2012/02/16

インディアナ州上院の反進化論州法案は事実上、廃案

2012年1月31日にインディアナ州上院を通過した、元は反進化論州法案だったSB89は、Indianapolis Star's education blogのScott Elliottによれば、事実上、廃案となった。
A bill passed last month by the Indiana Senate that would have allowed schools to teach religious stories of creation along with the theory of evolution when discussing the origins of life in science class is dead.

House Speaker Brian Bosma, R-Indianapolis, moved the bill to the rules committee, a procedural step that all but assures it will not make it to a vote this year.

Bosma said he made the move to avoid the possibility of a costly lawsuit for the state, given the likelihood of a court challenge from evolution advocates.

“I felt, given the fact that we have a U.S. Supreme Court case that appears to me to be directly on point, that this is a fight that really should not be fought at this point,” he said.
...
“I didn’t disagree with the concept of the bill,” Bosma said. “But I hesitate to micromanage local curricula. Secondarily, I didn’t think it was prudent to buy a lawsuit the state could ill afford at this point.”

先月にインディアナ州上院を通過した、「生命の起源について理科の授業で論じるとき、進化論とともに、創造についての宗教物語を教えることを可能にする」州法案は廃案になった。

Indianapolis選出の共和党Brian Bosma州下院議長は、州法案を議事運営委員会に送った。これは、この州法案を今年は採決しないことにする手続きである。

Bosma州下院議長は「進化論擁護者たちによる訴訟の可能性が高いので、州政府が大きな訴訟費用の支出さけるため、州法案を議事運営委員会に送った。まさしく、この州法案に該当すると思われる連邦最高裁判例があることを考えれば、これは戦うべき戦いではない。私はこの州法案の趣旨に同意しないわけではないが、学区のカリキュラムに微細に介入することには躊躇している。さらに、州にダメージを与える訴訟を受けて立つのも賢明ではないと考えている」と述べた。

[ Scott Elliott: "Indian’s creation science bill is dead" (2012/02/14) on Indiana Star Blog]




現在、有効な反進化論州法および相当品は次の2個:


2012年の反進化論州法案は以下の通り:

2012年の反進化論州法案は廃案もしくは先送り:

  • インディアナ州上院の反進化論州法案は事実上、廃案 (2012/02/16)




2011年の反進化論州法案は廃案もしくは先送り:

2010年の反進化論州法案はすべて廃案:
2009年の反進化論州法案はすべて廃案:

2008年の反進化論州法案のうち以下が廃案:
posted by Kumicit at 2012/02/16 00:28 | Comment(0) | TrackBack(0) | News | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/252465896
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック