2011/11/28

ウランガラス

"uranium glass"で検索すると緑色のグラスが多数でてくる。UraniumGlassGoogle.png
[Google Image -- uranium glass]これらの多くは、暗闇で紫外線をあてると、緑色の光を放つ。
Vaseline glass, like the candlestick holder shown here, is a term for the transparent yellow to yellow-green glass that owes its color to its uranium content. Purists might argue that the green sugar bowl in the picture should not be considered Vaseline glass because an additional colorant (probably iron) has been used in addition to the uranium to produce the green. These cognoscenti might describe it as "Depression Glass", a less desirable commodity.

ここのあるキャンドルホルダーのように、含まれるウランによって黄色もしくは黄緑色の透明なガラスをなワセリンガラスと呼ぶ。厳密には、画像の緑のシュガーボウルは、緑色をつくるためにウラン以外に別の成分(おそらく鉄)を使っているのでワセリンガラスと呼ぶべきでないと言う人もいる。そのような通な人々は、劣化ガラス、すなわち望ましくない商品と呼ぶかもしれない。

Vaseline glass is a recent term that probably dates from the 1950s. Uranium glass, an older and more general term, is sometimes used as a synonym for Vaseline glass, but this can lead to confusion because some types of glass colored with uranium (e.g., custard glass and Burmese glass) are opaque whereas Vaseline glass is transparent. Canary glass is an even older name that was first used in the 1840s to describe what is now referred to as Vaseline glass.

ワセリンガラスはおそらく1950年代にまで遡る最近の用語である。古くから広く使われているウランガラスが、ワセリンガラスの同義語といて使われる。しかし、ワセリンガラスが透明なのに対して、(カスタードガラスやビルマガラスなど)ウランで着色されたガラスのなかには、不透明なものがあり、混乱を招くかもしれない。カナリーグラスは、より古く1840年代から使われている用語で、現在はワセリンガラスと呼ばれるものを指す。

vaseline2.jpg

vaselineuv.jpg

Buckley et al (1980) estimated that there were at least 4,160,000 pieces of decorative uranium glass produced in the US between 1958 and 1978 and 15,000 drinking glasses from 1968 to 1972.

The uranium content of Vaseline glass is often on the order of 2 % by weight. Nevertheless, the uranium content of some glass manufactured in the early 1900s, reached as high as 25 %.

Buckley et al (1980)は、1958〜1978年に米国では装飾用ウランガラスが少なくとも、416万個、1968〜1972年には飲用グラスが1万5000個生産されたと推定している。

ワセリンガラスのウラン含有量は重量比2%程度である。しかし、1900年代初頭に製造されたもののなかには、ウラン含有量は、25%にも達するものもある。

Buckley et al. Environmental Assessment of Consumer Products Containing Radioactive Material. Nuclear Regulatory Commission. NUREG/CR-1775. 1980.

[Vaseline and Uranium Glass (ca. 1930s) on ORAU]
放射線量はバックグラウンドレベルより一桁以上小さなもので、特に問題はない。

さまざまな製品があり、いまでも製造されているようである。

これらの中で、ちょっとそそられるのが、この実用性はなさそうだが、手作りのインテリアなキーボード。:
UG_Keyboard.jpg
[Steven Klein / Dovetail Designs Custom and Studio Furniture]
価格は記載されていないが、芸術品なので、かなり高そう。
posted by Kumicit at 2011/11/28 07:57 | Comment(0) | TrackBack(0) | Others | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。