2012/02/11

補完・代替医療の課程を廃止する気のない豪州の大学

先月、大学のうち3つの1つに、何らかの形の代替・補完医療のコースが存在する豪州でも、そのような疑似科学な課程を廃止させようというFriends of Science in Medicineという運動グループがある件をとりあげた
MORE than 400 doctors, medical researchers and scientists have formed a powerful lobby group to pressure universities to close down alternative medicine degrees.

Almost one in three Australian universities now offer courses in some form of alternative therapy or complementary medicine, including traditional Chinese herbal medicine, chiropractics, homeopathy, naturopathy, reflexology and aromatherapy.

But the new group, Friends of Science in Medicine, wrote to vice-chancellors this week, warning that by giving "undeserved credibility to what in many cases would be better described as quackery" and by "failing to champion evidence-based science and medicine", the universities are trashing their reputation as bastions of scientific rigour

400人以上の医師・医学研究者・科学者が、大学に対して代替医療の学位を廃止させようという強力なロビーグループを作った。

ほぼ1/3の豪州の大学が、漢方・カイロプラクティック・ホメオパシー・ナチュロパシー・リフレクソロジー・アラマセラピーなどの代替・補完医療のコースを何らかの形で提供している。

しかし、新たなグループFriends of Science in Medicineは、今週、各大学の副学長たちに対して「多くの場合にニセ医療と呼んだ方がいいものに不当な信頼を与えて、証拠に基づく科学と医療を擁護せず、大学は科学的厳格さの城塞としての評判を落としている」と警告する書簡を送った。

[< href="http://www.smh.com.au/national/tertiary-education/scientists-urge-unis-to-axe-alternative-medicine-courses-20120125-1qhtm.html">Kelly Burke: "Scientists urge unis to axe alternative medicine courses" (2012/01/26) on Sydney Morning Herald]
一方、NY Timesの報道によれば、少なくとも3つの大学が、ニセ医療の課程をやめる気がないこと表明している。

まずは、カイロプラクティックの学部および修士課程を持つ、SydneyにあるMacquarie Universityは大学の声明で次のように述べている。
“Our chiropractic science students are well trained in the fundamental relevant sciences (physiology, anatomy, biochemistry, biophysics, radiology, etc.) together with units in chiropractic methods and clinical practice,” the university said in a statement. “Our students are taught to understand that science proceeds only on the basis of evidence. We are confident that our graduates have been taught those techniques that are known through science to be beneficial.”

「本学のカイロプラクティック科学科の学生たちは、カイロプラクティックの臨床の他に、関連する基礎科学関連する科学(生理学、解剖学、生化学、生物物理学、放射線学など)についても教育を受けている。本学の学生は、科学が証拠に基づいてのみ発展することを学んでいる。本学の卒業生は、科学を通じて有益であると知られている技術を教えられたと確信している。」

[LIZ GOOCH: "Australian Universities Defend Alternative-Medicine Teaching" (2012/02/06) on New York Times]
ちゃんと「科学が証拠に基づいてのみ発展すること」を理解していて、カイロプラクティックを実践することがあるというジョークを放つMacquarie Universityである。

また、New South WalesにあるCharles Sturt UniversityのNick Klomp理学部長は...
He said the course was designed to impart evidence-based science to people who already had a qualification, like a diploma, in alternative health care. The course includes such subjects as biology and physiology.

“They’re all subjects that are already mainstream, hard health science subjects,” Mr. Klomp said.

He said that thousands of practitioners were already providing alternative medicine and that there was much demand for their services.

“I could ignore them or I could train them better,” Mr. Klomp said, adding that a majority of the university’s students were already practicing. “We actually create graduates who are much better health care providers. It’s all about evidence based, science based.”

「課程は、代替医療について既に学卒などの資格を持つ人々に対して、証拠に基づく科学を身に着けさせることを目的としている。課程には生物学や生理学の科目も含まれいる。これらはメインストリームのカタイ健康科学の科目である。

「既に何千人もの治療師が代替医療を提供しており、それらの需要は大きい。それらを無視してもよいい、ちゃんと教育してもいい。学生の多くは既に開業している。我々はより良い治療師を輩出している。これらはすべて根拠に基づくものであり、科学に基づくものである」

[LIZ GOOCH: "Australian Universities Defend Alternative-Medicine Teaching" (2012/02/06) on New York Times]
代替医療を開業している人々向けに、普通の大卒資格を与える課程なので、むしろ事態の改善に役立っているという主張。でも、箔をつけさせているだけかもいれないけどね。

さらに、PerthにあるMurdoch Universityは大学としての声明で次のように述べている。
“Students are taught the science-practitioner model and our aim is to produce graduates who are critical thinkers,” the university said in a statement. “This enables them to distinguish between fad and genuine innovation in the discipline as practitioners, intelligent consumers of research and promoters of the scientific method. A clear distinction is made in all of our courses between areas for which the evidence is clear and those in which the science has not caught up with accepted practice and where sufficient evidence has yet to be accumulated.”

「学生たちには科学=治療師モデルを教えており、批判的志向の出来るようにして卒業させることを目指している。これにより学生たちは、専門分における一時的流行と本物のイノベーションを、治療師として、研究の賢明な利用者として、科学的方法の推進者として、区別できるようになる。我々は、証拠が明確な領域と、科学が実践に追いついていない領域と、十分な証拠が集まっていない領域を明確に区別している。

[LIZ GOOCH: "Australian Universities Defend Alternative-Medicine Teaching" (2012/02/06) on New York Times]
ありがちな表現であり、Quackery(ニセ医療)と「十分な証拠が集まっていない領域」は区別してないようだ。


タグ:Quackery
posted by Kumicit at 2012/02/11 15:13 | Comment(0) | TrackBack(0) | Quackery | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。