2011/12/29

民主・共和支持者間の差が少し狭まった地球温暖化についての世論調査結果

PEW Researchによる地球温暖化についての定例世論調査の結果が出ている:
[Pew Research Center. Nov. 9-14, 2011.] N=2,001 adults nationwide. Margin of error ± 3

"From what you've read and heard, is there solid evidence that the average temperature on earth has been getting warmer over the past few decades, or not?" If yes: "Do you believe that the earth is getting warmer mostly because of human activity such as burning fossil fuels, OR, mostly because of natural patterns in the earth's environment?" Options rotated

Poll_GW_PEW_201111.png
温暖化否定に傾いた2009/9/30-10/4は、Climategate (2009/11/09)のちょっと前。その後は、次第にそれ以前の傾向へとゆっくりもどっていきつつある。

また、2009年時点では共和党支持者と民主党支持者の乖離が大きくなっていたが、その差は小さくなってきている。
[Modest Rise in Number Saying There Is 'Solid Evidence' of Global Warming (2011/12/01) on PEW]
Poll_GW_PEW_201111b.png
ここのところ、科学・環境方面では共和党支持者と民主党支持者はもはや意見の一致を見ない方向に走っている状態だったが、ちょっと傾向が変わってきたのかな?


posted by Kumicit at 2011/12/29 01:41 | Comment(0) | TrackBack(0) | News | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック