2012/03/28

子供に麻疹の予防接種を受けさせず、子供が感染・昏睡状態に陥った事例

欧州では、予防可能な麻疹の感染拡大により、少数ながら死者も出ている。
In 2011, more than 30,000 people contracted measles in Europe. There were as many cases in 2010, that’s four times more than in 2009.

Eight patients died of measles complications, six in France, the hardest hit country. Ninety per cent of the cases in Europe have been reported in five countries: France, Italy, Romania, Spain and Germany. The vast majority were not vaccinated or not sufficiently so.

2011年には、30000人以上が、ヨーロッパで麻疹に感染した。 2010年にも同程度の感染があった。これは2009年の4倍以上である。

8人が麻疹の合併症で死亡しており、うち6人が最も感染が広まっているフランスで死亡している。欧州の感染者の90%は、フランス、イタリア、ルーマニア、スペイン、ドイツで報告されている。その大半は予防接種を受けていないか、受けたとしても十分なものではなかった。
Eliminating measles – personal stories (2012/03/26) on EuroNews]
予防接種を受けない理由の一つに、実際には含まれていない物質への恐れがある。
“The vaccines we use today in Europe – that is to say the MMR vaccines – Measles – Mumps – Rubella, contain none of these elements. They have no mercury, they have no aluminium. This is a completely unfounded fear,” explained Pierluigi Lopalco [heads the Vaccine Preventable disease Programme at the European Centre for Disease Prevention and Control}.

「我々が今日、ヨーロッパで使用するワクチン - 麻疹・おたふく風邪・風疹の混合ワクチンであるMMRワクチンには、水銀もアルミニウムも含まれていないこれは完全に根拠のない恐怖である」とPierluigi Lopalcoは説明している。
その一例が、看護師であり、理学療法士でもある母親が、子供に麻疹の予防接種を受けさせず、子供が感染・昏睡状態に陥った事例:
Nastasia has made a spectacular recovery. Just a year ago she was in a coma after contracting measles. The 16 year old who lives in Valence, in the South-East of France suddenly complained of a sore throat, red spots appeared and she had a high temperature. After one week at 41°C, she was hospitalised, diagnosed with encephalitis.

Nastasia was in a coma for 12 days. It took her four months to recover.

“The first things I remember are the physiotherapy sessions, because I was tetraplegic. After three weeks of physiotherapy, I could walk again, I could even climb the stairs. For one week, I could not speak. My first words were, ‘hello Mummy!’”

ナスターシャはみごとな回復をした。ちょうど1年前、彼女は麻疹に感染し、昏睡状態に陥った。フランスの南東部のヴァランスに住む16歳のナスターシャは、突如、喉の痛みを訴え、赤い斑点が現れ、彼女は高熱になった。 一週間後に41℃になり、彼女は入院し、脳炎と診断された。

ナスターシャは、12日間昏睡状態だった。意識が回復するまでに4ヶ月かかった。

「私が覚えてる最初のできごとは、手足の麻痺の理学療法のセッションでした。3週間の理学療法で、歩けるようになり、階段も昇れるようになりました。一週間は、しゃべれませんでした。しゃべれるようになって、最初に口にしたのは『こんにちは、ママ』でした」

...

Nastasia was not vaccinated. Her mother Corinne, a nurse and physiotherapist, explains the reasons for her choice.

“I didn’t have Nastasia vaccinated because I think that one builds one’s own immunity. I treated her with homoeopathy, I helped her build her immunity. Before contracting measles, Nastasia was never ill. I have nothing against the principle of vaccination, because I think that prevention is important. However, in vaccines, there are many additives, aluminium among them. We know now that aluminium might be one of the causes of Alzheimers, it can trigger many other ailments. After all, I would have liked her to catch childhood illnesses when she was little. I didn’t think I was taking a risk. I thought it was not necessary to have her vaccinated.”

ナスターシャは予防接種を受けていなかった。看護師であり、理学療法士でもある母親コリーヌは、その選択の理由を次のように説明している。

「人は自分の免疫を作れるものだと考えて、私はナスターシャに予防接種を受けさせませんでした。私はホメオパシーでナスターシャを治療し、免疫を自分で作れるように構築しました。麻疹に感染するまで、ナスターシャは病気になったことがありませんでした。予防接種の原則に異存はなく、予防は重要だと思っています。しかし、ワクチンには、多くの添加物、特にアルミニウムが含まれています。アルミニウムがアルツハイマー病の原因の一つかもしれないことを私たちは知っています。そして、それは多くの病気を引き起こいます。結局、私はナスターシャに子供のうちに、子供の病気に罹っておいてほしいと思いました。それが、リスクをとっているのだとは考えていませんでした。ナスターシャがワクチン接種を受けておく必要はないと思いました。」

Eliminating measles – personal stories (2012/03/26) on EuroNews]
ホメオパシーとワクチン否定論の実害がみごとに出ている。
タグ:Quackery
posted by Kumicit at 2012/03/28 08:01 | Comment(0) | TrackBack(0) | Quackery | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。