2012/06/20

韓国の理科教科書「始祖鳥」問題への韓国教育科学技術部の反応

2012年6月5日の「South Korea surrenders to creationist demands」から2週間後、Natureが続報記事を掲載した。
In response to a public outcry after Nature’s story on the removal of examples of evolution from high-school biology textbooks, South Korea’s Ministry of Education, Science and Technology will set up a panel to oversee future revisions of science textbooks.

“We were busy with taking care of the civil complaints all day by phone,” says Ka-young Shin, an official from the ministry. “We are expecting more petitions and calls from the evolutionists and creationists regarding this issue in the future, so a committee of evolutionary scientists will set up guidelines for the future revision of science textbooks.”


高校の生物学の教科書から進化の事例が消えるというNatureの記事後の市民の抗議に対して、韓国教育科学技術部は、今後の理科教科書改訂を監督する委員会を設置する。

韓国教育科学技術部のKa-Young Shinは「我々は日々、市民からの苦情電話の対応に追われている。今後、この問題について、進化論者及び創造論者から請願や呼びかけが増大すると予想している。そこで、進化科学者の委員会が将来の理科教科書改訂のガイドラインを作成する」と述べた。

[< href="http://blogs.nature.com/news/2012/06/expert-panel-to-guide-science-textbook-revisions-in-south-korea.html">Brian Owens: "Expert panel to guide science-textbook revisions in South Korea" (2012/06/19) on Nature]
この件について、朝鮮日報の記事によれば...
교과부는 "시조새 관련 부분을 삭제한다는 것은 각 출판사 집필진의 의견일 뿐 공식적으로 확정된 것은 아니다"라고 밝혔다. 교과부는 과학적으로 논란이 있을 수 있는 부분이 있다면 보완하거나 분명한 증거가 있는 내용으로 대체하겠지만, 어떤 경우도 진화론을 가르치도록 한 교육과정이 훼손돼서는 안 된다는 입장이다.

教育科学技術部は「始祖鳥に関連する部分を削除するということは各出版社執筆陣のコメントだけであり、公式に確定したわけではない」と述べた。教育科学技術部は、科学的に議論がある可能性がある部分があれば補足したり、明確な証拠がある内容に置き換えられるが、いずれの場合も進化論を教えるようにした教育課程が毀損してはならないという立場だ。

교과부 관계자는 "교과서 수정・보완에 대한 최종 승인권을 가진 서울시교육청도 공감하고 있다"고 말했다. 교과부는 내년도 교과서 인쇄본을 수정・보완할 수 있는 시한인 9월말 전에 관련 학회와 전문가의 의견을 수렴한 뒤 지침을 각 출판사에 전달하겠다고 밝혔다.

教育科学技術部関係者は「教科書の修正・補完の最終的な承認権を持つソウル市教育庁も同調している」と述べた。教育科学技術部は来年度の教科書印刷版を修正・補完する期限の9月末に関連学会や専門家の意見をまとめ、ガイドラインを各出版社に伝えると述べた。

[이길성(イギルソン): "고교 교과서 시조(始祖)새 논쟁"(高校教科書の始祖鳥 新しい論争) (2012/06/20) on 朝鮮日報]
世界から笑われる状況に、韓国政府は反応したもよう。

しかし、韓国国内では...
But Dayk Jang, an evolutionary scientist at Seoul National University who is organizing a group of experts to counter the creationist campaign, says that although he has received expressions of support from abroad, many local scientists do not know how serious the battle is. “Only a few scientists came to me voluntarily wanting to join me. I had to go to each scientist one by one,” says Jang. “A majority of them never heard of what’s going on or how serious this is. Even if they know about it, it goes in one ear and out the other,” says Jang with a sigh.

しかし、創造論者の活動に対抗する専門家グループを立ち上げている、ソウル大学の進化科学者Dayk Jang(장대익)は、海外からの支援表明を受けたが、韓国国内の多くの科学者はこの戦いの深刻さを知らないと言う。「ほんの少数の科学者たちがボランタリーに私の活動に参加した。科学者一人一人に話をしなければならなかった。彼らの多くは、何が起きえいるか、どれくらい深刻なのか聞いたこともなかった。たとえ知ったとしても、右から左へ通り抜けていくだけだ」と述べた。

[< href="http://blogs.nature.com/news/2012/06/expert-panel-to-guide-science-textbook-revisions-in-south-korea.html">Brian Owens: "Expert panel to guide science-textbook revisions in South Korea" (2012/06/19) on Nature]
まだ、創造論が教科書や授業に侵入したわけではないので、反応が緩いのは仕方のないところかもしれない。



関連エントリ









posted by Kumicit at 2012/06/20 07:12 | Comment(0) | TrackBack(0) | News | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック