2012/01/16

メモ「コルドバ司教のUNESCO陰謀論」

[AURORA MUÑOZ LARA: "Abortion a bigger problem than joblessness, says Catholic Church" (2012/01/01) on ELPAIS]

The Spanish Catholic Church is also concerned about homosexuality. During his Boxing Day sermon, the Bishop of Córdoba, Demetrio Fernández, said there was a conspiracy by the United Nations. "The Minister for Family of the Papal Government, Cardinal Antonelli, told me a few days ago in Zaragoza that UNESCO has a program for the next 20 years to make half the world population homosexual. To do this they have distinct programs, and will continue to implant the ideology that is already present in our schools."

スペインのカトリック教会は、同性愛を懸念している。コルドバ司教Demetrio Fernándezは、ボクイングデイ[クリスマスの翌日]の説教で国連の陰謀があると述べた。「教皇庁のAntonelli枢機卿が数日前Zaragozaで私に、今後20年で世界人口の半数をホモセクシュアルにする計画がUNESCOにあると言った。これを実現するために、彼らは別個の計画を持っており、既に我々の学校にあるイデオロギーを注入し続ける。」

[ALFONSO ALBA CÓRDOBA: "El obispo de Córdoba dice que "algunas escuelas de Secundaria" incitan a sus alumnos "a la fornicación"" (2012/01/12) on ABCes]

El prelado cordobés insiste en su misiva dirigida a los fieles cordobeses en que “la incitación a la fornicación es continua en los medios de comunicación, en el cine, en la televisión, incluso en algunas escuelas de Secundaria”. Eso sí, se sobreentiende que los colegios católicos están al margen, por eso usa el término “algunas”.

コルドバ司教は信仰あるコルドバへの手紙で、高位聖職者たちに対して「淫乱への煽動がメディア・映画・テレビ、そして一部の高校で続けれている」と主張している。もちろん、カトリック学校はこれにはあたらないので「一部の」と述べている。
posted by Kumicit at 2012/01/16 06:27 | Comment(0) | TrackBack(0) | Vatican | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。