2006/08/31

アリゾナ州のローカル新聞はCoyne解任説を否定する記事を掲載

バチカン観測所の施設があるアリゾナ州のローカル新聞arizona daily starのDan Sorensonによる2006年8月29日付けの記事「Observatory exit not about evolution 」によれば:
The new director of the Vatican Observatory says the retirement of his predecessor after 28 years is simply that, and has nothing to do with the outgoing executive's public statements in support of evolution.

バチカン観測所の新所長は、前任者が28年の在任後に退任したのは、進化論支持の声明によるものでは、まったくないと語った。

A recent story in an English tabloid proclaimed that Coyne had been fired for his public criticism of Intelligent Design.

最近、英国のタブロイド紙がCoyneはインテリジェントデザイン批判により首になったと報じた。

In an e-mail statement sent to "friends" on an Internet mailing list, Funes said the rumors that Coyne was replaced because of his stance on Intelligent Design were "absolutely false." He said Coyne requested in May that church officials in Rome replace him.

Funesは友人たちのメーリングリストで、Coyneの交代がインテリジェントデザインが理由だというのはまったくの誤りだと書いた。Funesは、Coyneが5月にローマの教会に対して交代を要請していたと、言った。


さて、英国DailyMailとGurdianは、事象の連続からのCoyne解任を推測という形で記事を書き、これに対して米国の一部の新聞から、Funesの発言を基にこれを否定する記事が出ているという状況。


posted by Kumicit at 2006/08/31 14:46 | Comment(0) | TrackBack(0) | Vatican | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック