2012/08/04

Andrew Wakefield 2012/8/3

学術的にも、医師的にも既に終わっているAndrew Wakefieldだが...


Andrew Wakefieldは、英国の医学学術誌BMJで自分の不正行為を追う記事をときどき掲載しているBian Deerを、何故か、現在の在住地であるテキサス州の地裁に名誉棄損で訴えていた。そして、その裁判は2012年8月3日に、門前払いに終わった。
Andrew Wakefield, who was stripped of his British medical license in 2010 for autism research that ignited a worldwide vaccine scare, cannot sue a U.K. medical journal, its editor and a British reporter for defamation in Texas, a judge in Austin ruled today.

Austinの裁判官が本日(2012/08/03)、「世界的なワクチン恐怖に火をつけた、2010年の自閉症研究により英国での医師免許を剥奪されたAndrew Wakefieldが、英国の医学学術誌を訴えた裁判で、テキサス州では編集は及び英国の記者を名誉棄損で訴えることはできない」との判決をくだした

In a one-paragraph order, Travis County District Judge Amy Clark Meachum said Texas courts don’t have jurisdiction over the parties Wakefield sued. She tossed out the case.

Wakefield, who is 55 and lives in Austin, vowed to pursue it. “We think we have a very good argument, and we plan to appeal,” he said.

Wakefield, pictured at right, has previously sued reporter Brian Deer in the U.K., but he withdrew those suits because, he said, he was dealing with a hearing on his medical license before the U.K.’s General Medical Council, which regulates doctors. The council found Wakefield guilty of serious professional misconduct, citing dishonest, irresponsible research he performed in 1998; actions contrary to the interests of children; conflicts of interests regarding his involvement in a lawsuit against a measles-mumps-rubella vaccine; and failing to disclose his involvement in seeking a patent for a rival vaccine.

Wakefield has said he was innocent of those charges. In January, he sued Deer for a 2011 article in the British Medical Journal and an editorial by Editor Fiona Godlee, claiming they had defamed him by calling his work fraudulent. ...

一段落の命令で、Travis郡地裁判事Amy Clark Meachumは「テキサス州の法廷はWakefieldが訴えた当時者を管轄していない」と述べて、訴えを却下した。

Austinに住んでいるWakefield(55)は「我々は良い論を持っていると考えているので、控訴する予定だ」と述べた。

Wakefieldは英国の記者Bian Deerを以前、訴えていたが、医師を監督する英国医学評議会での医師免許についての聴聞に対応するという理由で、訴えを取り下げていた。評議会は、1998年にWakefieldが実施した不正直かつ無責任な研究について、専門職として重大な不正行為がWakefieldにあったと判定した。不正行為とは、子供の利益に反し、彼が関与していたMMRワクチンとの利益相反行為にあたり、競合するワクチン特許について未記載だったことである。

Wakefieldはこの不正行為について無実であると述べた。2012年1月に、彼はBian Deerを2011年のBMJ掲載記事及び編集者Fiona Godleeによる記事に関して、Wakefieldによる研究が詐欺だと記述していて、名誉棄損にあたると、訴えていた。

[Mary Ann Roser: "Wakefield can’t sue U.K. journal, editor and reporter in Texas" (2012/08/03) on Stateman]
まだまだ、Andrew Wakefieldは米国で商売を続行しつつ、批判者を黙らせるべく裁判を続けるもよう。
posted by Kumicit at 2012/08/04 09:48 | Comment(0) | TrackBack(1) | Quackery | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック

Andrew Wakefieldの名誉毀損訴訟の棄却とその効果
Excerpt: 経緯 今年1月3日、Andrew Wakefield氏は、英国の医学誌BMJ(British Medical Journal)にWakefield氏の論文が捏造であることを報告したジャーナリストのB..
Weblog: ベムのメモ帳V3
Tracked: 2012-08-05 12:07