2006/11/13

目的論を語る子供たち

Kelemen&DiYanni(2005)は、英国の児童を調査して、「生物および非生物の自然界の事物について、人工物のような目的機能の説明をつくり、動物と人工物の起源としてインテリジェントデザインを支持する傾向があること」を見つけている:
Deborah Kelemen and Cara DiYanni
Boston University
Intuitions About Origins: Purpose and Intelligent Design in Children's Reasoning About Nature
Journal of Cognition and Development, 2005, Vol. 6, No. 1, Pages 3-31
(doi:10.1207/s15327647jcd0601_2)[Abstract]


実験に参加した児童は、西ロンドンの2つの公立学校の:
  • 6歳8ヶ月〜 7歳9ヶ月 31名 (男子17, 女子14) 平均 7歳3ヶ月 [Year=2 第1学年]
  • 9歳9ヶ月〜10歳3ヶ月 24名 (男子14, 女子10) 平均10歳3ヶ月 [Year=5 第5学年]
であり、人種構成は(両親から特定):
  • 欧州および英国 ......... 全体30%, Year=2 23%, Year=5 38%
  • アフリカおよびカリブ ... 全体20%, Year=2 26%, Year=5 13%
  • 混血 ................... 全体20%, Year=2 23%, Year=5 17%
  • アラブ ................. 全体11%, Year=2 13%, Year=5 8%
  • 南アジア ............... 全体 9%, Year=2 13%, Year=5 4%
  • ラテンアメリカ ......... 全体 4%, Year=2 4%, Year=5 4%
  • 不明 ................... 全体 7%, Year=2 0%, Year=5 17%
であって、1名を除いて英国生まれで、全員が英国育ち。両親の年収は低い〜中低。
宗教は、キリスト教40%, イスラム教31%, 無宗教11%, ヒンズー5%, 不明13%


主な集計結果を見てみると...


TABLE 2: 誰が起源かと質問したときの自由回答

誰: 人間 神 自然 不明
-----------------------------------
自然現象: 19% 50% 8% 23%
自然物: 19% 44% 0% 37%
動物: 3% 76% 0% 22%
人工品: 58% 3% 0% 39%

動物の起源は神様というのは強く支持されている。

目的論的な質問に目的論で返してきた学年別比率は..

TABLE 3:起源の目的論質問したときの目的機能な回答した比率(選択肢から)

学年: 自然現象 自然物 動物 人工品
----------------------------------------------
Year2: 32% 60% 53% 82%
Year5: 27% 48% 35% 92%
合計: 30% 55% 45% 86%

人工品は本来、目的機能なもので、これは普通。自然現象に目的を見出さないが、自然物には見出す傾向がある。いずれにせよ学年があがると、目的機能な回答は減少する。

インテリジェントエージェンシーすなわち、神様とか人間とかインテリジェンスを持つもを起源・原因だと回答した比率を学年別に見ると...

TABLE 4: インテリジェントデザインな質問に対して、
     インテリジェントエージェンシーな回答をした比率

学年: 自然現象 自然物 動物 人工品
----------------------------------------------
Year2: 45% 53% 73% 87%
Year5: 35% 27% 58% 88%
合計: 41% 42% 46% 87%

人工物にインテリジェントエージェンシーだと答えていないのは少数派。これはいいとして、動物は、自然現象や自然物よりも、インテリジェントエージェンシー起源と回答されることが多い。が、学年があがるとその比率は落ちていくというもの。


インテリジェントエージェンシーな原因から選択させた場合は...

TABLE 5: 誰が起源かインテリジェントデザインな
     質問したときの選択肢からの回答

誰: 人間 神 不明
-----------------------------------
自然現象: 13% 84% 2%
自然物: 17% 83% 0%
動物: 8% 82% 10%
人工品: 82% 13% 5%

これは、無理にインテリジェントエージェンシーから選択させているので、これは人間起源と神様起源の識別を目的としたもの。人工品を神様のせいにすることはあまりないことの確認程度。


なお、質問&回答例文はAbstractのページから論文全体へのリンクがあるので、そこで論文のAppendix A/B参照。


感覚的には予想される結果だが、ちゃんと研究調査されている点で、論拠に使えるものだ。

posted by Kumicit at 2006/11/13 00:01 | Comment(0) | TrackBack(0) | ID: General | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。