2006/12/06

"Intercessory Prayer"動向(6/7) -- Dr. Elisabeth Targ

Intercessory Prayerは脳腫瘍の治療に有効だと主張した精神科医Dr. Elisabeth Targ[][California Pacific Medical Center勤務]は、2002年7月18日午後11時11分、Portola Valleyで、41歳の誕生日の17日前に、脳腫瘍で亡くなった。脳腫瘍と診断された111日後のことだった[Bronson 2002]。

Bronson[2002]によれば、Dr. Elisabeth Targは自らが42歳で死ぬことになると確信していた:
She also put a lot of stock in her own intuition and dreams. All through her life, she had a recurring dream in which a birthday cake with 42 candles appeared (once, it was 42 birthday cakes). Targ became convinced this was a sign that she would die. At 42. Next year. 2003.

彼女は自らの直感と夢を信じていた。人生を通じて、彼女は繰り返し42本のローソクが立てられたバースデーケーキの夢を繰り返し見た。一度は、まさに42歳のバースデーケーキの夢だった。彼女はやがて、自らが42歳、翌年2003年に死ぬのだという徴だと確信するようになった。



Dr. Elisabeth Targの超自然に対するポジション

Dr. Elisabeth Targの父親Dr. Russell Targは物理学者であるとともに、超常現象屋[eg. R.Targ 1994,1999]でもあり、1970年代から1980年代にかけてof Uri Gellerの超能力研究に手を出していたこともある。Dr. Elisabeth Targも子供の頃から父親の超能力実験の対象となっていた[Russel and Harary 1984]。Gardner[2001]によれば:
Elisabeth first participated in psi experiments when she was a teenager. On page ninety-six of The Mind Race (1984), a book by Russell Targ and his former psychic friend Keith Harary, Elisabeth is identified as a medical student at Stanford, and an "experienced psi-experimenter and remote viewer." In 1970 she took part in a series of what the authors call successful experiments with a psi-teaching machine. She is said to have recently obtained degrees in biology and Russian.

Elisabethが最初の超能力実験を受けたのはティーエイジャーの頃だった。Russell Targとかつての超能力関連のお友達であるKeith Hararyとの本[Russel and Harary, 1984]の96ページに、ElisabethがStanfordの医学部学生であって、「熟達した超能力実験者であり、遠隔視能力者である」と記載されている。Elisabethは1970年には超能力ティーチングマシンによる、彼らによれば成功だった実験に参加した。Elisabethは細菌生物学とロシア語の学位を取得したと言われている。

そして、1980年9月に11月の大統領選挙でReaganがCarterに勝つと予測した。その方法はGardnerによれば:
Ms. Targ's friend Janice Boughton selected four objects to represent the four possible outcomes of the election: Carter wins, Reagan wins, Anderson wins, or none of the above. Each object, its identity unknown to Elisabeth, was put in a small wooden box. Boughton then asked Ms. Targ, "What object will I hand to you at twelve o'clock on election night?"

Elisabeth then predicted the election's outcome by remote-viewing the object she would be given. Her description of the object was white, hollow, conical, with a string attached to the cone's apex. The object that correlated with Reagan's victory was a conical shaped whistle with a string attached to one end.

Of course six weeks later Ms. Targ had to be handed the box with the whistle. Otherwise, as the book's authors put it, the initial question would have been meaningless.

Elisabeth Targの友人であるJanice Boughtonが、4つの選挙結果(Carter勝利, Reagan勝利, Anderson勝利, それ以外)に対応付けた4つの物を選んだ。どの選挙結果と物が対応付けられているかはElisabeth Targには知らされない。それら4つの物は小さな木箱に入れられた。BoughtonはElisabeth Targに「私が選挙の夜の12時に何を君に渡すだろうか?」と問うた。

Elisabeth Targは、何を受け取るかという未来を透視して、選挙結果を予測した。Elisabeth Targの予測は白い空洞な円錐で、その頂点に紐がついているものだった。その物はReaganの勝利と対応付けられたもので、紐を端につけた円錐形のホイッスルだった。

もちろん6週間後に、Elisabeth Targはホイッスルの入った箱を手渡されなければならない。でないとElisabeth Targにした質問が無意味になってしまう。
なんとなく、Magician's Selectな感じのする実験だが、とにもかくにも、超能力実験をしていたことは事実のようだ。

ただし、Dr. Elisabeth Targの主張は抑制されたもので、メカニズムについての仮説やアイデアを語ることはなかった[Bronson 2002]:
Targ refused to speculate. Her position: Use the scientific method to find out if an effect exists before trying to analyze how it works. For years, no one knew how morphine or aspirin worked - just that they were effective. The understanding came later.

Dr. Elisabeth Targは推測を拒否した。彼女のポジションは、効果が存在するなら、それがどう働くかを分析する前に、科学的方法でその効果を見つけること。長年にわたり、モルヒネやアスピリンが何故効くのかわからなかったが、それらは効いた。わかったのは後年のことだった。

She presented her data dozens of times at conferences but never offered a hypothesis. She enjoyed its mystique, its unknowable nature. Even in private, she almost never let herself be drawn into these discussions. Her coauthor on the study, Fred Sicher, a psychologist, is an enthusiastic believer in the prayer effect, and he would get into long arguments with their biostatistician, Dan Moore, who took the role of skeptic. Targ never joined in. Her boyfriend, Mark Comings, was a theoretical physicist. He felt that an eight-dimensional universe could explain how a healer in Santa Fe could influence a patient in San Francisco: In our ordinary three-dimensional world, healer and patient appear far apart, but in one of the as-yet-unmeasurable extra dimensions, they'd be in the same place. Targ would shake him off - speculation wasn't for her. She had patients to care for.

学会で何十回とDr. Elisabeth Targはデータを提示したが、仮説を提示することはなかった。彼女は知ることのできない自然という神秘性を楽しんでいた。個人的にも、彼女はほとんどそのような議論をしなかった。共著者である心理学はFred Sicherは祈りの効果の熱心な信奉者であり、懐疑論の役割をとる生物統計学者Dan Mooreと長きに渡って議論してきた。しかし、Dr. Elisabeth Targはその議論に参加したことはなかった。彼女のボーイフレンドMark Comingsは理論物理学者だった。彼は8次元宇宙がSanta Feの治療者(ヒーラー)が、San Franciscoの患者にいかに影響を与えるかを説明できるかもしれないと感じていた。我々は通常の3次元世界では治療者と患者は離れているが、測定不可能な別の次元では同じ地点にいるかもしれない。しかし、Dr. Elisabeth Targは、憶測は彼女の仕事ではないと言って、彼の論を退けた。彼女には治療すべき患者がいた。




テキサスの狙撃兵への道

特に疫学研究で起きる誤りに"テキサスの狙撃兵"がある:
テキサスの狙撃兵の誤り(Texas-sharpshooter fallacy)

テキサスの狙撃兵の誤りとは、疫学の研究者がクラスターの錯覚に与えている名前である。政治家や法律家や科学者のある者は、状況の中から病気の集団を取り出して、環境要因と病気の間に、あるはずもない因果関係をつくり出してしまう。統計的に有意なことがら(すなわち偶然では起こり得ないことがら)は、現実には確率の法則にしたがって、ある一定割合で生じるものなのだ...

クラスターの錯覚 (the clustering illusion)
クラスターの錯覚とは、ランダムに起こるべきある出来事がまとまって起 こったとき、それをランダムでないと錯覚してしまうことを指す。たとえば、 コイン投げで表が続けて4回出たら、多くの人は驚くだろう。しかし、20回連続してコインを投げた場合、表が続けて4回出る確率は50%もあるのだ...

参考: Gawande[1999]



Dr. Elisabeth Targと共同研究者たちは、この"テキサスの狙撃兵"を使って、論文[Sicher et al.1998]を書いてしまった。そのIntroductionには次のような記述がある:
For these reasons, and without having conducted any previous DH studies at all, we chose to evaluate DH in a population of advanced AIDS patients with 6-month follow- up. Our initial study was a double-blind pilot study of 10 treated and 10 control subjects conducted during July 1995 through January 1996. The pilot study suggested both medical and psychological benefits of distant healing. Four of the 10 control group subjects died, with no deaths occurring in the treatment group, but the result was confounded by age (those who died were older).

As a result, in the second larger study (reported here in full) a pairmatched design was used to control for factors shown to be associated with poorer prognosis in AIDS[Saah 1994], specifically age, T cell count, and illness history. Additionally, an important intervening medical factor changed the endpoint in the study design. The pilot study was conducted before the introduction of "triple-drug therapy" (simultaneous use of a protease inhibitor and at least two antiretroviral drugs), which has been shown to have a significant effect on mortality[Hammer et al.1997]. For the replication study (July 1996 through January 1997, shortly after widespread introduction of triple-drug therapy in San Francisco), differences in mortality were not expected and different endpoints were used in the study design. Based on results from the pilot study, we hypothesized that the DH treatment would be associated with 1) improved disease progression (fewer and less severe AIDS-defining diseases [ADDs] and improved CD4+ level), 2) decreased medical utilization, and 3) improved psychological well-being. The results of this replication study are reported below.

これらの理由から、DH(Distant Healing=遠隔治療)の研究がこれまでなされていなかったので、我々は症状の進行したAIDS患者グループを使って、DHの評価および6ヶ月の追跡調査を行うことにした。我々の最初の研究は、10人の介入群と10人と対照群による1995年7月から1996年1月の期間に実施した二重盲検法による予備的研究だった。この予備的研究で、遠隔治療の医学的および心理的な有効性を示唆した。対照群10人のうち4人が死亡したのに対して、介入群には死者は出なかった。しかし、結果は年齢によって混乱してしまった(死亡した人々の年齢が高かった)。

結果として、本論文で報告する第2次の規模の大きい研究において、特に年齢やT細胞数や病気の履歴などの、病気の経過に悪影響を及ぼすと示されている要因[Saah 1994]をコントロールするために、ペアマッチデザインを使用した。さらに、重要な介入医学要因により、研究のエンドポイントを変更した。予備的研究は、死亡率に著しい効果があることが示されている"3薬併用療法"(プロテアーゼ阻害剤と少なくとも2つの抗レトロウイルス薬の同時使用)[Hammer et al.1997]の導入前に実施された。再現研究(San Franciscoにおいて3薬併用療法の導入直後の1996年7月から1997年1月)においては、死亡率の違いは期待できないので、研究デザインにおいて異なるエンドポイントを使った。予備的研究に基づいて、我々はDHが 1) AIDS定義症状[ADDs]とCD4+レベルの改善, 2) 医療利用の減少, 3) 心理的な健康の改善 について関係があると仮説を立てた。この再現研究の結果を以下で報告する。

1995/7〜1996/1の研究で介入群0/10 vs 対照群4/10という有意な死亡率差を得たものの、患者グループに差違があり、高齢者の死亡率が高かっただけと言われて、再挑戦しようというところまではまとも。しかし、ここで重要な点は"3薬併用療法"の導入により、死亡率比較ではなく、病状の改善に変更したこと。1996/7〜1997/1の期間の研究デザイン変更の根拠がHammer et al.[1997]というのが奇妙な点[Bronson 2002]。

論文は研究結果が出てから書くものであり、Method, Result, Discussion, Conclusionと書いてから、Introductionを書くのが、わりと普通な手順。Introductionに研究開始より後の文献が登場するのも別に変ではない。ただ、ここで問題なのは、研究デザインをしたのが1996/6以前なのに、1997年の文献を参照していること。これは"テキサスの狙撃兵"を使ったために起きている。


Bronson[2000]の取材によれば:
Her famous study was not, as its reputation suggests, designed to measure the number of AIDS-related illnesses. Targ and Fred Sicher had targeted their study to measure mortality but were caught off-guard by triple-drug anti-retroviral therapy, which became common practice one month into the six-month trial. When biostatistician Dan Moore broke the randomization code to unblind the data, it told them nothing - since only one patient had died, the data was meaningless.

再現実験としての彼女の有名な研究は、AIDS関連病気の数を計測するようにデザインされたと示唆している。TargとFred Sicherは死亡率を測定することをターゲットしていたが、6ヶ月間の研究期間の最後の1ヶ月に普及した"3薬併用療法"にひっかかってしまった。生物統計学者Dan Mooreが乱数コードを破ってアンブラインドしたとき、それは何も語らなかった。たった一人の患者しか死んでおらず、データは無意味だった。
...

I learned all this from Dan Moore and confirmed it with Mark Comings. Moore seemed unaware how explosive his version of the story was. "I was always troubled over the sifting it took for the data to hold together," he said. "I think Fred and Elisabeth missed the real story, which was the difference between medical science and alternative medicine. Triple-drug therapy was literally saving lives. We were only looking at secondary things."

これについてDan Mooreより聞いて、Mark Comingsに確認した。Mooreは彼のストーリーが破壊的な結果をもたらすと気づいていないようだった。彼は言った「私はデータが結合するのに要したふるいわけについて、いつも困っていました。私はFredとElisabethが本当のストーリーである医学と代替医療の違いを取り逃がしたと思っています。"3薬併用療法"は文字通り人の生命を救いました。我々は二義的なものを見ていただけでした。


Dr. Elisabeth TargとFred SicherとDan Mooreは、HIV身体症状とquality of lifeに有意な結果を見出せなかった。ストレスは裏目に出た。そして、CD4+でも有意差なし。入院期間と医師の診察回数に、介入群(Intercessory prayerを受けたグループ)が良好であるという有意な結果を見出した。ただ、入院期間は健康保険の有無に左右され、保険がある患者の方が入院期間が長い傾向があるため、入院期間は対象外とした。そして、介入群と対照群を、23のエイズ関連症状について比較することにした[Bronson 2002]:
There was only one problem. They hadn't collected this data.
They gathered the medical charts and gave them to their assistant to black out the names of the patients. This done, Targ and Sicher began poring over the charts again, noting the data they hadn't previously collected.
This isn't what science means by double-blind. The data may all be legitimate, but it's not good form. Statisticians call this the sharpshooter's fallacy


ひとつ問題があった。彼らはそのようなデータを集めていなかったのだ。
彼らは医療カルテを集めて、アシスタントに患者名を黒く塗りつぶさせた。これが終わると、TargとSicherは再び、特に前回に集めていなかったデータに注目して、カルテを詳細に調べ始めた。
これは科学的に、二重盲検法の意味するものではない。データはまっとうなものかもしれない。しかし、正しい形式のものではない。統計学者これをテキサスの狙撃兵の誤りと呼ぶ。
結果検証のためにアンブラインドしたデータを、リブラインドして調べなおし、そしてまたアンブラインドしたことになる。もはや二重盲検は破れている。

そうやって、"テキサスの狙撃兵"を使って書かれたSicher et al.[1998]のAbstractには:
We report on a double-blind randomized trial of DH in 40 patients with advanced AIDS. Subjects were pair-matched for age, CD4+ count, and number of AIDS-defining illnesses and randomly selected to either 10 weeks of DH treatment or a control group. DH treatment was performed by self-identified healers representing many different healing and spiritual traditions. Healers were located throughout the United States during the study, and subjects and healers never met. Subjects were assessed by psychometric testing and blood draw at enrollment and followed for 6 months. At 6 months, a blind medical chart review found that treatment subjects acquired significantly fewer new AIDS-defining illnesses (0.1 versus 0.6 per patient, P = 0.04), had lower illness severity (severity score 0.8 versus 2.65, P = 0.03), and required significantly fewer doctor visits (9.2 versus 13.0, P = 0.01), fewer hospitalizations (0.15 versus 0.6, P = 0.04), and fewer days of hospitalization (0.5 versus 3.4, P = 0.04). Treated subjects also showed significantly improved mood compared with controls (Profile of Mood States score -26 versus 14, P = 0.02). There were no significant differences in CD4+ counts. These data support the possibility of a DH effect in AIDS and suggest the value of further research.
AIDSに対する遠隔治療の効果の可能性を支持するデータが得られたので、更なる研究の価値があると書かれていた。

そして、この結果を基に、Dr. Elisabeth Targは公的研究資金を手にすることになる。

200万ドルの研究資金を得たDr. Elisabeth Targ

Martin Gardner[2001]によれば、Dr. Elisabeth Targは国防省やNIHなどから200万ドルの公的資金を得ている:
Ms. Targ has received $800,000 from the Department of Defense to head a four-year study of the effects of alternative healings on patients with breast cancer. The complementary healings include yoga, guided imagery, movement and art therapy, and others. "We are getting told that we can't study this," she said, "but the beauty of the scientific method is that we can. We can determine if it works-and if so, for whom and how."

Ms. Targは乳癌患者の代替治療の影響を4ヵ年の研究に80万ドルを国防省から受けとった。補完治療にはヨガやイメージ誘導法や芸術療法などを含む。「私たちははこれを研究できないと言われてきましたが、科学的方法の美は可能です。私たちはこれが働くのか、もし働くなら、誰に対してどのように働くのか定められます」とTargは言った。
...
The NIH, through its National Center for Complementary and Alternative Medicine (NCCAM), has provided funding for Ms. Targ to conduct a three-year study of distant healing on 150 HIV patients. The funding for the first year alone is $243,228, with a starting date of July 1, 2000. The NCCAM has also funded a four-year project to study the effect of distant healing on persons with a brain tumor called glioblastoma. The starting date was September 18, 2000, with a first-year grant of $202,596. Both studies, Ms. Targ said, will be double blind. It looks as though Ms. Targ, over the next few years, will be receiving more than two million dollars of government funds for her research on remote healing, the cash coming from our taxes.

NIHは全米補完代替治療センター(NCCAM)を経由して、150人のHIV患者に対する遠隔治療の3ヵ年の研究を実行するためにMs. Targに資金提供した。2000年7月1日の開始にあったって、1年目だけで資金は243,228ドルだった。NCCAMは神経膠芽腫と呼ばれる脳腫瘍に対する遠隔治療の4ヵ年の研究にも資金提供していた。これは2000年8月18日開始であり、初年度だけで202,596ドルだった。両研究ともMs. Targによれば二重盲検になる。ここ数年で、200万ドル以上の公的資金がMs. Targの遠隔治療の研究が投入され、そのお金はもともとは我々の税金である。


200万ドルが高いかと言えば、4年間について、5名の研究スタッフの人件費と彼らが使用するデスクや機器の費用を払ったら、簡単に底を尽く程度。とはいえ、"テキサスの狙撃兵"を使って手にしたものなので詐欺といえば詐欺。


Dr. Elisabeth Targの死

しかし、Dr. Elisabeth Targは研究を完遂することなく、40歳の若さでこの世を去った。

2002年3月29日 脳腫瘍と診断。
2002年5月 4日 Mark Comingと結婚。
2002年7月18日 脳腫瘍で死亡。享年40歳。

死ぬ前に結婚式を挙げることができたのが、せめても慰めというべきだろうか。これについてBronson[2000]は次のように書いている:
On May 4, she and 150 of the Bay Area's parapsychology royalty converged in Tiburon, on waterfront land owned by the Audubon Society. She could barely walk down the aisle. She'd had a craniotomy and was missing her hair. Her wedding dress had to be refit twice because she'd lost so much weight. The left side of her face was not working properly. Yet she sat nobly and beamed. When most people get married, there's a part of the ceremony about always sticking together, for better or for worse. Targ's worse was already upon her. There would be no honeymoon. Making a lifetime commitment in the face of that tragedy left no eyes dry.

5月4日、Audubon Societyが所有するウォーターフロントランドにあるTiburonに、Dr. Elisabeth Targとベイアリアの超心理学一族150名が集まった。彼女はかろうじて通路を歩いてこれた。彼女は開頭手術のために髪を失っていた。彼女はあまりにも体重を減らしていたため、2度にわたってウェデイングドレスのサイズを調整する必要があった。彼女の顔の左側はちゃんと機能しなくなっていた。それでも彼女は立派に座って、顔を輝かせていた。多くの人々が結婚するとき、結婚式で"病めるときも健やかなるときも、ともに"と言うだろう。すでにTargは"病めるとき"だった。ハネムーンはないだろう。悲劇に直面して生涯に関わることは、涙なしに済まされない。




References

Bronson P: "A Prayer Before Dying", Wired Dec. 2002.

Gardner M: "Notes of a Fringe-Watcher -- Distant Healing and Elisabeth Targ", Skeptical Inquirer : March/April, 2001

Gawande, Atul. "The Cancer-Cluster Myth," The New Yorker, February 8, pp. 34-37, 1999.

Hammer SM, Squires KE, Hughes MD, et al.: "A controlled trial of two
nucleoside analogues plus indinivar in persons with human immunodeficiency
virus infection and CD4 cell counts of 200 per cubic millimeter or less", N Engl J. Med, 337, 725-733, 1997.

Saah AJ, Hoover DR, He Y, Kingsley LA, Phair JP: "Factors influencing survival after AIDS: report from the Multicenter AIDS Cohort Study (MACS)", J. Acquir Immune Defic Syndr, 7, 287-295, 1994.

Sicher F, Targ E, Moore D 2nd, Smith HS: "A randomized double-blind study of the effect of distant healing in a population with advanced AIDS. Report of a small scale study", West J Med., 169(6): 356–363, 1998. [PubMed, PDF]

Targ R: "Remote-viewing replication: evaluated by concept analysis", Journal of Parapsychology, Sept, 1994.[コピー]

Targ R: "Remote Perceptions: Out-Of-Body Experiences, Remote Viewing, And Other Natural Abilities. - Review", Journal of Parapsychology, Sept, 1999.[コピー]

Targ R and Harary K: "The Mind Race: Understanding and Using Psychic Abilities", Random House Inc, p.96, 1984.[Amazon]

タグ:祈り
posted by Kumicit at 2006/12/06 00:01 | Comment(0) | TrackBack(0) | Prayer&Magic | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/28558353
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック