2012/04/19

既に弱められているテネシー州の進化論教育

テネシー州では実態として、進化論教育は既に弱められており、反進化論州法は形式的にそれを追認しているにすぎないという。Times Free Pressの報道によれば...
“We don’t even call it evolution. We call it genetic change,” said Donna Sellers, lead teacher in the math, technology and science academy at Central High School. “Evolution is when a bacteria becomes resistant to an antibiotic. It’s how the woolly mammoth became extinct and how the horses used to be smaller. It’s sub-breeds of dogs. It has nothing to do with whether man was once a monkey.”

“I am a Christian ... but our job as teachers is to present the side of science, not to discredit what [students] learn at home or at church.”

「我々は進化とすら呼ばない。遺伝的変化と呼ぶ。進化は細菌が抗生物質に抵抗力を持つことであり、ウーリーマンモスが滅ぶことであり、馬が小さくなることであり、犬の繁殖である。人間がかつて猿だったかどうとは何の関係もない。私はキリスト教徒だが、教師としての仕事は科学の面を提示することであって、生徒が家庭や教会で学んだことを否定することではない。」とCentral High Schoolの数学・技術・科学アカデミーの指導的教師Donna Sellersは言う。

...

According to a Penn State survey last year of 926 public high school biology instructors, the majority of those teachers were not strong advocates of evolutionary biology.

Twenty-eight percent of teachers said they consistently introduce evidence that evolution occurred and create lesson plans that use evolution as a unifying theme for the biology course.

Another 13 percent of biology teachers said they advocate for creationism by spending some class time talking about it in a positive light.

The rest of the study reveals a “cautious 60 percent” of science teachers who wanted to avoid the controversy altogether. They may teach some parts of evolutionary theory while ignoring others.

“Some teachers rationalize the teaching of evolution by referring to high-stakes examinations,” the study stated. “These teachers tell students it does not matter if they really ‘believe’ in evolution, so long as they know it for the test.”

公立高校926校の生物教師についてのPenn Stateの昨年の調査によれば、これらの大半は進化生物学の強い支持者ではない。

28%の教師は一貫して、進化が起きた証拠を提示し、生物学コースの統一的テーマとして進化論を使う授業計画をつくっている。13%は授業の時間を使って肯定的に創造論を支持している。残りの慎重な60%の理科教師は論争を避けようとして、進化論の一部を教え、他の部分を無視する。

調査によれば「一部の教師は進化論教育を成績を良くする手段として正当化する。これらの教師は生徒に対して、進化論を信じるかどうかは問題ではなく、試験でそう回答すればよいと言っている」

[Joan Garrett and Kevin Hardy: "‘We don’t even call it evolution’" (2012/04/15) on Times Free Press]



posted by Kumicit at 2012/04/19 08:10 | Comment(0) | TrackBack(0) | News | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。