2012/05/21

その後の、Harold Camping信者たち

まもなくHarold Campingのラプチャー予言ハズレ一周年にあたり、Religion DispatchのTOM BARTLETTがその後の信者を追っている。

その中で、興味深い事例を彼は拾っている。それは...
Not that believers didn’t have their doubts in the beginning. Everyone I talked to assured me that they, too, weren’t sure at first. But after a certain point, maybe without consciously realizing it, they made a decision to abandon those doubts, to choose to believe. A young mother tried to help me understand the evidence before throwing up her hands. “It’s about the believers and the unbelievers, you know?” she said.

“They’ve been around forever and as much as we’re positive, there are going to be people who are going to question it because they don’t believe, if you know what I mean? If you believed it you’d be as sure as I am.”

最初から疑いを持たない信者はいない。私が話した誰もが、最初は確信を持っていなかったと確答した。しかし、あるポイントを通過すると、おそらく、それがいつだったのか意識されてないだろうが、彼らは疑うことをやめて、信じることを選ぶ。ひとりの若い母親が、信じる前どうだったかの証拠を理解する手助けをしてくれた。

「それは、信者と非信者の違いです。彼らは永遠に周りにいて、私たちと同じようにポジティブです。信じていないが故に疑問視する人々がい続けます。わかりますか? もし信じていれば、私と同じように確信を持っているでしょう」

[TOM BARTLETT:Where Are They Now? (2012/05/18) on Religion Dispatch]
疑うという行為はコストがかかる。特に大きいのは、「事実を確定できないために、何をすべきか定まらない」ままに時が流れていくというコストだ。そのうち、ゴミとして捨てるか、疑うことをやめるか、いずれかになるだろう。それが、Harold Campingのラプチャー予言でも同様に起きていたようだ。

そして、2011年5月21日がハズレて、延期した2011年10月21日も何事もなく過ぎ去ると、脱落する信者も出てくる。その脱落の有様はひとによって違っている。元々確信を持っていたわけではないと自分自身をも欺く場合もあれば...
I was struck by how some believers edited the past in order to avoid acknowledging that they had been mistaken. The engineer in his mid-twenties, the one who told me this was a prophecy rather than a prediction, maintained that he had never claimed to be certain about May 21. When I read him the transcript of our previous interview, he seemed genuinely surprised that those words had come out of his mouth. It was as if we were discussing a dream he couldn’t quite remember.

自分が間違えたと認めるのを回避するために、信者が過去をいかに改変するかに私は衝撃を受けた。予言ではなく預言だと私に告げた二十代半ばの技師は、5月21日という日付に確信を持っていると主張したことはないと述べた。私が前回のインタビューの書き起こしを読み上げると、彼はそのような言葉を自分で言ったことに本当に驚いていた。あたかも、彼が覚えていない夢について話しているようだった。

[TOM BARTLETT:Where Are They Now? (2012/05/18) on Religion Dispatch]
完全に信者であることをやめてしまう場合もあり...
Other believers had no trouble recalling what they now viewed as an enormous embarrassment. Once October came and went without incident, the father of three was finished. “After October 22, I said ‘You know what? I think I was part of a cult,’” he told me. His main concern was how his sons, who were old enough to understand what was going on, would deal with everything: “My wife and I joke that when my kids get older they’re going to say that we’re the crazy parents who believed the world was going to end.”

他の信者は、今にして思えば赤っ恥なことを思い出すことに支障はなかった。10月が来て、何事もなく過ぎていくと、3人の子供の父親は、信者でなくなっていた。「10月22日の後、私は『わかるかい?カルトの一員だったと私は考えている』と言った。私の最大の懸念は、何が起きたかわかるくらいの年齢の息子たちに、どう対処するかです。妻と私は子供たちが大きくなったら「私たちは世界が終ると信じていた馬鹿な両親だ」と言おうかと話しています。」

[TOM BARTLETT:Where Are They Now? (2012/05/18) on Religion Dispatch]
信仰そのものを喪失する場合もあり...
Among those I came to know and like was a gifted young musician. Because he was convinced the world was ending, he had abandoned music, quit his job, and essentially put his life on hold for four years. It had cost him friends and created a rift between some members of his family. He couldn’t have been more committed.

In a recent email, he wrote that he had “definitely lost an incredible amount of faith” and hadn’t touched his Bible in months. These days he’s not sure what or whether to believe. “It makes me wonder just how malleable our minds can be. It all seemed so real, like it made so much sense, but it wasn’t right,” he wrote. “It leaves a lot to think about.”

私が知っている人々の中で、私が気に入っているのは、若き才能あるミュージシャンである。彼は世界が終ると確信していたので、音楽をやめ、仕事を辞めて、4年間を信仰に捧げた。それにより、友人を失い、家族との間に亀裂が入った。それ以上、関われなくなっていた。

最近のメールで、彼は「信じられないくらい信仰を喪失した。数か月間、聖書に触れてもいない。ここのところ、何を信じるべきか、信じないべきかわからくなっている。人の心がどこまで適応できるのかわからなくなっている。とてもリアルに思えて、意味があると思えるのだが、しかし、それは正しくない。考えるべきことが多く残っている。」と書いている。

[TOM BARTLETT:Where Are They Now? (2012/05/18) on Religion Dispatch]
他にも、老後の資金をつぎ込んだ人もいたが、どうなっただろうか。


それはさておき、Harold Camping自身が「2011/5/21と2011/10/21という日付に何らかの意味がある」としつつも、ラプチャー予言について誤りを認め、新たな予言を出していない。このためか、その昔のSeventh Day Adventistの例などで見られる「予言が外れてからが宗教の本領発揮、より凝り固まっていく」という事態は見られていない。



関連エントリ



posted by Kumicit at 2012/05/21 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | Others | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック