2006/09/29

ID支持なミシガン州知事候補DeVosをめぐる嵐は継続中...

米国ミシガン州の共和党知事候補Dick DeVosのインテリジェントデザイン支持をめぐる批判の嵐は継続中...

ミシガン州の地方紙mlive.com everything michiganの2006年8月28日付けの記事「Creationism class stance by DeVos is disappointing 」で次のように経緯を報じた:
Intelligent design's advocates argue that a higher power is at least partly responsible for the origin of life on earth, in all its complexity. It was probably inevitable that the creationism debate would come to the fore in this campaign.

そのすべての複雑さにおいて、地球上の生命の起源について、少なくとも高次の力が何らかの役割を果たしたと、インテリジェントデザイン支持者は論じる。創造論についての論争が、この選挙キャンペーンの前面に来ることは、おそらく必然のことだった。

That's because DeVos has strong and long-standing ties to the Christian Right political movement. Thus, it was only to be expected that he would ultimately go on record to champion a cherished but hitherto unattainable cause for many of the fundamentalist persuasion.

それは、DeVosがキリスト教右派の政治運動と、強い長年の関係があるからだ。従って、彼は、多くの原理主義者の信条について、心にいだくも、達成できない理由を支持を、最終的に表明することは予想されていた。

Until last week, however, DeVos had kept the creationism card close to his vest.
しかし、先週までは、Devosは創造論カードをポケットにしまっていた。

For instance, when he appeared before the Muskegon Economic Forum earlier this year, DeVos was asked, in effect, if he would support the teaching of any form of creationism in Michigan's classrooms. He refused to take the question, saying he needed time to formulate an appropriate response.

たとえば、彼が今年始めMuskegon Economic Forumの前に、彼がミシガン州の理科の授業で創造論を教えることを支持するか質問された。彼は答えるのを拒否して、適切な反応を明確に述べる時間を必要とすると言った。

We would have wished he had used the intervening months to articulate a different response than the one he gave to an Associated Press reporter in an interview last week. Now, DeVos says he wants to see the teaching of "intelligent design" in classrooms if districts chose to include that subject matter in the curriculum.

先週インタビューにおいて彼がAssiciated Pressのレポーターに答えたものとあ、異なる返答を明瞭に表現するように"the intervening months"を使ってほしいと求めた。現在、DeVosは校区がカリキュラムに含めることを選択するなら、インテリジェントデザインを教えるのを見てみたいと言っている。

Later, his campaign complained about the "inaccurate" AP story and released this statement from the candidate:
"I've always believed that our children should be provided with more information, not less. Lots of intelligent people can disagree about the origins of life. In the end, I believe in our system of local control. Local school boards should have the opportunity to offer evolution and intelligent design in their classrooms."

その後、彼の選挙運動はAssociated Pressの報道が不正確だと批判し、この声明を出した。
「私は、より、我々の子供たちが詳細な情報を備えていなければならないと常に思っていました。たくさんの知的な人々は、生物の起源について一致することができません。結局は、私は地方自治の我々のシステムを信じます。地元の教育委員会には、進化と彼らの教室の知的な目的を提供する機会がなければなりません。」

そして、手紙の洪水状態:
Letters alert 手紙警報

The tide is rising -- for letters.
潮流は大きくなっている ― 手紙のために。

A large number, having been received in our offices recently, has triggered this alert for the popular "As Readers See It" column.

Until the election, we expect a steady flood of reader opinions, necessitating this warning to be brief, to the point and not to wait until the last minute to have your say.


他にもDeVosを批判するトーンの報道は多く出ている。たとえば:Creep of the Week: Dick DeVos (By D'Anne Witkowski)など。

読者投稿などの形で、Dick DeVos支持な文面を掲載する例も見られるが(There's no reason why school can't include intelligent design)、支持トーンな記事は見られない。


posted by Kumicit at 2006/09/29 10:01 | Comment(0) | TrackBack(0) | News | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。