2006/09/20

"Appeal to Nature"メモ

"God of the gaps"[wiki]とか、"Argument from ignorance"[wiki]とか、"Argument from incredulity"[claims]といったインテリジェントデザインと創造論でよく見られる詭弁ばかり見ていると、そのような詭弁を意図的にも、天然でも自分では使いそうな気がしない。

これに対して、Kumicitは、意図的には使っていないつもりだが、天然で使ってしまっているかもしれないな詭弁が"Appeal to Nature"である。"自然主義の誤謬"と呼ばれることもあるが、本来の"自然主義の誤謬(Naturalistic fallacy)"とは定義が異なる。

ということで、wiki:Appeal to Natureを見てみる:
Appeal to nature is a simplified type of naturalistic fallacy in argument form. An appeal to nature fallacy consists of a claim that something is good or right because it is natural, or that something is bad or wrong because it is unnatural. In this type of fallacy nature is often implied as an ideal or desired state of being, a state of how things were, should be, or are: in this sense an appeal to nature may resemble an appeal to tradition.

"Appeal to nature"は自然主義の誤謬の議論形式の単純化されたタイプである。"Appeal to nature"詭弁は、あることが自然であるから、良いあるいは正しい、あるいは不自然であるから、悪いあるいは間違いだと主張から構成される。このタイプの詭弁では、自然は理想的もしくは望ましい状態、ものごとのかつての有り様、あるべき姿、などを意味する。この意味で、"Appeal to nature"は"Appeal to tradition"に似ているかもしれない。

Several problems exist with this type of argument that makes it a fallacy. First of all the word "natural" is often a loaded term, usually unconsciously equated with normality, and its use in many cases is simply a form of bias. Second, "nature" and "natural" have vague definitions and thus the claim that something is natural may not be correct by every definition of the term natural; a good example would be the claim of all-natural foods, such as "all-natural" wheat, the claimed wheat though is usually a hybridised plant that has been bred by artificial selection. Lastly, the argument can quickly be invalidated by a counter-argument that demonstrates something that is natural that has undesirable properties (for example ageing, illness, and death are natural), or something that is unnatural that has desirable properties (for example, many modern medicines are not found in nature, yet have saved countless lives).

このタイプの議論には詭弁化させる幾つかの問題が存在している。まず第1に、"自然な"という単語は感情的意味合いの強い単語であり、ふつう無意識に正常さと同等視される。そして、その用法は多くの場合は、バイアスのかかった形である。第2に、"自然"と"自然な"はあいまいな定義であり、従って、あることが自然であるという主張は、"自然な"という単語のどの定義でも正しいことにならないかもしれない。これの例は、全自然小麦のような完全自然食品という主張である。ふつう、そう主張された小麦は人為選択によって育てられた交配種である。最後に、この議論は、老化や病気や死が自然であるという、自然なものが望ましくない性質を持っているという対抗議論や、自然には存在しない現代薬品が数知れない生命を救ってきたという、不自然なものが望ましい性質を持っているという対抗議論によって、無効化される。

Generic forms of an appeal to nature are:("Appeasl to nature"の一般形式は)

"X is Y because it is natural." (Y being a desirable property) "X is Z because it is unnatural." (Z being an undesirable property) Or simply when a desirable or undesirable property is implied:

"それは自然なので、XはYである"(Yは望ましい性質)。 "それは不自然なので、XはZである"(Zは望ましくない性質)。 あるいは望ましい、あるいは望ましくない性質が含意されている。

"X is natural."  (Xは自然である)
"X is unnatural." (Xは不自然である)

この"Appeal to natire"は、"Naturalistic Fallacy"(自然主義の誤謬)と混同されることがある。wiki:Naturalistic Fallacyによれば:
The naturalistic fallacy is an alleged logical fallacy, described by British philosopher G.E. Moore in Principia Ethica (1903). Moore stated that a naturalistic fallacy was committed whenever a philosopher attempts to prove a claim about ethics by appealing to a definition of the term "good" in terms of one or more natural properties (such as "pleasant", "more evolved", "desired", etc.).

The naturalistic fallacy is related to, and often confused with, the is-ought problem (as formulated by, for example, David Hume). As a result, the term is sometimes used loosely to describe arguments that claim to draw ethical conclusions from natural facts.

Alternately, the phrase "naturalistic fallacy" is used to refer to the claim that what is natural is inherently good or right, and that what is unnatural is bad or wrong (see "Appeal to nature").

自然主義の誤謬は、英国の哲学者G.E. Mooreが"Principica Ethica"[1903]で記述した、主張された論理の誤りである。Mooreは、良いとか、より進化したとか、望まれたとかのいくつかの自然の性質の用語の見地から、"良い"という言葉の定義に訴えて、哲学者が、ある主張を証明しようとするときは常に、関わってしまうのが自然主義の誤謬だとMooreは書いた。

自然主義の誤謬は、David Humeが定式化した"is-ought problem"と関連していて、混同されることが多い。結果として、この用語は、自然界の事実から倫理的結論を描くと主張する議論をゆるく記述するために時々使われる。

"自然主義の誤謬"というフレーズは、自然なものは本質的に良くか正しい、不自然なものは悪いか誤りだという主張を指して使われることがある。
また、スコットランドの哲学者David Humeの"Is-ought problem"とも混同されるらしい[wiki:Is-ought problem]。


なお"Appeal to Nature"の事例は、雨崎良未さん@[ EP: end-point 科学に佇む心と身体Pt.2]進化研究と社会用語集にある「 自然主義の誤謬(ごびゅう) naturalistic fallacy 」が詳しい。



posted by Kumicit at 2006/09/20 08:52 | Comment(0) | TrackBack(0) | Others | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック