2012/02/05

インディアナ州上院の反進化論州法案は州下院で放置方向

2012年1月31日にインディアナ州上院を通過した、元は反進化論州法案だったSB89は、Inianapolisの地方紙nwi.comの報道によれば、州下院では審議される見込みがない。
A Senate-approved plan allowing public schools to teach creationism probably will not be voted on by the Republican-controlled House.

House Speaker Brian Bosma, R-Indianapolis, said he has not made a final determination on whether Senate Bill 89 will get a hearing and vote, but said he believes the General Assembly should not mandate what's taught in science classrooms.

"Delving into an issue that the United States Supreme Court has, on at least on one occasion, said is not compliant with the Constitution may be a side issue and someplace we don't need to go," Bosma said. "Parents, families have a choice on where their children go to school; it's an increasing choice now due to the legislation we passed last year."

州上院が可決した、公立学校で創造論を教えることを可能にする州法案は、共和党が過半数をしめる州下院ではおそらく採決されない。

Indianapolis選出の共和党Brian Bosma州下院議長は、SB89について公聴会および本会議採決を行うか未定だが、州議会が理科の授業で教えることを義務付けるべきではないと考えていると述べた。

「少なくとも一つの機会に、米国最高裁判所が違憲だと述べた問題に踏む込むことは、枝葉の問題であり、我々が歩む必要もない場所だろう。両親、家族は子供をどこの学校に通わせるかの選択権を持っている。昨年、我々が成立させた州法により、選択の幅が広がっている」

[Dan Carden: "Creationism bill may not get Indiana House vote" (2012/02/02) on nwi.com]
なお、創造科学を削除して、「公立学校運営機関は生命の起源についての様々な理論を提示してもよい。そのカリキュラムは、キリスト教・ユダヤ教・イスラム教・仏教・サイエントロジーを含むが、これらに限らず複数の宗教の理論を含まなければならない」という修正を提案したのは、インディアナ州議会の民主党代表Vi Simpson州上院議員である。

このVi Simpson州上院議員はTony Ortegaの否ビューで次のように語っている。
I asked her why, of all things, she included Scientology.
サイエントロジーを加えた理由は?


"I wish it was something more dramatic, but what I did was I asked some of our staff people to do a little research and to come up with the major religions that might have differing ideas about the origin of life. And Scientology was on that list they came up with, and so it got added to the amendment."
...
"I was a bit surprised that it was adopted, to tell you the truth," she says.

私は何か、より劇的にしたかったのですが、したことは、党スタッフに対して、少し調べて、生命の起源について異なる考えを持つ主要宗教を列挙するという依頼だけです。そのリストにサイエントロジーがあったので、修正案に加えました。実際のところ、この修正が採用されたのには、少し驚きました。

Were the Republicans simply too dense to figure out that they had joined a majority to water down their own bill, I asked. Was Dennis Kruse, the sponsor, unaware of what was going on?
共和党は単に賛成票が増えることに気を取られて、法案を薄めてしまうことに気付かなかったのでしょうか?提案者Denis Kruseは何が起きたか気付かなかったのでしょうか?


"Well, he supported my amendment. I can't imagine that we were on the same page, but he came up to me afterwards and he said, 'Now that we supported your amendment, are you going to support the bill?' No, I don't think so," she says with a laugh.

"I still voted against the bill. I think it's unacceptable to be dictating to local school boards that kind of curriculum."

彼は修正案を支持しました。同意するとは思ってもみませんでした。しかし、彼は修正後に私に『私たちは、あなたがたの修正案を支持しました。で、あなたは州法案に賛成しますか?』と聞いてきたので、それはないでしょうと答えました。
...
So what's going to happen to this bill now that it's passed the Indiana senate?
インディアナ州上院を通過した、この州法案に次にどうなるでしょうか?


"I offered that amendment because I wanted to get the bill out of the science category, and secondly because I wanted to give school board members some pause, to get them thinking about what kinds of things would come up in the classroom, and that they wouldn't be able to get away with only a Christian or a Genesis perspective.

"That was my intent. How it's going to play out I can't tell you," she says. "The author of the bill seems to think I improved it. If the amendment stays in the bill, I think it will give school boards reason not to adopt it."

私が修正案を出したのは、州法案を理科のカテゴリの外へ追い出したかったからなのと、学区教育委員たちに立ち止まって、授業に何が起きるのかを、そして、キリスト教あるいは創世記の見方だけを持ち込むことができないと再考してもらいたかったからです。

それらが私の意図でした。どうなるかは、私には言えません。州法案の作成者は、私が州法案を改善したと思っているかもしれません。この修正が州法にあれば、学区教育委員会はこれを採用しない理由に使えると思います。

[Tony Ortega: "Vi Simpson: The Woman Who Punked The Radical Republicans in the Indiana State Senate and Their Creationist Bill" (2012/02/01) on Blog/VillagVoice]
提案者であるDenis Kruse共和党州上院議員も州上院で可決することに意義があって、成立することにも、内容にも関心がなかったようだ。




現在、有効な反進化論州法および相当品は次の2個:


2012年の反進化論州法案は以下の通り:



2011年の反進化論州法案は廃案もしくは先送り:

2010年の反進化論州法案はすべて廃案:
2009年の反進化論州法案はすべて廃案:

2008年の反進化論州法案のうち以下が廃案:
posted by Kumicit at 2012/02/05 06:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | News | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック