2012/04/10

テネシー州Bill Haslam知事の判断は期限ぎりぎりに

Associated Pressの報道によれば、2012年3月26日にテネシー州上下院で可決された反進化論州法案HB361/SB893について、テネシー州Bill Haslam知事(共和党)は期限ぎりぎりの明日(2012/04/10)に判断する。
Gov. Bill Haslam said Monday it would probably be close to the signing deadline before he decided whether to sign a bill to protect teachers who allow students to criticize evolution and other scientific theories, such as global warming.

The deadline is Tuesday. The Republican governor can also veto the measure or let it become law without his signature. He has said he would probably sign it.

Last week, Haslam was handed a petition with more than 3,000 signatures urging him to veto the legislation, which encourages critical thinking by protecting teachers from discipline if they help students critique "scientific weaknesses." It passed the Senate 24-8 last month and 70-23 in the House last year.

Haslam said the petition had an impact, but he also noted the support for the bill in the Legislature.

"It passed 3-to-1 in the House and the Senate, so you take that into account, as well," he said.

Bill Haslam州知事は月曜日(2012/04/09)に、進化論及び地球温暖化のような科学理論を教師が批判する権利を保護する州法案の署名するかどうかの決断は、期限ぎりぎりになるだろうと述べた。署名期限は火曜日(2012/04/10)である。共和党知事は拒否権を発動するか、署名せずに州法を成立させることもできる。彼はおそらく署名するだろうと述べていた。

先週、Haslam州知事は、「科学的に弱いところ」を批判する生徒を支援する教師を処分から保護する州法案に対して、拒否権発動を求める3000名以上の署名の嘆願書を受け取った。この州法案は先月(2012/03)に州上院で24-8, 昨年に州下院で70-23で可決された。

Haslam州知事は嘆願書のインパクトはあるが、州議会の州法案に対する賛成の意志も注視すると述べた。「州法案は州上下両院で3倍の差で可決された。これについても考慮すべきである」

[Haslam says he will likely decide Tuesday whether to sign evolution bill (2012/04/09) by the Associated Press]




現在、有効な反進化論州法および相当品は次の2個:

2012年の反進化論州法案は以下の通り:

2012年の反進化論州法案は廃案もしくは先送り:



2011年の反進化論州法案は廃案もしくは先送り:

2010年の反進化論州法案はすべて廃案:
2009年の反進化論州法案はすべて廃案:

2008年の反進化論州法案のうち以下が廃案:


posted by Kumicit at 2012/04/10 07:25 | Comment(0) | TrackBack(0) | ID: General | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック