2012/06/05

David Martin Shaw on "The Swiss report on homeopathy" (1/3) 怪しい方法

英国University of GlasgowのDr David Martin Shawが、ホメオパシーを有効だとしたスイスの報告書について、問題点を指摘している。そのひとつが、「倫理」を理由に「ランダム化比較試験」をしないと主張している点:
[David Martin Shaw: "The Swiss report on homeopathy: a case study of research misconduct", Swiss Med Wkly. 2012;142:w13594]

“Real-world effectiveness” and RCTs
"実世界有効性"とランダム化比較試験


We have already noted that systematic reviews and meta-analyses often take account of effectiveness. What, then, do the authors of the report mean by “real-world effectiveness”? The authors claim that this criterion takes account of safety while systematic reviews do not. We have also seen that reviews actually do take account of safety, but, somewhat ironically, the report itself does not. The authors state that “a systematic search for cases in the homeopathic and legal literature was not possible owing to problems of infrastructure, methodology and time” [1]. It is rather misleading of the authors to claim that their criterion includes elements that systematic reviews do not when reviews actually do and their own report does not. It is also ethically suspect to conclude that homeopathy is safe when no review was conducted.

我々は既に、系統的レビューやメタアナリシスが、有効性を明らかにすると指摘してきた。では、報告書の著者たちは"実世界有効性"で何を意味するのか? 著者たちは「系統的レビューが安全性を考慮していないが、この基準は安全性を考慮している」と主張しているが、アイロニーなことに、報告書自体がそうなっていない。著者たちは「インフラストラクチャーと方法論お時間の制約から、ホメオパシー及び法的文献における事例系統的調査は不可能である」[1]と書いている。実際には「系統的レビューにあって、報告書にない」のに、「自分たち規準には系統的レビューにはないものがある」と主張するのはミスリーディングである。レビューを行っていないのに、ホメオパシーは安全と結論するのは、倫理的疑わしい行為である。

A clue to the true nature of “real-world effectiveness” is provided through a question put by the authors themselves, viz.

"実世界有効性"の本質への手がかりは、著者自身の質問によって提示されている:
If homeopathy is highly likely to be effective but this cannot be consistently proven in clinical trials, the question arises of what conditions are needed for homeopathy to show its effectiveness and realise its potential, and what conditions threaten to obscure this? [1]

もし、ホメオパシーが有効であることは非常に可能性が高いが、臨床試験では有効性を安定して証明できないのであれば、ホメオパシーの有効性を示し、効果を発生さるために必要な条件が何であり、いかなる条件がこの効果を見えにくくしているのかという疑問が起こる。[1]

It is somewhat surprising that the authors are so bold as to include this question in the report. Here they appear to be admitting that they seek to show that homeopathy is effective and help the practice to flourish, and that they are willing to select any research conditions that will achieve this aim. Rather than accepting that the scientific method shows that homeopathy is ineffective, and accepting this, they argue that the method itself is flawed and create their own method to produce the answers they want. In essence, this looks like an admission of research misconduct, and raises serious questions about the authors’ objectivity.

いささか驚くことは、著者たちがこの疑問を報告書に含める厚かましさがあることだ。これにより、彼らは「自分たちがホメオパシーが有効であることを示し、ホメオパシー実践を広めるのを助けようとしていて、その目的を達成するために、いかなる調査条件でも選択する」ことを明らかにしているからだ。これを選択して、「ホメオパシーが役に立たないことを示す科学的方法」を選択しないのは、彼ら自身が「使用した方法が誤っていて、自分たちが求める答えを作るために、自分たち自身の方法を創った」と言っているに等しい。要するに、これは調査の不正行為の容認であり、著者たちの客観性に重大な疑問が起きる。

Not content with asserting that their criterion of effectiveness is superior when it is actually biased, the authors also attack the cornerstone of evidence-based medicine, the randomised controlled trial. In fact, they devote an entire chapter of the report to doing so, even though there was apparently no time to conduct a review of the literature on safety. Ironically, some of their concerns are of an ethical nature. They argue that it is unethical to repeat RCTs when a treatment is known to be effective, as some participants would be denied the best treatment. This is obviously true, but is no argument against RCTs. Who would want to repeat an RCT if the treatment is already known to be effective? They also argue that consent is no compensation for the fact that RCTs cannot guarantee equipoise, and conclude that authorities have no right to insist on RCTs because of these ethical problems. The authors are essentially arguing that it is unethical to establish whether a given treatment works; most people believe the opposite. (For homeopaths, of course, it might be convenient if they didn’t have to establish the effectiveness of their remedies.)

実際にはバイアスのかかった規準の有効性を主張するだけでは満足せず、著者たちは科学的根拠に基づいた医療の基礎たるランダム化比較試験を攻撃する。実際、彼らは安全性について文献をレビュー得る時間がないというのに、これには報告書のひとつの章を使っている。アイロニーなことに、彼らの懸念のいくつかは倫理的な性質のものである。彼らは「既に有効性が証明されている療法についてランダム化比較試験を繰り返すことは、被験者に最善の療法が適用されないという点で非倫理的である」と論じる。これは明らかに正しいが、ランダム化比較試験という方法を全然否定するものではない。治療法が有効だと証明されているのに、ランダム化比較試験を繰り返そうと誰が思うだろうか。彼らは「同意書が、ランダム化比較試験が均衡を保証できないという事実を補償するものではない」と論じて「これらの倫理的問題があるので、ランダム化比較試験を行う権利は当局にはない」と結論する。著者たちは本質的には「所与の治療法が効くか確定するのは非倫理的だ」と論じている。しかし、大半の人々はその真逆である。(もちろん、ホメオパスたちにとっては、彼らのレメディの有効性を確定する必要がないことにした方が都合がいいかもしれない。)

Note that the only point at which the word “ethics” is used in the document is when it is used to argue against RCTs. Given the large number of articles raising concerns about unethical aspects of homeopathy, it is troubling that the authors did not even mention the issues of potential harm to patients who choose homeopathy rather than effective conventional treatment. waste of resources through funding of ineffective treatment and the issue of deceiving patients in order to benefit them [4].

報告書が「倫理」という単語を使っているのは、ランダム化比較試験に反対売るときだけだということに注意すべきだ。ホメオパシーの非倫理的側面について懸念する大量の文献があるのに、著者たちは「有効な通常医療ではなくホメオパシーを選択することによる患者への実害の可能性」や「有効でない治療法への資金援助によるリソースの無駄」や「治療法が効果的だと患者を欺く問題」などに、まったく言及していない。

[1] Gudrun Bornhöft and Peter Matthiessen (eds.) Homeopathy in healthcare: effectiveness, appropriateness, safety, costs. Springer, 2012.
スイスの報告書はホメオパシーに一方的な記述をしている。その理由のひとつは... (つづく)




posted by Kumicit at 2012/06/05 08:27 | Comment(1) | TrackBack(0) | Quackery | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
いつも興味深い記事をありがとうございます。
「ランダム化比較試験はプラセボ群があるからやりたくない」という意見は未だに多いですから、このような論理にだまされる人も多いでしょう。
続きが楽しみです。

Posted by Ganymede at 2012/06/05 13:43
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。