2012/04/07

STS学者Steve Fullerのインテリジェントデザイン支援をめぐって

STS学者Steve Fullerが、インテリジェントデザイン理論家Dr. William Dembskiと仲間たちのブログUncommon Descentで、「神学的背景なしには、科学の探求は大して意味をなさない」と書いている。
Premier Radio, one of the UK’s leading Christian radio stations, has been featuring several interviews/debates in recent weeks on matters related to ID, some of which have been flagged here and here.

The most recent one bears the title of this post and was aired last weekend (6th Feb), in which I debated the question with the historian Thomas Dixon, who basically holds that while we may have needed God to do science, we don’t need the deity anymore. My own view is that if we mean by ‘science’ something more than simply the pursuit of instrumental knowledge, then that quest still doesn’t make much sense without the relevant (Abrahamic) theological backdrop. I continue this line of argument in a new book, due out this summer.

英国の主要なキリスト教ラジオ局のひとつPremier Radioが、インテリジェントデザインに関する話題について、ここ数週間、インタビュー・討論をフィーチャーしている。

直近のは、このエントリのタイトル(我々は科学するのに神は必要か)を取り上げたもので、先週末(2010/02/06)に放送され、私がこの問題について、歴史学者Thomas Dixonと討論した。彼は基本的には、我々が科学するのに神は必要だったかもしれないが、いまでは必要ないという立場をとっている。私自身の見方は、もし我々が「科学」というものが手段的な知識の追及以上のものだと意味しているとするなら、関連する(アブラハムの)神学的背景なしには、この探求は大して意味をなさないというものだ。私はこのラインで論をこの夏に出版される新刊本で展開している。

[Steve Fuller: "Do We Need God To Do Science?" (2010/02/10) on UncommonDescent via ]Joshua Rosenau]
ここでは、神の必要性を述べているが、実際には、神を科学に持ち込む必要性があると考えているもよう。2005年のKitzmiller v. Dover裁判判決にあるように、Steve Fullerは、インテリジェントデザイン運動が、科学に超自然を持ち込むプロジェクトだと述べている。
Defendants’ expert witness ID proponents confirmed that the existence of a supernatural designer is a hallmark of ID. First, Professor Behe has written that by ID he means “not designed by the laws of nature,” and that it is “implausible that the designer is a natural entity.” (P-647 at 193; P-718 at 696, 700). Second Professor Minnich testified that for ID to be considered science, the ground rules of science have to be broadened so that supernatural forces can be considered. (38:97 (Minnich)). Third, Professor Steven William Fuller testified that it is ID’s project to change the ground rules of science to include the supernatural. (Trial Tr. vol. 28, Fuller Test., 20-24, Oct. 24, 2005). Turning from defense expert witnesses to leading ID proponents, Johnson has concluded that science must be redefined to include the supernatural if religious challenges to evolution are to get a hearing. (11:8-15 (Forrest); P-429). Additionally, Dembski agrees that science is ruled by methodological naturalism and argues that this rule must be overturned if ID is to prosper. (Trial Tr. vol. 5, Pennock Test., 32-34, Sept. 28, 2005).

弁護側専門家証人なインテリジェントデザイン支持者は、超自然のデザイナーの存在がインテリジェントデザインの特徴だと述べている。まず、Behe教授は「自分の意味するインテリジェントデザインは、自然法則によってデザインされたものではなく、デザイナーが自然の存在であることは尤もらしくない」と書いている。第2にMinnich教授は「インテリジェントデザインを科学と考えるには、超自然の力を考慮できるように科学の大原則を拡張する必要がある」と証言した。第3にSteven William Fuller教授は「インテリジェントデザインは、超自然を含むように科学の大原則を変更するプロジェクトである」と証言した。弁護側専門家証人から指導的なインテリジェントデザイン主唱者に目を転ずれば、Johnsonは、宗教による進化論への挑戦を聞いてもらうには、超自然を含めるように科学を再定義しなければならないと結論している。さらに、Dembskiは、科学は方法論的自然主義に律されており、インテリジェントデザインが成功するためにはこのルールを覆さなければならないと認めている。

[Case 4:04-cv-02688-JEJ Document 342 Filed 12/20/2005 ]
少なくとも、神を科学に持ち込むインテリジェントデザインを自分自身では信じていないのかもしれないが、存続させる必要はあると考えているようではある。


これとは別に、Steve Fullerがインテリジェントデザイン側に立っている理由について、次ような考えもある。
So why is Fuller on the ID side? Well, it isn't clear, but part of the answer seems to lie with the sociological blinders aforementioned. If you've ever been around folks in sociology, you probably know that many of them have a tendency to radically over-estimate the importance of the phenomena they study. (That's common in most disciplines, actually.) That is, they think that social forces--which, make no mistake about it, are very strong--are stronger and more influential than they actually are. They also have a tendency to ignore other important influences on human action--e.g. experience of the physical world and reason. In some places, Fuller states that he testified for the ID folks because they are the losers in a social power struggle for control of biology departments and curricula. Now, there's a confusion in there typical of sociologists of Fuller's type. There is an element of power struggle in all this, but it's not the only element, it's not the major element, and it's only marginally relevant to the question at hand. The court needed to determine whether or not "IDT" is science, and whether or not it was being pushed for religious reasons. Intelligent design theory is not considered bad science because it lost a power struggle in bio departments; rather, it lost out in bio departments because it's bad science. It's considered bad science because it is bad science; though sociologists like Fuller often come dangerously close to saying the reverse. If one could show that it lost out in bio departments solely or primarily because it lost a political battle, then that would be relevant. But you cant' show that. What with it being false and all.

なぜ、Steve Fullerはインテリジェントデザイン側にいるのか? 明確ではないが、ひとつの答えは前述の社会学的な盲目によるものではないかと思われる。もし、社会学に手を染めたことがあるなら、自分たちの研究している現象の重要性を大きく過大評価する傾向があることがわかるだろう(実際、大半の学術分野でも見られる)。すなわち、彼らは社会的力について、まったく間違っていないが、実際よりも強く、影響力が大きいと考える。彼らはまた、人間の行動への他の重要な影響力について無視する傾向がある。たとえば、物理世界の経験や論理などだ。ところどころでSteve Fullerは、インテリジェントデザイン支持者たちが生物学部と生物学のカリキュラムにおける戦いの敗者なので、彼らのため証言するのだと述べている。それこそが、Steve Fullerのような社会学者の起こす誤認だ。権力闘争という要素はある。しかし、それだけが要素のすべてではない。主要な要素でもない。問題に関連する唯一の要素でもない。法廷はインテリジェントデザインが科学か否か、そして宗教的理由でインテリジェントデザインが推進されているか否かを明かにしなければならない。インテリジェントデザインが悪い科学だと考えられているのは、生物学科での権力闘争に敗れたからではない。インテリジェントデザインは悪い科学だから、生物学科で敗北したのだ。悪い科学だから悪い科学だと考えられているのだ。しかし、Steve Fullerのような社会学者は、危険なまでに、その逆を言う。政治闘争に敗れたという一つの、あるいは主たる理由で、生物学科で敗退したのだと証明できるとするなら、適切な言説だろう。しかし、示せなければ、ただの間違いだ。

[WINSTON SMITH: "Bad Guy Team-Up: ID + SSK" (2007/11/14) on Philosoraptor via PZ Myers]
Steve Fullerは、存続させる価値があると考えるインテリジェントデザインが、政治闘争に敗北しているので、これを支援するのだと考えている可能性を、このWinston Smithは指摘している。

同様の指摘はSTS学者Bryan Pfaffenbergerもしている:
My colleague Steve Fuller fell into this trap head-first, I believe, when he was asked to testify about how an STS scholar would view intelligent design. The Strong Program tells him, quite rightly, that both the Darwinian and Intelligent Design camps are socially constructed, to a degree. What Steve failed to acknowledge, I think, is to WHAT degree.

私の同僚Steve Fullerは、インテリジェントデザインをSTS学者がどう見るかについて証言を依頼されたとき、このトラップに頭から落ちたと私は考えている。"Strong Program"は彼に、まったく正しく、ある程度は、ダーウィン勢力もインテリジェントデザイン勢力も、ともに社会的に構成されていると告げている。Steve Fullerが誤ったのは、その程度に気づかなかったことだと思う。

[Bryan Pfaffenberger, Univ. of Virginia (2006/08/16) on STS wiki]
正しい科学理論も間違った科学理論も同じ方法で扱われるべき」と提唱するStrong Programにおける「社会的に構成されている度合い」の見落とし問題だとPfattenbergerは言う。

もし、そうなら、STSのような、科学哲学よりもさらにメタなレベルでも、Steve Fullerのインテリジェントデザイン支援について議論することは可能だろう。


posted by Kumicit at 2012/04/07 16:39 | Comment(0) | TrackBack(0) | ID: General | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック