2006/12/15

Truth in Scienceのばらまいた教材の使用しないように通達 by 英国教育省

英国の創造論団体Truth in Scienceがインテリジェントデザイン教材を英国の学校にばらまいた件について:

英国Education Guardianの科学担当James Randersonによる2006年12月7日付の記事「Ministers to ban creationist teaching aids in science lessons」によれば:
The government has already stated that the Truth in Science materials should not be used in science lessons. On November 1, the education minister, Jim Knight, wrote: "Neither intelligent design nor creationism are recognised scientific theories and they are not included in the science curriculum. The Truth in Science information pack is therefore not an appropriate resource to support the science curriculum." The Department for Education said it was working with the Qualifications and Curriculum Authority, the public body that oversees the national curriculum, to communicate this message directly to schools.

政府は既にTruth in Scienceの教材を授業で使ってはならないと述べている。11月1日には、教育相Jim Knightが「インテリジェントデザインも創造論も科学理論とは認められず、理科のカリキュラムに含まれるものではない。従って、Truth in Scienceの教材は理科のカリキュラムに沿ったものではない。」と書いている。教育省と英国のカリキュラムを監督する資格・カリキュラム規制局(QCA)は、これを学校に直接、通達する。
また、英国Telegraphの教育担当Graeme Patonによる2006年12月13日付の記事「Creationists told to end school campaign」によれば:
A group of Christian academics promoting the Biblical story of creation in school science lessons have been told to end their campaign.

In a letter, officials at the Department for Education and Skills told the group that creationism and its more recent off-shoot, intelligent design, have no place in the national curriculum and schools should refuse to use their teaching materials.

学校の理科の授業で聖書の物語を宣伝しているキリスト教団体が、そのキャンペーンをやめるようにという通達を受けた。

教育省は通達において、創造論およびその最新の変種であるインテリジェントデザインは、英国のカリキュラムに居場所はなく、学校はこの教材を教えることを拒否するようにと書いている。


トニー・ブレア首相(労働党)は、創造論に甘いが、教育省は今のところ、ちゃんと仕事をしているもよう。


タグ:創造論 英国
posted by Kumicit at 2006/12/15 00:23 | Comment(0) | TrackBack(0) | News | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック