2006/12/17

韓国の創造論団体KACR

韓国で創造論と言えば、Unification Church(統一教会)だが、Korean Association of Creation Researchという団体もあるらしい。

Answers in Genesisのサイトにある聖書の創造を受け入れる現代の科学者リストには2006年12月16日時点で186名の名前が挙げられている。このうち韓国人もしくは韓国系は:

Prof. Sung-Do Cha, Physics, Seoul National University
Prof. Jeun-Sik Chang, Aeronautical Engineering
Dr. Choong-Kuk Chang, Genetic Engineering
Prof. Gi-Tai Kim, Biology
Prof. Jong-Bai Kim, Biochemistry
Prof. Jung-Han Kim, Biochemistry
Prof. Jung-Wook Kim, Environmental Science
Prof. Kyoung-Rai Kim, Analytical Chemistry
Prof. Kyoung-Tai Kim, Genetic Engineering
Prof. Young-Gil Kim, Materials Science
Prof. Young In Kim, Engineering
Prof. Jin-Hyouk Kwon, Physics
Prof. Myung-Sang Kwon, Immunology
Prof. Hee-Choon No, Nuclear Engineering
Dr. Jung-Goo Roe, Biology
Dr. Young-Gi Shim, Chemistry
Prof. Hyun-Kil Shin, Food Science
Dr. Ick-Dong Yoo, Genetics, KRIBB
Prof. Keun Bae Yu, Geography, Seoul National University
の19名。さすがキリスト教の勢力が強いだけのことはあるというところだろうか。ちなみにwiki:韓国のキリスト教によれば:
韓国統計庁が1999年発表したところによると、韓国の宗教人口は総人口の53.6%を占め、非宗教人口は46.4%である。このうち、仏教が26.3%、プロテスタントが18.6%、カトリック7.0%、儒教0.7%、その他1.1%となっている。プロテスタントとカトリックを加えたキリスト教全体では25.6%となり、ほぼ仏教に匹敵する。キリスト教信者数は約1200万人となり、韓国は信者絶対数ではフィリピン、中華人民共和国に次ぎ、国民全体に占めるキリスト教信者の割合ではフィリピンに次ぐアジア第2のキリスト教国である。



これらのうち、Prof. Young-Gil Kimは韓国内に"Korean Association of Creation Research"という創造論団体を1980年に設立に協力している。

若い地球の創造論サイトAnswers in Genesisの1991年31月の記事「Focus: News of interest about creation and evolution」が雑誌記事引用として、この"Korean Association of Creation Research"を紹介している:
Noah’s Ark-size creation centre for Korea

A Korean creationist group plans to build a three-storey creation education complex ‘the size of Noah’s Ark’. Chairman of the 1,000-member group of scientists, Professor Young-Gil Kim, said during a visit to Australia’s Creation Science Foundation in Brisbane in December 1990 that the complex would house a creation museum, library, lecture rooms, offices, and accommodation facilities.

韓国の創造論団体は、3階建ての創造教育複合施設『ノアの箱舟の大きさ』を造る予定である。1000名の科学者グループの議長であるYoung-Gil Kim教授は、1990年12月にブリスベーンをにあるAustralia’s Creation Science Foundationを訪れた際に、複合施設は創造博物館と図書館と講義室と事務所と宿泊施設から構成されると述べた。

Professor Kim lectures in materials science at the Korea Advanced Institute of Science and Technology. He helped found the Korea Association of Creation Research in 1980.

Kim教授は韓国科学技術先端研究所で物性科学の講義をしている。彼は1980年のKorean Association of Creation Researchの設立に協力している。

‘All members of our association are Christians and scientists’, Professor Kim said. He said the group has about 250 Ph.D. scientists, 400 more with the Master of Science degree, and hundreds more with the Bachelor of Science degree. He said land worth about US $10 million for the creation education centre had been donated to the group. A leading Korean architect had also volunteered his services. ‘The museum will include dinosaurs and extensive fossil evidence for creation and Noah’s Flood’, Professor Kim said.

「我々の協会のメンバーはすべてキリスト教徒の科学者である。協会には約250名の博士学位を持つ科学者と400名以上の理学修士と、数百名以上の理学部卒業者がいる。1000万米ドル相当の土地が創造教育センターのために協会に寄付された、指導的な韓国の建築家がボランティアで設計を行った。博物館は、創造とノアの洪水を証明する恐竜や多くの化石の証拠を展示する」とKim教授は述べた。
この5年後に、かつての創造科学の本拠地Institute for Creation Researchが、このKorean Association of Creation Researchを取上げている。1996年10月1日付の記事「Chon-Ho Hyon: The Creation Science Movement in Korea」によれば:
As the creation science movement spread, local branches were established by local Christian scientists. Starting from two branches, in 1981, KACR now has 16 branches in Korea and 3 abroad within just 15 years of its founding.

創造科学運動の広まりにより地域のキリスト教徒な科学者たちが、地域の拠点を設立している。1981年には2拠点だったのが、設立から15年にして、KACRは今では韓国内に16拠点と海外に3拠点を持っている。

The total number of members of KACR is now over 1000, including about 500 Ph.D.'s. Most of the members hold jobs as university professors, research scientists or engineers.

KACRのメンバー数は今や1000名を超えていて、約500名の博士が含まれている。メンバーの大半は大学教授や研究所研究員や技術者など仕事を持っている。
ということでメンバーは増えたらしい。

Korean Association of Creation Researchの現在のオフィスは、ChristianAnswers.Netによれば:
Korea Association for Creation Research, Olympian Building, Room 811, 196-7 Jamilbou-dorg, Songpua-Ku, Seoul, SOUTH KOREA.
であり、これはオフィスビルの一室のようだ。

なお、博物館がどうなったのか、英語で検索しても情報はでてこない。

Webサイトは2つのドメインで存在してる。

http://www.creation.or.kr/
http://www.kacr.or.kr/

コンテンツは同じであり、自動翻訳を使うと...:
類人猿の虚構 5 : 新旧人の実際
進化論者たちはホモエレックトスが 10万年前にアフリカ(ジムバブウェ)と中東地方(イラク)に現われた求人(旧人) ネアンデルタルである(Neander Valley,Germany 3-20万年前)と入れ替えになったが,これらは解剖学的に現代人と非常に似たり寄ったりだとたいてい...

明かされた連帯測定の操作 : ネアンデルタール人は新しいピルトダウンインか?
ネアンデルタール人に対して学んで来たし分かっている実は皆が違ったことがあるか?一部 ...

人間進化話はいくら一貫性があるか?
ホモエレックトスと現代の間に “忘れてしまった掛けがね”に対する報告を聞くようになる時人...
標準的というか、しょぼいネタが並んでいる。記事の日付からすると、遺跡ではなく生存しているようだが、サーバが貧乏っちいのか、ネットワークが細いのか、レスポンスが悪い。

タグ:創造論 韓国
posted by Kumicit at 2006/12/17 00:01 | Comment(0) | TrackBack(0) | Creationism | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/29752283
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック