2012/03/05

CSICOPを斬ってたSTS学者

STS学者Trevor J PinchHarry M. Collinsは「ホメオパシーが効くことが実証できない理由を科学者が解明すべき」だと主張する。
If homeopathy cannot be demonstrated experimentally, it is up to scientists, who know the risks of frontier research to show why. To leave it to others is to court a different sort of golem - one who might destroy science itself.

ホメオパシーを実験的に実証できないのであれば、フロンティア研究のリスクを知る、科学者たちに、その理由を示すことが委ねられる。それを他人に任せるのであれば、科学自体を破壊するであろう別種のゴーレムを召喚することになる。

Harry M. Collins, Trevor J. Pinch: "The Golem: What You Should Know About Science", 1993 p.144 via Bricmont]
ホメオパシーに限らず、効果があることが実証できなければ、それでゴミ箱行きだが、STSではそうではないようだ。

さらに、Harry M. CollinsとTrevor J. PinchはCSI(当時はCSICOP = The Committee for the Scientific Investigation of the Claims of the Paranormal)による超心理学と占星術のデバンクについて、学術論文で次のように批判した。
As regards the Committee itself, and similar scientific-vigilante organizations, there are lessons to be learned. The Committee's main platform for attack upon parapsychology and astrology has been the standard, or canonical, model of science. This is a strategy that can only be used in complete safety by organizations that do not engage in controversial science themselves. Only by avoiding having to face up to the problems of doing controversial science, and by avoiding the changed consciousness concerning scientific method which accompanies such engagement, can an attack from the canonical model be sustained without difficulty. ... The Committee's new position is that it will continue to fight the battle from the platform of the canonical version of science − preserving the ideology as it does so − while sensibly keeping its own hands clean and avoiding the risks of doing any experimental science itself.

委員会自体、そして同様の科学自警団組織に関しては、学ぶべき教訓がある。超心理学と占星術を攻撃する委員会の主なプラットフォームは、標準あるいは規範的な科学モデルである。これは、論争な科学自体に関与しない組織が完全に安全圏にあってのみ使える戦略である。論争な科学を行う問題に直面することを避け、そのような関与に伴う科学的方法に関する意識改革を避けることによってのみ、規範モデルからの攻撃を問題なく続けることができる。... 委員会の新たな立場は、規範バージョンの科学のプラットフォームから戦いを続け、イデオロギーを変えることなく、手を汚すことなく、実験科学自体を行うリスクを回避するというものである。

[T. J. Pinch and H. M. Collins: "Private Science and Public Knowledge: The Committee for the Scientific Investigation of the Claims of the Paranormal and its Use of the Literature", Social Studies of Science November 1984 vol. 14 no. 4 521-546]
区別がつけがたいかもしれないが、これは疑似科学サイドからの反撃ではなく、STS研究である。STSの研究手法である方法論的相対主義が疑似科学支持と親和性のあることを示す実例である。
posted by Kumicit at 2012/03/05 08:57 | Comment(1) | TrackBack(0) | ID: General | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
よーするにトーグですねw
コアアースは魔術アクシオムが低いので
占星術が当たらないのです
Posted by yueruの兄 at 2012/03/05 19:38
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック