2006/11/12

オハイオとカンザス州教育委員会では進化論サイドが優位に

2006年11月8日付のScienceNOW Daily Newsの記事「
Yudhijit Bhattacharjee:Intelligent Design Suffers Further Setback in Midterms
」によれば:
Intelligent design (ID) received a drubbing yesterday, with pro-evolution candidates taking control of the Kansas State Board of Education and strengthening their representation on the Ohio State Board of Education. Many scientists also cheered the defeat of Senator Rick Santorum (R-PA), one of the most politically influential supporters of the ID movement.
In Ohio, incumbent board member Deborah Owens Fink lost decisively to Tom Sawyer, a former teacher and U.S. representative. Owens Fink had repeatedly attempted to dilute evolution in Ohio's science standards. Sawyer, who contested the seat at the urging of Ohio scientists, will help swell the ranks of moderates on the 19-member board. The scientists' group, Help Ohio Public Education, is also celebrating the victory of three other "pro-science" candidates including incumbent G. R. "Sam" Schloemer, who had described his candidacy as a referendum on ID. Schloemer won by a 2-to-1 margin over John Hritz, an ID supporter. The only pro-ID candidate elected Tuesday was Susan Haverkos.

インテリジェントデザインは昨日、大敗した。進化論支持の候補がカンザス州教育委員会の過半数を獲得し、オハイオ州教育委員会でも、さらに進化論支持の委員の数が増えた。ペンシルバニア州選出の共和党で、インテリジェントデザイン運動のもっとも政治的に有力な支持者のRick Santorumの敗北、多くの科学者が喜んでいる。
オハイオ州では、現職教育委員Deborah Owens Finkが、元教師で米国代表Tom Sawyerに大敗した。Owens Finkは繰り返し、オハイオ州の理科教育規準で進化論を弱めようとした。科学者たちの後押しで教育委員の席を争ったSawyerは、19名の教育委員会の穏健派の勢力を増やすことに貢献する。科学者グループ"Help Ohio Public Education"は、選挙をインテリジェントデザインについての国民投票と評した現職G. R. "Sam" Scheloermerを含む3名の科学支持派の勝利を祝っている。Schloemerは2:1の差で、インテリジェントデザイン支持者John Hritzに勝利した。火曜日に選出されたインテリジェント支持者はSusan Haverkosのみである。

In Kansas, supporters of evolution were already assured a majority on the 10-member state board after a primary election earlier this year. But that 6-4 edge was all they could manage yesterday, as two conservative incumbents retained their seats. "That shows the state is still very split on intelligent design. We have to continue educating the public about the issue," says Sally Cauble, a moderate Republican from southwest Kansas who will make her debut on the board next month.

カンザス州では、今年の初めの10名の州教育委員会の予備選挙で進化論支持者が過半数になることは既にに保証されていた。しかし、2人の保守派現職が残ったため、昨日なんとかできたのは6対4だった。「これは未だに州がインテリジェントデザインをめぐって二分されていることを示している。この問題について市民を教育し続けなければならない」と来月に教育委員会に加わる南西カンザス選出の穏健派共和党のSAlly Caubleは言った。


オハイオ州で敗北したOwens Finkについて、Panda's ThumbのRichard B. Hoppeは2008年11月8日付けのエントリ「Honest Science Wins in Ohio」において:
The most striking result of the SBOE election was the overwhelming defeat of Deborah Owens Fink. Owens Fink first brought Intelligent Design Creationism to the Ohio Board in 2000, offering a “two models” motion: teach both evolution and intelligent design. Later she followed the Disco Institute party line in advocating “critical analysis of education” (= Wells’s trash). When that was finally nuked in February 2006, Owens Fink commenced pushing a so-called “Controversial Issues Template” that in its original incarnation included global warming, stem cell research, cloning, and evolution as its targets. That effort was resoundingly rejected by the SBOE in October.

州教育委員会選挙で最も大きな結果は、Deborah Owens Finkの圧倒的敗北だった。Owens Finkは、進化論とインテリジェントデザインの両方を教える、"2モデル"運動を提唱して、2000年にオハイオ州教育委員会に初めて、インテリジェントデザイン創造論を持ち込んだ。
後に、Owens FinkはDisco Institueのパーティラインに従って、"進化論の批判的分析"(=Wellsのゴミ)を宣伝した。それが2006年2月に最終攻撃を受けると、Owens Finkはオリジナルには地球温暖化と幹細胞研究とクローンと進化論をターゲットとして含む、いわゆる"論争となる問題テンプレート"を押し始めた。しかし、その努力は10月に州教育委員会によって明確に拒絶された。



posted by Kumicit at 2006/11/12 00:01 | Comment(0) | TrackBack(0) | News | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック