2011/12/14

ありがちな光景

豪州の新聞The Ageの意見欄にRanjana Srivastavaという腫瘍専門医が書いた、ありがちな風景「患者は『私に失うものがありますか?』と言って代替治療師のもとへ行ってしまったが載っていた
A woman who wants to see an alternative healer asks: ''What have I got to lose anyway?''

She has newly diagnosed cancer and while discussing chemotherapy, she expresses her very real concerns of toxicity; I reassure her that though it will not be an easy road, she will have care that is comparable with the best in the world.

''How can you be absolutely sure chemo works?'' I can't be, I admit, but my recommendation is guided by the best available scientific evidence coupled with experience.

''So, really, this whole thing could be a complete waste of time and you have no idea about my future,'' she challenges.

''How would you like me to help you?'' I respond.

ある女性が代替治療師に会いたがっていて、こんなことを質問した。「私に失うものがありますか?」

彼女は新たに癌だと診断され、化学療法について話をして、彼女はその有害性について、深く憂慮していた。私は「容易な道ではないが、世界最善の両方と同等の治療を受けられる」と保証した。

「化学療法が確実に効くと言えるのですか?」私はできないと認めたが、最高の科学的証拠と経験から導かれた推奨だと述べた。

「これすべてが時間のムダになるかもしれず、あなたには私の未来について何の考えもないのですね」と彼女は言った。

「どうしてほしいのですか?」と私は応えた。

It all comes out then. She has consulted two other oncologists who have both suggested chemotherapy. But a friend of a friend knows a traditional healer who guarantees a cure for any cancer. He has had ''phenomenal'' success on people that the medical profession long gave up on.

''And the best thing is, it's all natural, it doesn't mess with your system . . . what I am saying is that this healer can cure me. All I get from you doctors is how serious and depressing things are. Can you convince me that your treatment is better?''

Prescribing chemotherapy is not a sales pitch, I silently protest. Nevertheless, it doesn't take long for us to agree that my measured tone is simply no match for the healer's ringing optimism. In fact, my pedantic delivery of anticipated side effects, the complicated logistics of treatment, and the difficulty of prognosticating exactly how she will fare sounds downright tedious compared with the promise of lifelong freedom from the spectre of cancer.

All this, and the observation that cure is as rare a word in the oncologist's vocabulary as doubt is in the healer's, cements the patient's scorn for my recommendation.

''What have I got to lose anyway?'' she repeats as she leaves, clearly annoyed that I won't endorse her decision.

それがすべてだった。彼女はほかに二人の腫瘍専門医に相談したが、いずれも化学療法を推奨した。しかし、友だちの友だちが伝統的な治療師を知っていて、その治療師はいかなる癌も治癒できると保証していた。彼は、医師が投げ出した人々に対して、驚異的な成功を収めていた。

「そして最も良いことは、すべてが自然だということです。あなたのシステムを混乱させない。私が言っていることは、この治療師は私を治癒できるということ。医師たちにできることはすべてを悪化させ、気を滅入らせるだけです。あなたの現在の治療法がより良いものだと私に納得させられますか?」

「化学療法の利用はセールストークではない」と私は静かに応じた。しかしすぐに、私の慎重な物言いは、代替治療師の鳴り響く楽観に及ばないことに、彼女も私も気付いた。予期される副作用や治療の複雑な手順や治療効果の予測の困難性などの衒学的な説明は、生涯にわたり癌から解放されるという代替治療師の約束の前には、実に退屈に聞こえる。

すべてはこれ。治癒という単語は腫瘍専門医の発言にはほとんど見られないのと同程度に、疑いという単語は代替治療師の発言には見られない。

「私に失うものがあるでしょうか?」去り際に彼女はその言葉を繰り返した。私が彼女の決断を支持しないことにイラつきながら。

[Ranjana Srivastava:We all lose when 'healers' take everything from the sick" (2011/12/13) on theage.comu.au]
失うものはないという患者だったが、多くのものを失ったという:
As it turns out, a lot. Within months, she loses her home, savings, and the support of her children. When she is desperate, a niece gives her shelter before bringing her to hospital. Malnourished, angry and disillusioned, the patient dies alone from untreated cancer.

This is not an advertisement for chemotherapy. It is a plea to take precautions against some of the most predatory forms of alternative therapy.

結局、多く失うものがあった。数か月のうちに、彼女は家と貯蓄と子供たちの支えを失った。死期が迫ると、姪は病院に連れて行く前に避難場所を用意した。栄養失調と怒りと幻滅のなかで、患者はひとり未治療の癌で死亡した。

これは化学療法の宣伝ではない。代替医療のなかでも最強の収奪者たちについての注意喚起である。
通常医療を信用しないとしても、収奪者であるか否かの識別は必要だというお話。
タグ:Quackery
posted by Kumicit at 2011/12/14 22:58 | Comment(0) | TrackBack(1) | Quackery | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック

失うものは
Excerpt:  根治不能のガンに冒されたからと言って、標準医療に意味がないわけではありません。化学療法は根治的医療とは言えないかも知れませんが、延命効果はあります。また、ガンによる疼...
Weblog: 医療報道を斬る
Tracked: 2011-12-23 09:57