイロプラクター、2.2%のカナダのカイロプラクター、2.9%のニュージーランドのカイロプラクターがToftnessの装置を使っていることがわかっている。

Irwing Toftnessは今でも多くのカイロプラクターから高く評価されている。

[1] Crelin ES. Chiropractic. In Stalker D, Glymour C (eds). Examining Holistic Medicine. Prometheus Books, Amherst, NY, 1989.
[2] Christenson MG, Morgan DRD. Job Analysis of Chiropractic: A Report, Survey Analysis, and Summary of the Practice of Chiropractic within the United States. Greeley, CO: National Board of Chiropractic Examiners, 1993.

[George J Magner III: "The Toftness Radiation Detector Is A Fraud" (2002/04/09) on Quackwatch]
この記事がアップされてから10年近く、NBCEの調査から20年の時が流れている。これを使っているカイロプラクターはもうほとんどいないと思われる。


posted by Kumicit at 2011/10/13 01:15 | Comment(0) | TrackBack(0) | Quackery | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック