2012/04/11

テネシー州の反進化論州法HB368/SB893成立

2012年3月26日にテネシー州上下院で可決された反進化論州法案HB361/SB893について、テネシー州Bill Haslam知事(共和党)は拒否権を発動せず、州法として成立させた。
Gov. Bill Haslam has declined to sign Tennessee's so-called evolution bill, which protects teachers who criticize evolution, global warming and other scientific theories.

The Republican governor did not veto the measure or sign it, but instead let it become law without his signature. He said earlier that he would probably sign it.

Bill Haslam州知事はテネシー州の、進化論と地球温暖化とその他の科学理論を批判する教師を保護する、いわゆる進化論州法への署名を辞退した。共和党州知事は州法案に拒否権を発動せず、署名もせず、署名なしに州法として成立させた。これまで彼は署名するだろうと述べていた。

Haslam released this statement today: (本日のHaslam州知事の声明)

“I have reviewed the final language of HB 368/SB 893 and assessed the legislation’s impact. I have also evaluated the concerns that have been raised by the bill. I do not believe that this legislation changes the scientific standards that are taught in our schools or the curriculum that is used by our teachers. However, I also don’t believe that it accomplishes anything that isn’t already acceptable in our schools.

“The bill received strong bipartisan support, passing the House and Senate by a three-to-one margin, but good legislation should bring clarity and not confusion. My concern is that this bill has not met this objective. For that reason, I will not sign the bill but will allow it to become law without my signature.”

私はHB368/SB893の最終表記をレビューし、州法の影響を評価した。同時に私は州法案への懸念についても評価した。この州法は我々の学校で教えられている理科教育基準および、我々の教師たちが使っているカリキュラムを変更するものではないと私は考えている。しかし、既に我々の学校で受け入れられない何かを達成するものだとも、私は考えていない。

この州法案は、3対1の大差で下院と上院を通過し、超党派の強い支持を受けた。しかし、良い法律は明快であるべきで、混乱をもたらすべきではない。私の懸念は、この法案は、この目的を満たしていないことにある。そのため、私は法案に署名しないが、私の署名なしに州法となることを容認する。

[Jane Roberts: "Tennessee evolution bill becomes law without governor's signature (2012/04/10) on The Commercial Appeal]
ルイジアナ州の反進化論州法SB733/Act473は、民主の一部議員以外の圧倒的多数で成立し、共和党Bobby Jindal州知事が署名して州法となった。これに対して、今回のテネシー州では、そこまでの多数ではなく、州知事も署名を拒否した。ただ、いずれにせよ、州法として成立したことに違いはない。

ルイジアナ州の場合は、公立学校で創造論を教えることを望む州民の意志が強く、成立から2年後にひとつの学区が創造論教育へ歩みだそうとしたことがある。その後、American Civil Liberties Union (ACLU) Americans United for Separation of Church and State (AU)との裁判に勝てる見込みがないと判断したのか、目立った動きがない。

テネシー州の今後がどうなるかわからないが、学区レベルで創造論教育を行う動きが実際に出たところで、法廷闘争となると思われる。



HB368/SB893は、公立学校の理科の授業で、インテリジェントデザインを含む創造論や温暖化否定論などの提示を可能とするように記述されている。
[H. concurred in S. am. no. 1, Ayes 72, Nays 23 03/26/2012

HOUSE BILL 368 By Dunn
SENATE BILL 893 By Watson

AN ACT to amend Tennessee Code Annotated, Title 49, Chapter 6, Part 10, relative to teaching scientific subjects in elementary schools.

BE IT ENACTED BY THE GENERAL ASSEMBLY OF THE STATE OF TENNESSEE:

SECTION 1. Tennessee Code Annotated, Title 49, Chapter 6, Part 10, is amended by adding the following as a new, appropriately designated section:

以下を新たな適切なセクションとして追加することで、Tennessee Code Annotated, Title 49, Chapter 6, Part 10を修正する。

(a) The general assembly finds that:
州議会は以下を見出した。

(1) An important purpose of science education is to inform students about scientific evidence and to help students develop critical thinking skills necessary to becoming intelligent, productive, and scientifically informed citizens;

生徒たちに科学的証拠を知らせ、知的で生産的で科学的な情報を持つ市民となるために必要な批判的思考スキルを生徒たちが成長させるのを支援することが、理科教育の重要な目的であり、

(2) The teaching of some scientific subjects, including, but not limited to, biological evolution, the chemical origins of life, global warming, and human cloning, can cause controversy; and

生物進化と生命の化学起源と地球温暖化とヒトクローンを含むが、これらに限らず、いつくかの科学的話題の教育に、論争を引き起こす可能性のあり、

(3) Some teachers may be unsure of the expectations concerning how they should present information on such subjects.

教師のなかには、そのような話題について情報をどう提示すべきかについて期待されるべきものを不確かな者もいる。

(b) The state board of education, public elementary and secondary school governing authorities, directors of schools, school system administrators, and public elementary and secondary school principals and administrators shall endeavor to create an environment within public elementary and secondary schools that encourages students to explore scientific questions, learn about scientific evidence, develop critical thinking skills, and respond appropriately and respectfully to differences of opinion about controversial issues.

州教育委員会と初等中等学校管理部門と学校責任者と学校制度管理者と初等中等学校長と管理者は、公立初等中等学校において、生徒たちが科学的問いを探求し、科学的証拠について学び、批判的思考スキルを成長させ、論争問題について異なる意見に対して、適切かつ敬を以て対応できるような環境の構築に努めなければならない。

(c) The state board of education, public elementary and secondary school governing authorities, directors of schools, school system administrators, and public elementary and secondary school principals and administrators shall endeavor to assist teachers to find effective ways to present the science curriculum as it addresses scientific controversies. Toward this end, teachers shall be permitted to help students understand, analyze, critique, and review in an objective manner the scientific strengths and scientific weaknesses of existing scientific theories covered in the course being taught.

州教育委員会と初等中等学校管理部門と学校責任者と学校制度管理者と初等中等学校長と管理者は、科学的論争についての理科カリキュラムの効率的な提示方法を教師が見つけるのを支援するよう努めなければならない。このために、授業で教えられる範囲の既存科学理論の強いところと弱いところを客観的に理解と分析と批判とレビューするのを助けることを教師に認めなければならない。

(d) Neither the state board of education, nor any public elementary or secondary school governing authority, director of schools, school system administrator, or any public elementary or secondary school principal or administrator shall prohibit any teacher in a public school system of this state from helping students understand, analyze, critique, and review in an objective manner the scientific strengths and scientific weaknesses of existing scientific theories covered in the course being taught.

州教育委員会と初等中等学校管理部門と学校責任者と学校制度管理者と初等中等学校長と管理者は、この州の公立学校で、教師が生徒による、授業で教えられる範囲の既存科学理論の強いところと弱いところを客観的に理解と分析と批判とレビューするのを助けることを禁じてはならない。

(e) This section only protects the teaching of scientific information, and shall not be construed to promote any religious or non-religious doctrine, promote discrimination for or against a particular set of religious beliefs or non-beliefs, or promote discrimination for or against religion or non-religion.

このセクションは、科学的情報を教えることを保護するものであり、宗教あるいは非宗教の教義の推進や、特定の宗教信条あるいは非宗教信条の支持・反対についての差別の推進や、宗教あるいは非宗教についての差別を推進するものとして解釈してはならない。

SECTION 2. By no later than the start of the 2011-2012 school term, the department of education shall notify all directors of schools of the provisions of this act. Each director shall notify all employees within the director's school system of the provisions of this act.

2011-2012学校年度の開始までに、州教育省は学校責任者にこの州法の条項を通知しなければならない。各責任者は管轄する学校の被雇用者すべてに州法の条項を通知しなければならない。

SECTION 3. This act shall take effect upon becoming a law, the public welfare requiring it.

この州法は、公共の福祉がそれを必要とする、法律になることによって、その効力を生ずる。
創造科学を進化論と同一時間教えるこを義務付けたり、インテリジェントデザインの教育を義務付けた州法が違憲判決を受けているため、表現は次第に曖昧になってきて、現在のバージョンはこのようなものになっている。それでも、授業で創造論などが提示できれば目的達成。

なお、既に成立・発効しているルイジアナ州反進化論州法も同様の記述である。



現在、有効な反進化論州法および相当品は次の3個:

2012年の反進化論州法案は以下の通り:

2012年の反進化論州法案は廃案もしくは先送り:



2011年の反進化論州法案は廃案もしくは先送り:

2010年の反進化論州法案はすべて廃案:
2009年の反進化論州法案はすべて廃案:

2008年の反進化論州法案のうち以下が廃案:
posted by Kumicit at 2012/04/11 06:55 | Comment(0) | TrackBack(0) | ID: General | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/263693674
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック