2012/02/03

「互いに矛盾する陰謀論を信じること」のIntroduction

一昨日(2012/02/01)の「互いに矛盾する陰謀論を信じること」の原論文のIntroductionがなかなか面白いので訳してみた:
[Michael J. Wood, Karen M. Douglas, and Robbie M. Sutton: "Dead and Alive: Beliefs in Contradictory Conspiracy Theories", Social Psychological and Personality Science published online 25 January 2012, DOI: 10.1177/1948550611434786]


A conspiracy theory is defined as a proposed plot by powerful people or organizations working together in secret to accomplish some (usually sinister) goal (Coady, 2006; Douglas & Sutton, 2008; Goertzel, 1994). Popular contemporary examples include the theory that the 9/11 attacks were planned and carried out by elements within the American government (Kay, 2011) and the belief that evidence of a causal link between autism and childhood vaccination is being suppressed by an unscrupulous medical industry (Goertzel, 2010). Conspiracy theories are not by definition false; indeed, many real conspiracies have come to light over the years. Suspicions of President Nixon’s involvement in a burglary at the headquarters of the Democratic National Committee began as a seemingly outlandish conspiracy theory but turned out to be true (Bale, 2007). However, conspiracy beliefs, even when wrong, are notoriously resistant to falsification, and can take on the appearance of a ‘‘degenerating research program’’ (Clarke, 2002, p. 136), with new layers of conspiracy being added to rationalize each new piece of disconfirming evidence.

陰謀論は「強力な人々あるいは組織が秘密裡に協調して何らかの(通常は不吉な)目的を達成するために提案されたプロット」と定義されている[Coady, 2006; Douglas & Sutton, 2008; Goertzel, 1994]。現代の人気の陰謀論には、「9/11攻撃が米国政府内の分子によって立案・遂行された[Ky 2011]」や「自閉症とワクチンの因果関係の証拠が悪徳医療業界によって隠蔽されている[Goertzel, 2010]」などがある。陰謀論の定義は間違っているかどうかにはよらない。実際、長年にわたり、本当の陰謀が白日もとにさらされてきた。民主党全国委員会本部での強盗にニクソン大統領の関与しているという疑惑は、一見風変わりな陰謀論として始まったが、真実であることが判明した[Bale 2007]。しかし、陰謀論の信念は、たとえ誤りだった場合でも、反証に強力に抵抗し、棄却された証拠の新たな断片を合理化すべく新たな陰謀の層を加えて、退化的研究プログラムとなる[Clarke, 2002, p. 136]。

Spurred in part by the growth of new media, conspiracism has become a major subcultural phenomenon. This shift has not gone unnoticed in academia. In recent decades, there has been an explosion of research into the psychology of belief in conspiracy theories. Much of this research interest has focused on the individual correlates of conspiracy belief, but perhaps the most consistent finding in the work on the psychology of conspiracy theories is that belief in a particular theory is strongly predicted by belief in others−even ostensibly unrelated ones (Douglas & Sutton, 2008; Goertzel, 1994; Swami, Chamorro-Premuzic, & Furnham, 2010; Swami et al., 2011). For instance, someone who believes that the American government was behind the 9/11 attacks is very likely to also believe that Princess Diana was deliberately assassinated. One proposed explanation for this connection is that beliefs in conspiracy theories somehow support one another (Goertzel, 1994). Even though the perpetrators may be different in each case, the fact that one massive, sinister conspiracy could be successfully executed in near-perfect secrecy suggests that many such plots are possible. Over time, the view of the world as a place ruled by conspiracies can lead to conspiracy becoming the default explanation for any given event−a unitary, closed-off worldview in which beliefs come together in a mutually supportive network known as a monological belief system (Clarke, 2002; Goertzel, 1994; Swami et al., 2010, 2011).

新しいメディアの成長によっても拍車をかけられた陰謀論は、主要なサブカルチャー現象となった。この変化を学界は見逃していない。最近十年間に、陰謀論を信じることについての心理学研究が爆発的に行なわれてきた。これらの研究の多くは、個々の陰謀論信条の相関に関心を集中させてきた。そして、陰謀論の心理学研究が、もっとも一貫して見つけてきたことは、ある特定の陰謀論を信じる者は、たとえ表面上は無関係な陰謀論も信じる傾向があることだった[Douglas & Sutton, 2008; Goertzel, 1994; Swami, Chamorro-Premuzic, & Furnham, 2010; Swami et al., 2011]。たとえば、「米国政府が
9/11攻撃の背後にいる」と信じる者は「ダイアナ妃が意図的に殺された」と信じる傾向がある。この陰謀論信条の連鎖について「ひとつの陰謀論が別の陰謀論の補強になっている」という説明が提唱されている[Goertzel, 1994]。加害者はそれぞれのケースによって異なる可能性があるにもかかわらず、ひとつの巨大で邪悪な陰謀が完璧に近い秘密裡に実行できるという事実は、同様なプロットが多く存在する可能性を示唆している。時間とともに、「世界が陰謀によって支配されている」という見方は、「あらゆる出来事について、陰謀がデフォルト説明になる」という「単一論理信念体系」として知られる「相互支援ネットワークの中で、複数の信念が一体化する、単一かつ閉鎖的世界観」へとつながっていく[Clarke, 2002; Goertzel, 1994; Swami et al., 2010, 2011]。

However, some conspiracy theories emphatically do not support one another; indeed, many provide mutually contradictory explanations for the same event. These contradictions among conspiracy theories are the focus of the present article. For instance, the theories surrounding the death of Princess Diana vary widely; some claim that she was killed by MI6, others allege that she was killed by Mohammed al-Fayed's business enemies, still others that she faked her own death. How does a conspiracy-believing observer reconcile the presence of these competing, mutually contradictory accounts? If beliefs in conspiracy theories are correlated with one another because the theories are in direct agreement, one would not expect reliable correlations between beliefs in theories that are mutually exclusive.

しかし、いくつかの陰謀論は、明らかに相互に支持していない。実際、多くの陰謀論はひとつの出来事に対して、矛盾する説明を与えている。複数の陰謀論の間にある矛盾が本論文の対象である。たとえば、ダイアナ妃死亡についての陰謀論は幅広くある。MI6に殺されたという説もあれば、Mohammed al-Fayedの商売敵により殺されたという説もある。さらにはダイアナ妃の死亡は偽装だと主張する者もいる。陰謀論を信じるオブザーバーは、これらの相反する陰謀論の存在とどう折り合いをつけるのだろうか? もし、複数の陰謀論が直接的に合致しているが故に、複数の陰謀論信条に相関があるのだとするなら、相互に排他的な陰謀論の間には相関は見られないはずである。

In the present research, we seek to determine whether the coherence of the conspiracist belief system is driven not by direct relationships among individual theories, but by agreement between individual theories and higher-order beliefs about the world. For instance, the idea that authorities are engaged in motivated deception of the public would be a cornerstone of conspiracist thinking due to its centrality in conspiracy theories. Someone who believes in a significant number of conspiracy theories would naturally begin to see authorities as fundamentally deceptive, and new conspiracy theories would seem more plausible in light of that belief (Read, Snow, & Simon, 2003; Simon, Snow, & Read, 2004). Indeed, the two conspiracy theories mentioned above−an autism/vaccine connection and 9/11 as an inside job−both revolve around that central proposition. Likewise, whether one believes that Princess Diana was killed by MI6 or Mohammed Al-Fayed’s business enemies, belief in a cover-up would support (and be supported by) both theories. In spite of that, the two theories contradict each other. Would it be possible for their contradiction to be overruled by their coherence with a broader conspiracist worldview , such that they display a positive correlation in endorsement?

本研究では、我々は、「陰謀論支持者の信念体系が、一貫性がない個々の陰謀論の間の直接的な関係」によってではなく、「個々の陰謀論が世界についての高次の信念と合致している」ことによって駆動されているか判断しようとしている。たとえば、「権力は大衆に対する意図的欺瞞を行っている」という考えは、複数の陰謀論の中心であるため、陰謀論者の思考の基礎となる。非常に多くの陰謀論を信じている人々にとって、権力が根本的に欺瞞的であると考えるのは自然であり、そのような信念と照らし合わせれば、新たな陰謀論は尤もらしく見えるだろう[Read, Snow, & Simon, 2003; Simon, Snow, & Read, 2004]。実際、上述の自閉症/ワクチン関連性や、9/11政府工作のような陰謀論は、いずれも、その中心的な命題のまわりに展開されている。同様にダイアナ妃がMI6あるいはMohammed Al-Fayedの商売敵に殺されたと信じる人々は、カバーアップが両方の陰謀論を支持している(また逆に、両方のイン簿論の存在がカバーアップを支持している)と考えている。しかし、その2つの陰謀論(MI6あるいはMohammed Al-Fayed)は矛盾している。そのような矛盾は、より広い陰謀論者の世界観と整合していることによって解決され、両方の陰謀論を支持することになるのだろうか?

Some literature on stereotyping suggests that coherence with strongly held worldviews may well be sufficient to overwhelm contradictions between individual beliefs. Adorno, Frenkel Brunswik, Levinson, & Sanford (1950) found strong positive correlations in endorsement between contradictory negative stereotypes of Jews, such that highly prejudiced participants found them to be both too isolated from the rest of society and too eager to participate in it. Adorno proposed that this paradoxical perception has its roots in ‘‘a relatively blind hostility which is reflected in the stereotypy, self-contradiction, and destructiveness’’ of anti-Jewish stereotyping (p. 76). In spite of their contradictory nature, both stereotypes drew enough credibility from their one common element−a negative perception of Jewish people−to end up with a strong positive association. The same may well be true of contradictory conspiracy theories; conspiracy advocates’ distrust of official narratives may be so strong that many alternative theories are simultaneously endorsed in spite of any contradictions between them.

ステレオタイプ化に関するいくつかの論文は、強く保持している世界観との整合性は、個々の信念の間の矛盾を解決するのに十分でることを示唆している。Adorno, Frenkel, Brunswik, Levinson, & Sanford [1950]は、ユダヤ人に関する相矛盾する2つのネガティブなステレオアイプの支持に強い相関を発見している。きわめて偏見の強い被験者たちは「それら2つを、あまりに一般社会から乖離していて、あまりにも熱狂的である」と見ていた。Adornoは、この矛盾する認識が、ステレオタイプと自己矛盾と破壊性に反映している、相対的に盲目的な敵対性に根差すものだという考えを提唱した。それらの矛盾した性質にもかかわらず、ユダヤ人に対するネガティブな認識という、一つの共通する要素によって、2つのステレオタイプの両方ともが信頼できるものになり、強い正の相関をもたらう。同じことが、矛盾する陰謀論に対しても成立するかもしれない。陰謀論を主張する人々は、あまりに強く政府の公式説明に不信を持っているので、互いに矛盾していても、多くの陰謀論を支持できるのかもしれない。

The phenomenon of global coherence overruling local contradictions is perhaps best understood in the context of Thagard’s (1989) explanatory coherence model (ECHO) of social inference. Explanatory coherence theory characterizes explanations and pieces of evidence about actors and events as either coherent or incoherent with one another. These elements are represented by nodes in a connectionist network. Activation flows from evidence nodes and higher-order knowledge structures (Read, 1987) to the various explanations, which in turn excite or inhibit one another depending on whether they are mutually coherent or contradictory. This process of excitation and inhibition continues until the system reaches a stable equilibrium, at which point the highly activated explanations are accepted and those with little activation are discarded. Activation has been shown to flow the other way, as well: Not only do evidence and higher-order knowledge structures change one’s perception of explanations, emerging conclusions in the network also change perceptions of evidence and alter broad worldviews (Read et al., 2003; Read & Miller, 1993).

全体的なコヒーレンスが局所的な矛盾を解決するという現象は、おそらく社会影響におけるThagard]1989]の説明的コヒーレンスモデル(ECHO)の文脈でもっともよく理解できる。説明的コヒーレンス理論では、説明とアクター及びイベントについて個々の証拠をコヒーレントであるか否かで特徴づける。これらの要素はコネクションネットワーク上のノードとして表現される。証拠ノード及び高次知識構造[Read, 1987]からのアクティベーションは、様々な説明へと流れ、コヒーレントであるか、矛盾しているかに依存して、それらの説明を励起あるいは阻止していく。この励起と阻止のプロセスは、システムが安定平衡状態になるまで続く。その時点で、最もアクティベートされた説明が採用され、そうでない説明は棄却される。アクティベーションは逆にも流れることも示されている。証拠や高次の知識構造の変化が説明認識を変える一方で、ネットワークに出現した結論が証拠の認識や広い世界観を変化させる[Read et al., 2003; Read & Miller, 1993]。

For instance, imagine that someone is heavily invested in conspiracism and strongly believes in a wide variety of different conspiracy theories. A view of authority as fundamentally deceptive is coherent with all of these theories, and as such draws activation from them until it becomes a strongly held belief in itself. When a novel conspiracy theory is presented, it immediately seems more credible because it agrees with this now strongly held view and disagrees with the officially endorsed narrative. Such higher-order beliefs may be so strongly held that any conspiracy theory that stands in opposition to the official narrative will gain some degree of endorsement from someone who holds a conspiracist worldview, even if it directly contradicts other conspiracy theories that they also find credible. In other words, a natural consequence of the explanatory coherence approach to social explanation is an instantiation of the principle ‘‘the enemy of my enemy is my friend.’’

たとば、ある人が強く陰謀論に傾倒していて、多様な陰謀論を強く信じているとしよう。権力が根本的に欺瞞的であるという見方と、すべての陰謀論はコヒーレントであり、それらからのアクティベーションの流れは、それら自体が強く保持された確信になるまで続く。新たな陰謀論が提示されると、それは強く保持している見方と合致し、権力の公式見解と不一致なので、ただちに信頼できるものだと見える。そのような高次の信条はあまりに強いため、既に信頼できると思っている陰謀論と矛盾していても、陰謀論者の世界観を持つ者から推奨されれば、権力の公式見解と反対の立場にある陰謀論を支持する。言い換えるなら、社会的説明への説明的コヒーレンスなアプローチの自然な帰結は、「敵の敵は味方」という原則の具現化である。

Indeed, this is a principle found explicitly in Heider’s (1958) theory of psychological balance, which shares a considerable common ground with explanatory coherence. In balance theory, perceptions of an object or social actor are affected by its relationship with other actors about which opinions already exist. For instance, people’s evaluations of a novel product endorsed by a known celebrity are more positive if they view the celebrity positively, or more negative if their views of the celebrity are negative. In the case of conspiracy theories, we propose that a similar mechanism is at work: Officials are seen as deceptive, perhaps even actively malevolent, so any explanation that they endorse is at a disadvantage, while alternative explanations are more credible from the start. Explanatory coherence has been shown to naturally instantiate many of the Gestalt principles on which balance theory is based (Read et al., 2003), and others have noted the applicability of balance theory to the study of conspiracy belief, such as Inglehart (1987).

これは確かに、Heider[1958]の心理バランスの理論に直接的に見られる原則であり、説明的コヒーレンスと共通の基盤を共有している。心理バランスの理論では、対象物あるいは社会的アクターについての認識は、既に評価を定めている他のアクターとの関係性に影響を受ける。たとば、既知の信頼できる情報源から推奨された新製品についての人々の評価は、その信頼できる情報源がポジティブに評価していれば、ポジティブなものになり、ネガティブな場合はネガティブになる。陰謀論の場合にも、同様のメカニズムが働くと我々は提唱する。権力を欺瞞的なものと見ている場合、さらにはおそらく積極的に悪意を持っていると考えている場合、権力が推奨する説明は信用できないものに見える。一方、これに代わる説明は最初から信頼できるものに見える。説明的コヒーレンスは、心理バランスの理論が基礎とするゲシュタルト原則の多くを自然に起動するものであることを示している[Read et al., 2003]。また、心理バランスの理論が陰謀論信条の研究に使えることをInglehart[1987]などが指摘している。

Thus, we predict that for someone with a conspiracist worldview, nearly any theory that assumes deception by officialdom in its explanation for a world event and stands in opposition to the ‘‘mainstream’’ account will garner some agreement. This relationship may hold even to the point that people who believe in a world governed by conspiracy are likely to endorse contradictory conspiracy theories about the same topic. Just as Adorno et et al. (1950) found positive correlations in endorsement of contradictory stereotypes, we expect to see positive relationships between endorsement of contradictory conspiracy theor ies about the same event. For example, the more that participants believe that a person at the center of a death related conspiracy theory, such as Princess Diana or Osama Bin Laden, is still alive, the more they also tend to believe that the same person was killed, so long as the alleged manner of death involves deception by officialdom.

従って、我々は「陰謀論の支持の世界観を持つ人々は、世界の出来事の説明にあたって、権力の欺瞞を前提とし、メインストリームの説明に反する、いかなる理論にもほぼ合意する」と予測する。この関連性は、「世界が陰謀によって支配されているという見方をしている人々が、同じ話題について相矛盾する陰謀論を支持する」ことを予測する。Adorno et al[1950]が相矛盾するステレオタイプの間に正の相関を発見したように、我々は同じ出来事についての相矛盾する陰謀論の支持について正の相関を見出すことを予測する。たとえば、ダイアナ妃やオサマビンラディンなど、人の死亡についての陰謀の中心にいる人物が権力の欺瞞を伴う形で殺されたと信じる人は、その人物が生存しているという陰謀論を信じる傾向がある。



posted by Kumicit at 2012/02/03 09:25 | Comment(0) | TrackBack(0) | Others | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/250130391
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック