2011/12/31

安い代替医療にはまる米軍


2008年にペンタゴンが効果のない代替医療に税金を使っているという報道があった。
[Noah Shachtman: "Army’s New PTSD Treatments: Yoga, Reiki, ‘Bioenergy’" (2008/0/25) on WIRED]

As many as 17 percent of Iraq and Afghanistan veterans have some form of post-traumatic stress disorder, or PTSD, one congressional study estimates. Nearly 3,300 troops have suffered traumatic brain injury, or TBI, according to statistics assembled last summer. And the lifetime costs of treating these ailments could pile up to as much as $35 billion, a Columbia University report guesses.

Small wonder, then, that the government is looking for alternate means to treat these injuries. The Defense Department "is dedicated to supporting evidence-based approaches to medical treatment and wants to support the use of alternative therapies if they are proven efficacious," notes a recently-issued request for proposals.

But many of these treatments haven’t been held up to much rigorous scientific scrutiny before. So the Army is looking to hand out $4 million in "seedling grants" to "conduc[t] rigorous clinical studies" into all sorts of "novel approaches." Projects "containing preliminary data" will be eligible for up to $1 million. But even "innovative but testable hypotheses without preliminary data" could get as much as $300,000. Proposals are due May 15.

議会調査報告のひつとによれば、イラク及びアフガニスタンに派遣され、その後、退役した人々のうち最大で17%が、何らかの形でPTSDになっていると推定されている。昨年(2008)の統計調査によれば、3300名近い将兵たちが、トラウマによる脳へのダメージ(TBI)を被っている。これらの治療の生涯コストは最大350億ドルになると、Columbia Univerisityの報告は推定している。

これらの症状を治療する代替手段を政府が模索するのは不思議ではないだろう。国防総省は「医療への科学的根拠に基づいたアプローチを支援するため、それらが効果的と証明されている場合には代替療法の使用をサポートする」というRFPを最近(2008)出した。

しかし、これらの治療法の多くについて厳密な科学的調査は行われていない。そこで米国陸軍は、あらゆる種類の新規なアプローチに対して、厳密な臨床研究を行うために400万ドルの研究資金を用意した。初期結果の出ているプロジェクトだと、最大100万ドルの研究資金援助を受ける資格がある。初期結果のない、革新的かつ検証可能な仮説だと、最大30万ドルの研究資金援助を受ける資格がある。RFPに対する提案書の提出締切は2008/05/15である。
米軍は代替医療にムダ金を使うだけでなく、戦場で代替医療を使っている。

米国空軍は痛みの緩和に「戦場鍼」を使っている。
[Noah Shachtman: "Air Force to Use ‘Battlefield Acupuncture’ for Pain Relief" (2008/12/11) on WIRED]

"The Air Force will begin teaching ‘battlefield acupuncture‘ early next year to physicians deploying to Iraq and Afghanistan," reports the Baltimore Sun’s David Wood. "The initiative marks the first high-level endorsement of acupuncture by the traditionally conservative military medical community, officials said."

2009年にイラク及びアフガニスタンに派遣される軍医に対して、空軍は「戦場鍼」の教育を始めたとBaltimore SunのDavid Woodが報道した。「伝統的保守な軍医コミュニティが初めてハイレベルで鍼を推奨したと当局が述べた。」
Using tiny needles that barely penetrate the skin of a patient’s ear, Air Force doctors here say they can interrupt pain signals going to the brain … reliev[ing] even unbearable pain for days at a time….

"This is one of the fastest pain attenuators in existence − the pain can be gone in five minutes," said Col. Richard Niemtzow, a physician, acupuncturist and senior adviser to the Air Force surgeon general.

米国空軍の軍医たちは「細い針を患者の耳に刺すことで、脳に伝達される痛みの信号を遮断し、何日も続いている耐え難い痛みも治療できる」と言っている。

医師で鍼治療師で空軍軍医総監の上級アドバイザであるRichard Niemtzow空軍大佐は「これは実在する痛みの治療法の中で最速のものの一つである。痛みは5分以内に消える」と述べた。

Niemtzow, an oncologist, also sees acupuncture as a way to treat obesity and macular degeneration. 

Niemtzow空軍大佐は腫瘍医師でもあり、肥満や黄斑変性症も鍼で治ると言っている。
これらは軍であるが故に問題である。戦場においては、傷病兵は医療の種類を自由に選択できるわけではない。また、退役軍人のPTSD治療にしても、軍が提供する治療を拒否して、自費で通常治療を受けるという選択は銭的にしずらい。

で、WIREDのKatie Drummondの記事 (2011/12/23)ForbeのSteven Salzbergの記事 (2011/12/30)によれば、この状況は2011年末に至っても何ら変わっていない。


タグ:Quackery
posted by Kumicit at 2011/12/31 17:08 | Comment(0) | TrackBack(0) | Quackery | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。