2012/03/13

オクラホマ州上院の反進化論州法案は委員会で時間切れ廃案

米国の進化論教育を守るNational Center for Science Educationによれば、放置モードに入っていたオクラホマ州上院の反進化論州法案SB1742が廃案になった:
Oklahoma's Senate Bill 1742 − one of two bills attacking the teaching of evolution and of climate change active in the Oklahoma legislature during 2012 − is dead, having died in committee on March 1, 2012, when a deadline for bills in the senate to be reported from their committees passed. The other bill, House Bill 1551, remains active, having been passed by the House Common Education Committee on February 21, 2012; HB 1551 appears not to have been scheduled for a floor vote in the House yet.

2012年オクラホマ州議会で、進化論及び気候変動教育を攻撃する2つの州法案のうち、州上院SB1742が、委員会通過を報告する期限を2012年3月1日に超えたことにより、廃案となった。もう一方の、2012年2月21日に州下院教育委員会を通過したHB1551はまだ生きている。HB1551は州下院本会議での議決をスケジュールされていない。

[One down, one to go in Oklahoma (2012/03/12) on NCSE]
2012年2月に復活した昨年度の州法案HB1551も放置モード。2012年のオクラホマ州の反進化論州法案の季節は終わりのもよう。



現在、有効な反進化論州法および相当品は次の2個:


2012年の反進化論州法案は以下の通り:

2012年の反進化論州法案は廃案もしくは先送り:



2011年の反進化論州法案は廃案もしくは先送り:

2010年の反進化論州法案はすべて廃案:
2009年の反進化論州法案はすべて廃案:

2008年の反進化論州法案のうち以下が廃案:
posted by Kumicit at 2012/03/13 07:25 | Comment(0) | TrackBack(0) | News | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/257331905
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック