2011/12/04

デバンキングハンドブック(5/6) 代わりになる説明で隙間を埋める

[Cook, J., Lewandowsky, S. (2011), The Debunking Handbook. St. Lucia, Australia: University of Queensland. November 5. ISBN 978-0-646-56812-6.]

Filling the gap with an alternative explanation
代わりになる説明で隙間を埋める


Assuming you successfully negotiate the various backfire effects, what is the most effective way to debunk a myth? The challenge is that once misinformation gets into a person’s mind, it’s very difficult to remove. This is the case even when people remember and accept a correction.

さまざまなバックファイアー効果にうまく折り合いをつけたとすると、もっとも効果的な誤情報デバンクの方法は何だろうか? 問題は、人の心に一度入り込んだ誤情報を削除するのは非常に困難だということである。人々が訂正情報を覚えていて、それを受け入れている場合でも同様に困難である。

This was demonstrated in an experiment in which people read a fictitious account of a warehouse fire.[15],[16],[3] Mention was made of paint and gas cans along with explosions. Later in the story, it was clarified that paint and cans were not present at the fire. Even when people remembered and accepted this correction, they still cited the paint or cans when asked questions about the fire. When asked, “Why do you think there was so much smoke?”, people routinely invoked the oil paint despite having just acknowledged it as not being present.

これは、被験者に架空の倉庫火災の記事を読ませる実験で実証された。その架空記事は、爆発とともに塗料とガス缶に言及していた。その記事の後の方には、火災のときは塗料とガス缶はなかったことが明らかになったと書かれていた。被験者たちは、この訂正情報を覚えていても、火災について質問されると、塗料とガス缶について言及した。「大量に煙が出た理由はなんだと思いますか?」と質問されると、被験者たちは、火災の時になかったことを知っていて、なおかつ油性塗料を理由に挙げた。

When people hear misinformation, they build a mental model, with the myth providing an explanation. When the myth is debunked, a gap is left in their mental model. To deal with this dilemma, people prefer an incorrect model over an incomplete model. In the absence of a better explanation, they opt for the wrong explanation.[17]

人々は誤情報を聞くと、誤情報が与える説明とともにメンタルモデルを構築する。誤情報がデバンクされると、メンタルモデル上では、そこが隙間のままになる。このジレンマに対処するために、人々は不完全なモデルよりも、間違ったモデルを選好する。より良い説明が存在しないと、人々は間違った説明を選択する。

In the warehouse fire experiment, when an alternative explanation involving lighter fluid and accelerant was provided, people were less likely to cite the paint and gas cans when queried about the fire. The most effective way to reduce the effect of misinformation is to provide an alternative explanation for the events covered by the misinformation.

倉庫火災実験では、ライターオイルと促進剤を含む、代わりとなる説明を加えると、塗料とガス缶に言及する被験者は少なくなった。誤情報の影響を最も効果的に削減する方法は、誤情報がカバーしていた現象について、代わりとなる説明を提示することである。

DBH06.png

This strategy is illustrated particularly clearly in fictional murder trials. Accusing an alternative suspect greatly reduced the number of guilty verdicts from participants who acted as jurors, compared to defences that merely explained why the defendant wasn’t guilty.[18]

この戦略は、架空の殺人事件の裁判では特に明確に示された。別の容疑者を非難すると、単に被告が無罪である理由を説明した弁護よりも、陪審員を務めた被験者で有罪と判断する者の数が少なくなった。

For the alternative to be accepted, it must be plausible and explain all observed features of the event.[19],[15] When you debunk a myth, you create a gap in the person’s mind. To be effective, your debunking must fill that gap.

代わりとなる説明が受け入れられるためには、その説明が、観察された事項すべてを尤もらしく説明している必要がある。誤情報をデバンクしたとき、人々の心に隙間をつくってしまう。デバンクが効果を発揮するためには、デバンキングでその隙間を埋めなければならない。

One gap that may require filling is explaining why the myth is wrong. This can be achieved by exposing the rhetorical techniques used to misinform. A handy reference of techniques common to many movements that deny a scientific consensus is found in Denialism: what is it and how should scientists respond?[20] The techniques include cherry picking, conspiracy theories and fake experts. Another alternative narrative might be to explain why the misinformer promoted the myth. Arousing suspicion of the source of misinformation has been shown to further reduce the influence of misinformation.[21],[22]

埋める必要があると思われる隙間のひとつに、誤情報が誤りである理由の説明がある。これは誤情報を広めるために使われたレトリックをあばくことで実現可能である。科学的混戦さ鵜を否定する多くの運動で共通して見られるテクニックは、否定論に見られる。否定論とは何か、そして科学者はこれにどう対処すべきか? 否定論に用いられるテクニックは、チェリーピッキング(証拠の選択的提示)と陰謀論とニセの専門家である。これ以外の方法としては、誤情報を宣伝する誤情報屋の動機を説明することである。誤情報の情報源の疑わしさを喚起することで、誤情報の影響をより削減できる。

Another key element to effective rebuttal is using an explicit warning (“watch out, you might be misled”) before mentioning the myth. Experimentation with different rebuttal structures found the most effective combination included an alternative explanation and an explicit warning.[17]

効果的な反論に別の重要な要素は、誤情報に言及する前に明示的な警告を(「注意してください。誤解する可能性があります」)を使用することである。違った反論の構成を使った実験で、「代わりとなる説明」と「明示的な警告」の組合わせが最も効果的であることがわかっている。

Graphics are also an important part of the debunker’s toolbox and are significantly more effective than text in reducing misconceptions. When people read a refutation that conflicts with their beliefs, they seize on ambiguities to construct an alternative interpretation. Graphics provide more clarity and less opportunity for misinterpretation. When self-identified Republicans were surveyed about their global warming beliefs, a significantly greater number accepted global warming when shown a graph of temperature trends compared to those who were given a written description.[13]

図はデバンカーの道具として重要な部分であり、誤解を減らす際に、文章よりも非常に効果的である。人々は自分の信念と矛盾する反論を読んだとき、別の解釈を構築するために曖昧さを利用する。図は、より明瞭な表現を提供し、誤解の可能性を減らす。地球温暖化の信条についての調査で、気温のトレンドグ​​ラフを示された、共和党支持お自己申告した人々は、文章記述だけを与えられるより、はるかに多くの割合で、地球温暖化を受け入れた。

Another survey found that when shown data points representing surface temperature, people correctly judged a warming trend irrespective of their views towards global warming.[23] If your content can be expressed visually, always opt for a graphic in your debunking.

別の調査では、地表気温のデータポイントを示されると、地球温暖化についての信条とは関係なく、被験者たちは、正しく温暖化トレンドを指摘できた。コンテンツをビジュアルに表現できるなら、デバンキングでは図を使うべきだ。


あなたが神話を暴くときには、人の心の隙間を作成します。効果的であるために、あなたの暴くはそのギャップを埋める必要があります。

When you debunk a myth, you create a gap in the person’s mind. To be effective, your debunking must fill that gap.
誤情報をデバンクすると、人々の心に隙間を作ることになる。効果的にデバンクするには、その隙間を埋める必要がある。


13. Nyhan, B., & Reifler, J. (2011). Opening the Political Mind? The effects of self-affirmation and graphical information on factual misperceptions. In press.
14. Hardisty, D. J., Johnson, E. J. & Weber, E. U. (1999). A Dirty Word or a Dirty World?: Attribute Framing, Political Affiliation, and Query Theory, Psychological Science, 21, 86-92
15. Seifert, C. M. (2002). The continued influence of misinformation in memory: What makes a correction effective? The Psychology of Learning and Motivation, 41, 265-292.
16. Wilkes, A. L.; Leatherbarrow, M. (1988). Editing episodic memory following the identification of error, The Quarterly Journal of Experimental Psychology A: Human Experimental Psychology, 40A, 361-387.
17. Ecker, U. K., Lewandowsky, S., & Tang, D. T. (2011). Explicit warnings reduce but do not eliminate the continued influence of misinformation. Memory & Cognition, 38, 1087-1100.
18. Tenney, E. R., Cleary, H. M., & Spellman, B. A. (2009). Unpacking the doubt in “Beyond a reasonable doubt:” Plausible alternative stories increase not guilty verdicts. Basic and Applied Social Psychology, 31, 1-8.
19. Rapp, D. N., & Kendeou, P. (2007). Revising what readers know: Updating text representations during narrative comprehension. Memory & Cognition, 35, 2019-2032.
20. Diethelm, P., & McKee, M. (2009). Denialism: what is it and how should scientists respond? European Journal of Public Health, 19, 2-4.
21. Lewandowsky, S., Stritzke, W. G., Oberauer, K., & Morales, M. (2005). Memory for fact, fiction and misinformation: The Iraq War 2003. Psychological Science, 16, 190-195.
22. Lewandowsky, S., & Stritzke, W. G. K., Oberauer, K., & Morales, M. (2009). Misinformation and the ‘War on Terror’: When memory turns fiction into fact. In W. G. K. Stritzke, S. Lewandowsky, D. Denemark, J. Clare, & F. Morgan (Eds.), Terrorism and torture: An interdisciplinary perspective (pp. 179-203). Cambridge, UK: Cambridge University Press.
23. Lewandowsky, S. (2011). Popular consensus: Climate change set to continue. Psychological Science, 22, 460-463.

つづく...

デバンキングハンドブック:
posted by Kumicit at 2011/12/04 10:26 | Comment(0) | TrackBack(0) | ID: General | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。