2012/02/12

メガソーラー5分値

東京電力:太陽光発電(メガソーラー)にある「データでみるメガソーラー 」のFLASHが、1日単位の表示用XMLファイルを作っているので、キャッシュから5分値を吸いだしてみた。
[データでみるメガソーラー 扇島太陽光発電所]
OGS20120205.png
OGS20120206.png
OGS20120207.png
OGS20120208.png
OGS20120209.png
OGS20120210.png
OGS20120211.png
2/9や2/11は5分単位でみると、出力の急降下が見える。また、2/6と2/7は地を這う状態。

コストや発電効率はそのうち何とかなりそうで....
[福田秀樹(NEDO 新エネルギー技術開発部): "「太陽光発電ロードマップ(PV2030+)」公開ご説明資料 (2009/06/08)]

実現時期(開発完了)2010年以降2020年(2017年)2030年(2025年)2050年
発電コスト家庭用電力並
(23円/kWh)
業務用電力並
(14円/kWh)
事業用電力並み
(7円/kWh)
汎用電源として利用
(7円/kWh以下)
主な用途戸建住宅、公共施設住宅(戸建、集合)
公共施設、事務所など
住宅(戸建、集合)公共施設、
民生業務用、電気自動車な
ど充電
民生用途全般
産業用、運輸用、
農業他、独立電源



短時間の不安定性は、複数の施設があれば(わりと近所にあっても)、それなりに緩和されそうだが....
OpU20120209.png
日単位の大きな変化は川崎(扇島・浮島)と甲府(米倉山)くらいの距離では、補う形にはなりそうにない。
OpUpY20120206_11.png

ということで、全量を火力・水力でまかなって、太陽光発電が発電したら、その分だけ、火力の出力を下げるという形で運用することになりそう。



posted by Kumicit at 2012/02/12 07:52 | Comment(0) | TrackBack(0) | Others | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。