2011/12/03

デバンキングハンドブック(3/6) オーバーキルバックファイアー効果

[Cook, J., Lewandowsky, S. (2011), The Debunking Handbook. St. Lucia, Australia: University of Queensland. November 5. ISBN 978-0-646-56812-6.]

The Overkill Backfire Effect
オーバーキルバックファイアー効果


One principle that science communicators often fail to follow is making their content easy to process. That means easy to read, easy to understand and succinct. Information that is easy to process is more likely to be accepted as true.[7] Merely enhancing the colour contrast of a printed font so it is easier to read, for example, can increase people’s acceptance of the truth of a statement.[9]

サイエンスコミュニケータが頻繁に守れない一つの原則が、処理しやすいコンテンツを作ることである。これは、読みやすく、理解しやすく、簡潔という意味である。処理しやすい情報は、より真実として受け入れられやすい。たとえば、フォントのカラーコントラストを強調するだけでも読みやすくなり、記述を真実として受け入れる人々が多くなる。

Common wisdom is that the more counterarguments you provide, the more successful you’ll be in debunking a myth. It turns out that the opposite can be true. When it comes to refuting misinformation, less can be more. Debunks that offered three arguments, for example, are more successful in reducing the influence of misinformation, compared to debunks that offered twelve arguments which ended up reinforcing the myth.[7]

共通的知恵として、あなたが提示する対抗理論が多いほど、誤情報のデバンクが成功するというものがある。しかし、その逆が正しいこともあることがわかっている。誤情報に反論するとき、量が少ない方が効果的である。たとえば、3つの論を提示するデバンクは誤情報の影響を減らすことに成功しやすいが、12の論を提示するデバンクは誤情報を強化する結果に終わる。

DBH04.png

The Overkill Backfire Effect occurs because processing many arguments takes more effort than just considering a few. A simple myth is more cognitively attractive than an over-complicated correction.

オーバーキルバックファイアー効果が起きるのは、多くの論を処理するには、少ない論を処理するよりも手間がかかるからである。単純な誤情報は、過剰に複雑な訂正情報よりも認知的に魅力的である。

The solution is to keep your content lean, mean and easy to read. Making your content easy to process means using every tool available. Use simple language, short sentences, subheadings and paragraphs. Avoid dramatic language and derogatory comments that alienate people. Stick to the facts.

この効果に対する解決策は、コンテンツを簡潔で読みやすいものにすることだ。処理しやすいコンテンツを作るには、可能なツールすべてを使う。簡単な言葉、短い文、小見出しと段落。劇的な言葉や人々を遠ざけるような軽蔑的コメントは使ってはならない。事実にこだわること。

End on a strong and simple message that people will remember and tweet to their friends, such as “97 out of 100 climate scientists agree that humans are causing global warning”; or “Study shows that MMR vaccines are safe.” Use graphics wherever possible to illustrate your points.

「気候科学者100人中97人が人間が地球温暖化を起こしていることに同意している」あるいは「研究によりMMRワクチンが安全であることが示された」といった、人々が記憶し、友人にツイートするような、強くて単純なメッセ―ジで終わること。主張したい点を説明するため使えるなら、図を使うこと。

Scientists have long followed the principles of the Information Deficit Model, which suggests that people hold erroneous views because they don’t have all the information. But too much information can backfire. Adhere instead to the KISS principle: Keep It Simple, Stupid!

科学者たちは長きにわたって情報の欠如モデルの原則に従ってきた。これは「人々がすべての情報を知っているわけではないから、誤った見方をするのだ」ということを意味する。しかし、過剰な情報は逆効果である。そうではなくて、KISS原則に従うこと。すなわち、単純にしておけ!!

A simple myth is more cognitively attractive than an overcomplicated correction
単純な誤情報は、過剰に複雑な訂正情報よりも、認知的に魅力的である。


DBH05.png
ケーキを用意して食べる

単純なレベルで書くと、伝えたい概念の複雑さやニュアンスが失われるおそれがある。Skeptical Scienceでは、複数レベルの反論を書くことで両立させている。初級レベルでは、短い平易な英文を書き、単純な図を使う。より専門的に中級および上級レベルでは、より専門的な言葉や詳細な説明を書く。下のアイコンは、反論の専門レベルを示すために使っている。
●初級レベル:過去数十年、太陽活動と気候は逆方向に変化している。


[7] Schwarz, N., Sanna, L., Skurnik, I., & Yoon, C. (2007). Metacognitive experiences and the intricacies of setting people straight:Implications for debiasing and public information campaigns. Advances in Experimental Social Psychology, 39, 127-161.
[8] Nyhan, B., & Reifler, J. (2010). When Corrections Fail: The Persistence of Political Misperceptions. Political Behavior, 32, 303-330.
[9] Reber, R., Schwarz, N. (1999). Effects of Perceptual Fluency on Judgments of Truth, Consciousness and Cognition, 8, 338-3426.

つづく...


デバンキングハンドブック:
posted by Kumicit at 2011/12/03 23:08 | Comment(1) | TrackBack(0) | ID: General | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
Having your cake and eating it tooについて、「無理なことを同時に行う=両立は無理」と解釈出来ないでしょうか?その根拠は以下の通です。
"have your cake and eat it (too)" in British English:
to have or do two good things at the same time that are impossible to have or do at the same time:
You can't have your cake and eat it - if you want more local services, you can't expect to pay less tax.
(Definition of “have your cake and eat it (too)” from the Cambridge Advanced Learner’s Dictionary & Thesaurus c Cambridge University Press):
Posted by 名も無き忘却からの帰還者 at 2016/08/23 21:33
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/238510894
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック