2012/06/22

創造科学の本拠地ICRのその昔の州議会決議案にある文言

かつての創造科学の本拠地Institute for Creation Researchは、1979年に科学的創造論と進化論を均等に扱うことを求めるモデル州議会決議案を掲載してた。その中に次のような記述がある:
This Resolution does not require or permit instruction in any religious doctrine or materials. This Resolution does not require any instruction in the subject of origins, but simply requires instruction in both scientific theories (of evolution and scientific creationism) if public schools choose to teach either. This Resolution does not require each individual textbook or library book to give balanced treatment to the two theories, but simply requires the textbooks as a whole in a course or the library books as a whole on a topic to give balanced treatment to the theories of evolution and scientific creationism; it does not require any school books to be discarded. This Resolution does not require each individual classroom lecture in a course to give such balanced treatment, but simply requires the lectures as a whole to give balanced treatment; it permits one unit to present the theory of evolution and a separate unit to present the theory of scientific creationism.

この決議は、いかなる宗教教義や宗教資料の教育を義務付けたり、許可したりするものではない。この決議は起源について、いかなる教育を義務付けるものではなく、公立学校が進化論と科学的創造論のいずれかを教えることを選択したときに、両方を教えることを義務付けるものである。この決議は個々の教科書や図書館の本について、両方の理論を均等に扱うことを義務付けるものではなく、課程の教科書全体もしくは図書館の本全体で、トピックについて進化論と科学的創造論を均等に扱うことを義務付けるものである。いかなる学校図書の廃棄を義務付けるものではない。この決議は個々の授業において均等な取扱いを義務付けるものではなく、授業全体として均等に扱うことを義務付けるものである。この決議は、1回の授業で進化論を扱い、別の授業で科学的創造論を扱ってもよい。

[RESOLUTION FOR BALANCED PRESENTATION OF EVOLUTION AND SCIENTIFIC CREATIONISM - IMPACT No. 71 May 1979]
注目すべきは「This Resolution does not require or permit instruction in any religious doctrine or materials. (この決議は、いかなる宗教教義や宗教資料の教育を義務付けたり、許可したりするものではない。)」という一文。

Discovery Instituteがつくったモデル州法案や最近の反進化論州法(案)でもよく見られる記述である。たとえばルイジアナ理科教育法にも...
This Section shall not be construed to promote any religious doctrine, promote discrimination for or against a particular set of religious beliefs, or promote discrimination for or against religion or nonreligion.

このセクションは、いかなる宗教教義の宣伝や、特定宗教信条についての優遇あるいは差別の推進、宗教あるいは非宗教について優遇あるいは差別の推進が可能だと解釈してはならない。
という類似した規定がある。政教分離を定めた連邦憲法修正第1条を回避することを狙って記述文を考えると、似たようなものになるのかも。あるいは真似したのかも。


posted by Kumicit at 2012/06/22 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | ID: General | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック