2011/11/25

Edzard Ernst on Bach flower

バッチフラワーレメディのレビューを行ったDr.Edzard Ernstの論文が昨年(2010)、Swiss Med Wklyに掲載されている。
[Ernst E.: Bach flower remedies: a systematic review of randomised clinical trials., Swiss Med Wkly. 2010 Aug 24;140:w13079. doi: 10.4414/smw.2010.13079.](full text]

Abstract

Bach flower remedies continue to be popular and its proponents make a range of medicinal claims for them. The aim of this systematic review was to critically evaluate the evidence for these claims. Five electronic databases were searched without restrictions on time or language. All randomised clinical trials of flower remedies were included. Seven such studies were located. All but one were placebo-controlled. All placebo-controlled trials failed to demonstrate efficacy. It is concluded that the most reliable clinical trials do not show any differences between flower remedies and placebos.

バッチフラワーはあいかわらず人気があり、支持者たちは幅広い治療効果を主張している。この系統的レビューの目的は、これらの主張の証拠を批判的に評価することでる。5のデータベースを言語指定せずに検索した。バッチフラワーに対して行われたランダム化臨床試験すべてをレビュー対象とした。7つの研究論文が見つかった。ひとつを除いて、すべてがプラセボ対照試験だった。プラセボ対照試験すべてが、有効性を証明できていなかった。もっとも信頼できる臨床試験は、バッチフラワーレメディとプラセボの違いを示していないと結論する。

17 Von Rühle G. Pilotstudie zur Anwendung von Bach-Blütenessenzen bei Erstgebärenden mit verlängerter Tragzeit. Erfahrungsheilkunde. 1995;44:854–60.
18 Armstrong NC, Ernst E. A randomised; double-blind; placebo-controlled trial of Bach Flower Remedy. Perfusion. 1999;11:440–6.
19 Walach H, Rilling C, Engelke U. Efficacy of Bach-flower remedies in test anxiety: A double-blind, placebo-controlled, randomized trial with partial crossover. J Anxiety Disord. 2001;15(4):359–66.
20 Pintov S, Hochman M, Livne A, Heyman E, Lahat E. Bach flower remedies used for attention deficit hyperactivity disorder in children – a prospective double blind controlled study. Eur J Paediatr Neurol. 2005;9(6):385–98.
21 Toyota S. The study of Bach flower remedies as premedication. J Intl Soc Life Info Sci. 2006;24(2):455–60.
22 Halberstein R, DeSantis L, Sirkin A, Padron-Fajardo V, Ojeda-Vaz M. Healing with Bachレジスタードマーク flower essences: testing a complementary therapy.Complement Health Pract Rev. 2007;12(1):3–14.
23 Forshaw MJ, Jones SJ. A test of the properties of a proprietary complementary remedy in conditions of temporary, induced, cognitive stress. Perfusion. 2010;22(4):7.
効果が証明されていないバッチフラワーレメディだが...
In most countries, flower remedies are marketed not as medicines but as food supplements. Therefore there is no legal requirement to demonstrate efficacy and no health claims are permitted. Yet there is an abundance of literature on flower remedies which does make such claims.

大半の国々では、バッチフラワーは医薬品ではなくサプリとして販売されている。したがって、効果を証明する法的義務はなく、治療効果の宣伝も禁じられている。しかし、治療効果を宣伝するバッチフラワー関連文献は大量にある。
...
When professional flower remedy organisations were asked for which indications they would recommend flower
remedies [26], they named the following conditions: anxiety/ stress, depression, general mental stress, lack of confidence, trauma (emotional and physical), cancer and HIV/AIDS. This systematic review shows that these claims are not based on evidence.

バッチフラワーレメディの専門組織に対して、バッチフラワーレメディをどんな症状に推奨するか尋ねたところ、不安/ストレス、鬱病、一般的な精神的ストレス、自信の欠如、トラウマ(精神的および身体的)、癌やHIV/AIDSを挙げてきた。この系統的レビューは、これらの主張が証拠に基づいていないことを示している。

26 Long L, Huntley A, Ernst E. Which complementary and alternative therapies benefit which conditions? A survey of the opinions of 223 professional organisations. Complementar Ther Med. 2001;9(3):178–85.
ホメオパシーの派生物であるバッチフラワーレメディは、法的扱いも、法規制など構うことなく宣伝されていることも、HIV/AIDSにも効果があると主張されることも、すべてホメオパシーと同じ。


posted by Kumicit at 2011/11/25 08:21 | Comment(0) | TrackBack(0) | Quackery | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。