2006/11/27

英国教育省は創造論が理科の授業に合法的な場を持ち得ないことを明確にした

英国のキリスト教系シンクタンクEkklesiaと英国ヒューマニスト協会(BHA)は連名で「Government department rejects creationist infiltration of science teaching」というステートメントを2006年11月20日付で出した:
The Christian think-tank Ekklesia and the British Humanist Association (BHA) have welcomed a statement from the British government’s Department for Education and Skills (DfES) clarifying that ‘creationism’ – an ideology which uses discredited readings of scriptural texts to deny fundamental scientific discoveries – can have no legitimate place in UK school science classrooms.

キリスト教系シンクタンクEkklesiaと英国ヒューマニスト協会(BHA)は、

聖書の記述の信頼できない解釈法に従って基本的な科学の発見を否定するイデオロギーである創造論が、英国の学校の理科の授業において、合法的な場を持ち得ないとする英国教育省のステートメントを歓迎する。

The issue arose after a creationist group calling itself Truth in Science, the majority of whose key supporters believe that the world is only 8-10,000 years old, sent out a pack to secondary science heads encouraging them to include creationism and its cousin ‘intelligent design’ in their teaching.

支持者の大半が世界が8000〜10000年前に誕生したと信じる"Truth in Science"と称する創造論者たちのグループが、授業に創造論とその従兄弟たるインテリジェントデザインを含めるように、理科教員再教育担当に、教材パックを出したことで問題が起きた。

Ekklesia and the BHA teamed up to emphasise that this is not an issue which should divide religious and non-religious people. They wrote together to the Department for Education and Skills on 29 September 2006, asking for clear guidelines.

EkklesiaとBHAは共同で、これが宗教信仰者とそうでない人々を分割すべき問題ではないと強調した。EkklesiaとBHAは共同で教育省に対して2006年9月29日に、ガイドラインを明確にするように要請した。

In answer to the two organisations’ call that the DfES publicly repudiate these TiS materials, the Department has said that officials are “currently working with the QCA [Qualifications and Curriculum Authority] to find a suitable way of communicating to schools [that] it is not part of the Science National Curriculum.”
In addition, the DfES made it categorically clear that “[n]either the DfES nor the QCA have been involved in the development or distribution of the Truth in Science resource pack” – rejecting suggestions from some quarters that the ideas in the pack were somehow acceptable or compatible with their position.

教育省が"Truth in Science"の教材を公式に拒否統すべきというEkklesiaとBHAに質問書に対して、教育省は当局がQCA(資格カリキュラム局)とともに現在、これが理科の全英カリキュラムの一部でないことを、学校に通達する適切な方法を見出そうとしていると回答した。
これに加えて、教育省は、教育省もQCAも"Truth in Science"の教材パックの開発や配布に関与しないこと、そして、教材パックにある考え方が彼らのポジションにおいて容認可能もしくは互換であるという教育省内からの示唆を拒絶すことをを明らかにした

Andrew Copson, BHA education officer, said: “Truth in Science claimed the support of the National Curriculum and then they claimed the acquiescence of the DfES - it’s now clear they were wrong on both counts.”

BHAの教育問題担当Andrew Copsonは「"Truth in Science"が全英カリキュラムの支持を主張する一方で、教育省に足して意黙認を要求した。これはいずれも間違ったことなのは明らかだ」と言った。

Ekklesia co-director Simon Barrow added: “Teaching creationism in science classes is no more appropriate than teaching astrology or flat-earthism. It is, quite simply, non-science.”
He continued: “From our point of view it is also non-theology – an anachronistic attempt to force ancient figurative texts into denying modern scientific method. It sets up a false and damaging clash between religion and science which specialists in these fields do not accept.”

Ekklesiaの副所長Simon Barrowは「創造論を理科の授業で教えるのは、占星術や地球平板説を教えるのと同じく適切ではない。それはまったくの非科学だ。我々の観点では、それは、古代の比喩的な文書を以って、最新の科学研究を否定するという時代遅れの試みであって、非神学的でもある。それは、これらの分野の専門家が認めるところではない、宗教と科学の間違った有害な衝突を招く。」と付け加えた。

...

創造論やインテリジェントデザインが英国侵攻を企てている(たとえば英国Answers in Genesisとか)。創造論を教える私立学校もある。

==>忘却からの帰還: 英国の学校で創造論を教える財団

これに対して英国労働党ブレア首相は非常に甘い認識(The prime minister has rejected worries about current teaching of creationism)を持っている。

という状況下で、キリスト教系シンクタンクEkklesiaと英国ヒューマニスト協会(BHA)の要請により、英国教育省は踏みとどまったもよう。


タグ:創造論 英国
posted by Kumicit at 2006/11/27 00:01 | Comment(0) | TrackBack(0) | News | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック