2012/03/24

メモ「思考の節約は保守主義を促進する」

University of ArkansasのScott Eidelmanたちによる、政治的保守主主義が思考の節約の結果であることを示唆する心理学研究がPersonality and Social Psychologyに掲載された
[Scott Eidelman et al.: "Low-Effort Thought Promotes Political Conservatism", Pers Soc Psychol Bull March 16, 2012 0146167212439213]

Abstract

The authors test the hypothesis that low-effort thought promotes political conservatism. In Study 1, alcohol intoxication was measured among bar patrons; as blood alcohol level increased, so did political conservatism (controlling for sex, education, and political identification). In Study 2, participants under cognitive load reported more conservative attitudes than their no-load counterparts. In Study 3, time pressure increased participants’ endorsement of conservative terms. In Study 4, participants considering political terms in a cursory manner endorsed conservative terms more than those asked to cogitate; an indicator of effortful thought (recognition memory) partially mediated the relationship between processing effort and conservatism. Together these data suggest that political conservatism may be a process consequence of low-effort thought; when effortful, deliberate thought is disengaged, endorsement of conservative ideology increases.

著者らは、思考の節約が政治的保守主義を促進するという仮説を検証する。研究1では、バーの常連客についてアルコール酩酊度を測定した。血中アルコール濃度が増加するほど、(性別・教育・政治的アイデンティティを調整後の結果で)政治的保守だった。研究2では、認知負荷の下で被験者は、無負荷時のときよりも保守的な態度を報告した。研究3では、時間の圧力により、保守的用語への被験者の支持が増加した。研究4では、政治的条件ををぞんざいな方法で考慮するように求めた被験者は、熟慮するように求めた被験者よりも、保守的用語へ支持が大きかった。思考努力の指標(認識記憶)は、思考努力と保守主義の関係を部分的に媒介していた。これらの結果は、政治的保守主主義が思考の節約の結果であることを示唆している。より思考努力および熟慮しないと、保守的イデオロギー支持が増加する。
これらの傾向は政治的立場が保守でもリベラルでも同様に見られるという。

なお、そもそもの保守とリベラルの差異については、「保守とリベラルで生理的反応および視線の動きに違いがあることを実験で確かめた」University of Nebraska-LincolnのMike Doddたちの研究がある


posted by Kumicit at 2012/03/24 11:49 | Comment(0) | TrackBack(0) | News | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック