2012/01/26

豪州のタバコパッケージは年末から、さらに冴えないものになる




[Plain cigarette packaging to start in 2012 (2011/11/21) on Sydney Morning Herld]

World-first laws requiring cigarettes to be sold in plain packets have passed their final parliamentary hurdle. They will be introduced from December 2012.

Under the new laws, all cigarettes must be sold in drab olive-brown packets with large, graphic health warnings.

Health Minister Nicola Roxon said the measure removed one of the last remaining forms of tobacco advertising. She told parliament it was a crucial step in the government's anti-smoking reforms. The world-first move meant Australia continued to be a global leader on tobacco reforms, the minister said.

The laws passed the Senate earlier in November but amendments to the implementation time frame meant they had to return to the lower house for agreement. The House of Representatives on Monday agreed to the amendments.

[2011年11月に]タバコをプレーンなパッケージで販売することを義務付ける世界初の法律が豪州議会を通過した。これは2012年12月から適用される。

この新しい法律のもとでは、タバコは、健康被害を警告する大きな絵をつけた、灰色がかったオリーブブラウン色のパッケージで販売しなければならない。

Nicol Roxon保健相は「この法律により、タバコ広告の最後の手段が排除される。これは政府の反タバコ改革の重要なステップである。世界初であることは、豪州が引き続き、タバコ改革で世界の先頭に立つことを意味する」と述べた。

法案は11月の早い段階で上院を通過したが、施行時期について修正がなされ、下院の同意を必要としていた。月曜に下院が修正に同意した。
2010年頃から議論されていたもので、結果としてタバコのパッケージは次のようなものになる。
autobacco1.jpeg
[Outraged tobacco giant sues Australia over cigarette labels (2011/06/27) on The Star]
これに対して、豪州で営業する大手タバコ企業は法廷闘争を開始している。
Philip Morris on Tuesday became the third tobacco giant to file a legal challenge against new Australian laws that will force tobacco products to be sold in dull, plain packaging from late next year.
...
In recent weeks, British American Tobacco and Imperial Tobacco launched separate High Court challenges.

Philip Morrisは火曜(2011/12/18)に、来年末(2012/12)からタバコを冴えないプレーンパッケージで販売売ることを義務付ける法律に対して、法廷闘争を行う3つめの大手タバコ企業となった。
...
最近、British American TobaccoとImperial Tobaccoはそれぞれ別個に、高等裁判所で裁判を起こしている。

[Victoria Thieberger: "UPDATE 3-Philip Morris to fight Australia plain packaging laws" (2011/12/20) by Reuters]
既に、パッケージの片面は警告の絵と文字にわりあてられ、もう片面も上側は警告の絵となっていて、わずかな面積に、銘柄デザインがなされていた。その残りの面積も使えなくなると、文字を読まない限り、会社も銘柄もわからない同じ箱になるため、徹底抗戦するもよう。


posted by Kumicit at 2012/01/26 06:39 | Comment(0) | TrackBack(0) | Others | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。